« July 2005 | Main | September 2005 »

Tuesday, 30 August 2005

front
これは、九寸名古屋帯の前帯柄部分。帯締めや帯揚げを加えて、「絶妙!」をねらいました。

| | TrackBack (0)

Monday, 29 August 2005

studio
仕事場です。最大の利点は、必需品が平均3歩で手に取れること。

| | TrackBack (0)

Saturday, 27 August 2005

二胡の演奏を間近に聴くチャンスに恵まれた。音色にうっとりしながらも、至近距離からその楽器を観察する。すごいよぉ。ニシキヘビの皮、ウマの尻尾、黒檀の木。これで、あの音色を出すんだもん。考え抜かれてる。完成されている。そして何より、美しい。
この楽器を作った人の全身全霊をかけたロマンを思う。

| | TrackBack (0)

Friday, 26 August 2005

「ひとつの仕事ときちんと係われば、目線を世界レベルにあわせられるよ。」
十何年か前、日田の山奥で、高野久仁子さんがおっしゃった言葉。ここんとこ、ずっとリフレインしてる。今使ってるこの織機を、本当に本当に使いこなすことができれば、もしかしたら、それに近づけるかも知れないな。

| | TrackBack (0)

Thursday, 25 August 2005

つい先日、織り機の板を新しくした。新しくしたって言っても、自分でしたんじゃなくて、すごく知識がある方にご協力いただいた。で、ここんとこ目からウロコ。仕様は全く同じなの。でも体に添う感じが全然違うんだなあ。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、微調整中。最高のポイントを探り中。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 24 August 2005

久しぶりに表参道のケヤキ並木を歩く。「東京」だなあと思う。ちょっと特別な通りなんだけど、普通の日常が見え隠れ。高級ブランドのマッチョなドアマンがあくびしてたりとかさ。

スパイラルで観た写真展は、特別な一日を丹念に追って、ふっと表情がほころんだその瞬間をとらえてた。それがとってもイキイキしててきれいなのだ。幸せが伝わってきていい気分になった。

島内浩一郎写真展 「東京花嫁」 28日(日)まで

| | TrackBack (0)

Sunday, 21 August 2005

kousi
今、発売されている、「きものサロン」にこの帯でています。「対丈(ついたけ)のきものを作る」という一衣舎さんのページで、このお着物に合わせる細めの帯を織らせていただきました。
改めて、記事を読む。着る方と仕立てる方の、真剣なまっすぐな情熱があふれている。見習います。
係わらせていただいて、本当にうれしかった。どうもありがとうございました。

| | TrackBack (0)

Saturday, 20 August 2005

今日は、旧暦七月十五日。盂蘭盆、中元である。あおぎみれば、冴え冴えとしたまん丸の月。お盆とはよく言ったものだなあ。
それにしても、この祖先の霊を迎える行事の命名と、食器を運ぶ丸い道具の命名は、どっちが先なんだろう。タマゴかニワトリか、みたいだね。

| | TrackBack (0)

Friday, 19 August 2005

夜、散歩の折り返し地点で、レモンを一個ゲットする。これはもう入手済み。去年よりちょっと早いね。
キッチンにレモンの残り香。明日は染めるから、レモンはゴハットだー。レモンイエローを染めるのだー。

| | TrackBack (0)

Thursday, 18 August 2005

uchikuiru
うちくい展、実は今、東京で臨時でやっているんです。今日、行ってきました。麻布だなんて、東京の中でもエッジの効いた場所柄。そこにあって、手の跡がモロに残る仕事がどんな風に存在してるかと思ってたけど、一安心。しっかりやってるもんだなあ。
今回は関東での開催がなかったから、こっちにお住まいの方、ぜひともお出かけください。

デザインショップにて。28日まで。使いたいもの沢山、見ごたえあるラインナップのお店でした。


| | TrackBack (1)

Wednesday, 17 August 2005

午前中に、茂木健一郎氏の「脳と仮想」を読了した。
暮れ方に、ふらふらと自転車で池袋のジュンク堂に行き、ふらふらと絵本を一冊衝動買いする。ブローチ
なんだか、書いてあること、一緒じゃないかな。うーん、よくわからんけど、似ている気がする。

| | TrackBack (0)

Monday, 15 August 2005

8月ってなんだか重たい感じがする。夏の疲れが出るのか、気圧のせいか、歴史のせいか。濃くて重たい。
疲れちゃってるのも事実だし、気圧の配置も動かせないし、過去の歴史も受け止めるしかない。
事実は事実だ。でも何が真実なのか?だからどうなのか?
8月は考える季節なのかな。体はだるいから、せめて頭だけでも。

| | TrackBack (0)

Sunday, 14 August 2005

沖縄在住の染織家、西川晴恵さんから、フクギがどっさり送られてきた。フクギは、細い枝に楕円形の大きな葉っぱが、重なり合ってみっしり生えている。そーかー、これが濃い影となって、強い日差しをさえぎるのね。
子どもたちが、この木の下で、遊んだり、ケンカしたりしたかもなあ。おじいやおばあが、しゃがみこんで、遠い目をして海を眺めたかもなあ。

| | TrackBack (0)

Saturday, 13 August 2005

またまた絹糸が届く。今度は京都から。今回の仕入れは真綿紬糸だから、精練の必要はない。(糸の作り方が違うんです。)
で、熱湯に通して振り洗いをする。汚れや油を落とすため。それで、ふくふく、ふっくら、つやつや。いい糸だわーー♪
この段階で調子がいいと、先が明るい。窓の外に光あふれる感じ。そうか、外に出ればいいんだ。
*
*


| | TrackBack (0)

Friday, 12 August 2005

精練をする。私は灰汁を作って、その上澄みで炊くという昔ながらの正当法を取る。石鹸やソーダ灰でもできるんだけど、やっぱりここはゆずれないって気がする。カンみたいなもので。
情緒や伝統や手慣れには一線を画したい。でも、カンとか、素材から伝わってくる感じ、パッションは信じたいんだ。

| | TrackBack (0)

Thursday, 11 August 2005

群馬県から頼んでいた絹糸が届く。きれいな糸だ。状態がすごくいい。さあ、精練だ。ドアを開けよう。

この糸を吐いてくれる蚕は、人知をつくした品種改良の結果だ。友人宅を訪ねたら、玄関の鉢に金魚。なんとも目に涼しかったが、金魚も人造だろう。放生魚っていう、生きてる魚を買って川に放すと功徳を積めるという風習があるけど、なんだか、魚にとっては迷惑な話だなあと思った。だって、下流ですぐまた捕まえられて、橋の上でまた売られる。
人間は、迷惑をかけて、勝手をして、我がままに生きる。どうしようもない事実だ。本能でもあるのではないか。それを認めてどう生きようか。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 10 August 2005

お風呂につかりながらふと見ると、指先が近年になくきれいである。爪がたてに長くなった感じ。その上肌色。働いてない手だなぁ。ここんとこ、出張やら帰省やら、東京戻っても事務作業に終われてたから、、、
いつもは恥ずかしいくらい汚い。酷使してるせいか爪が縮んだように感じる。それがいつもの私の手だ。

| | TrackBack (0)

Sunday, 07 August 2005

考えてみれば、今年は3月から今までずーっと怒涛のように忙しかった。追いまくられてた。6月くらいからは、事務作業も滞ってるし、頼まれ事も頼み事も「8月5日以降に」ってお願いしてた。
で、今、どわーーと押し寄せ、身動きできない。いかん。途方に暮れてる場合じゃなか。はよ、抜け出さんと。

| | TrackBack (0)

Saturday, 06 August 2005

summer_greeting
ぼーっとしてたら忘れていたけど、このブログ、なにげに一周年を通過してたんですね。つらつら続けているけど、一ヶ月として毎日投稿し続けたことがない。この辺が私らしさかなあ。

暑いけど、暦はもう文月で、明日は立秋。体調、大丈夫ですか?時はまわるし、地球もまわるね。

| | TrackBack (0)

Friday, 05 August 2005

帰りついて、妹が持たせてくれたお弁当を食べる。どうも彼女は、うちの冷蔵庫が空っぽなのをお見通しらしい。山椒ふりかけも持たせてくれた。たらこのおにぎりと焼き鮭。プチトマト。たまご焼きは、お酒がきいてて、母が作るそれと同じ味。

| | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »