« October 2005 | Main | December 2005 »

Wednesday, 30 November 2005

頼んでおいた機部品を取りにいった帰りに、ちょっと寄り道して、いたばしボローニャ絵本館へ。うわー、絵本の世界ってこんなにレベルって高かったのね。全身全霊で描いてますって感じすごくした。そりゃそうか、読むほうも全身全霊で読むだろうからね。いいものってそこだよね。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 29 November 2005

late_autumu
なんか急に晩秋っていうか、冬秒読みっていうか、そんな感じしません?紅葉もまさに今って感じがする。

| | TrackBack (0)

Monday, 28 November 2005

karakara
ちっとも雨が降らず世の中カラカラだけど、我が家はすこぶる潤ってます。ここんとこ、染めで大わらわ。ずーっとタンクにお湯沸かしてる状態なので、加湿器いらず。その上アロマ効果あり!今日は矢車とロッグウッド。でも、ちと湿度高すぎ。 

| | TrackBack (0)

Sunday, 27 November 2005

view
視界の右端に猪熊弦一郎、左端にウォーホル、正面にはベーコン。お客は私一人。静かな四角関係。こういうのって個人美術館ならでは。結構すき。


| | TrackBack (0)

Saturday, 26 November 2005

ずーっと前、大学一年の夏だったと思うけど、池田20世紀美術館に行った。帰省の途中だったか、または、こっちに戻ってくる途中だったか。青春18切符で、あっちこっちに寄り道をした。
ここはすごーく、リマーカブルな場所だ。ベーコンの本物観たのも、多分ここがはじめて。泊まったユースホステルから歩いて行った。
先日、十何年かぶりで行ってきた。昔惚れてた人に会いに行く気分だったよ。忘れてたけど、ここってすっごく近くで観られるのよね。額にガラス入ってないし。彼の筆致が目の前に。接吻できる距離。

| | TrackBack (0)

Friday, 25 November 2005

MOA美術館へ行った。ここの収蔵品は激スゴッ!日本のアートの水準の高さにほれぼれする。1000年前に作られた仏像が、500年前の螺鈿が、400年前の古九谷が、300年前の浮世絵が、こんなにも現代人にせまりくるとは。平身低頭の思い。なんか、やさしくて自由なの。完璧だし。こおゆうものを本物って言うんだぜ!

| | TrackBack (1)

Wednesday, 23 November 2005

妹が来ていたので、姉と3人で伊豆に遊んだ。東京出たの久しぶり。空気の質が違うって感じ。温泉で大きくのびをする。リラックスしてよく笑った。家族っていいものだね。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 22 November 2005

foursisters
たまたまそうなったんじゃなくて、そうしたんだよね。もっとそれを認識しよう。その上の努力。その上の感謝。

| | TrackBack (0)

Monday, 21 November 2005

well_done
8時ころ、自転車をこいでいたら、東の方に、大きな欠けはじめの月。いい具合に雲がかかっている。
星とか、月とか、雪とか、何か宝塚みたいだけど、そういうものの美しさにどんなに助けられているか。美しい秋の一日。祝福してもらってるね。きっとうまく行く。さあ!

| | TrackBack (0)

Sunday, 20 November 2005

バブアのジャケット引っ張り出して、夜になって出かける。すっかり冬支度だ。あおぎみれば東京タワー。こんなにきれいだったのか。
初対面の方もいっぱいいらしたパーティー。面白かった。人間ってやっぱり豊かで面白いね。
柿を食べて育ったポークをいただいた。生のときは柿の香りがしたんだって!

| | TrackBack (0)

Saturday, 19 November 2005

キャーーーーッ!ここに私の着尺が載ってるーーーーー!!!キャーー!!!仕立てあがって、美しい方に着ていただいて。最高にうれしいです。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。ありがとう。これを仕事にして本当によかった。

ちなみに織ってる途中はこれ、仕上がった時がこれ

| | TrackBack (0)

Friday, 18 November 2005

女染織家二人、43度の古酒(クースー)ストレート、アテはイカの塩辛あぶったの、午前4時までってのはどうなのよ(笑)。久しぶりで楽しかった。遠来の(もうすぐ近くなる)友、西川晴恵さん。やっぱ、話題は仕事です。ガンガンいこー!がんばりましょー!

| | TrackBack (1)

Thursday, 17 November 2005

furisosogu
ふと外に出てみれば、きれいな満月。流れる雲の向こう、はるか彼方から、静かな光が降り注ぐ。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 16 November 2005

テリー・ライリーを聴きに明日館講堂へ。すごくよかった。降りそそいでる感じ。いや、放出してる感じか。透き通った光。際限なくこんこんと、さんさんと。この世界なんだよなあー。
すっかり浄化されたので、急いで帰って仕事の続き。今、受けた光をここへ移す。いや、映す、か。

| | TrackBack (1)

Sunday, 13 November 2005

トラウマっていうのは、持病と同じで、誰でもひとつやふたつは持ってるんじゃないかな。私の場合は、肩こりと低血圧と同じだ。上が90ないのよぉ~なんて騒いでもダサいだけ。なんつーか、それでも何でも、さっそうと自己完結してなきゃね。寝起きの不機嫌さは誰にも見せられないけど。

| | TrackBack (0)

Saturday, 12 November 2005

午後3時、すってきな女性が我が家を訪ねてくださった。印象的な美しい瞳。水引がかけられたお土産をいただいた。私は上手にお茶が入れられなかったなあ。何か緊張して。もっとお茶葉をよくみて、それを最大限に発揮させなきゃ。お茶葉にも飲んでいただく方にも申し訳ない。自分ひとりのときはうまく行くのに。
鉄媒染のスモーキーな匂い充満する部屋で、「いい匂い!これでお酒飲めそう!」って、うれしいひとこと。うん、そんな想像力働かせてもらえるような仕事しよう。

| | TrackBack (0)

Friday, 11 November 2005

今日、伺った先の玄関を開けると、バッハが流れていた。いいなー。五感が喜ぶ感じがする。
話していて、モノを作る人間もまた素材であると納得させられる。そうだねー、最高の糸を作るために人間がしてきたこと、していること。最高の色を得るためにするモロモロ。そんだけのことを自分にもしなきゃ。その状態に自分で自分を持っていく。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 09 November 2005

幼いころからずっと、寝るのが苦手だった。今はもうおばさん化したので眠れるが、30年間くらい連れ添ったなあ。いつまでも寝付けずに、ひとり暗闇をジッと見ていた。小さい私は、一緒にいてよって言えなかったよ。言えばよかったなあ。
黄色い花が散ってる白い小さなタオルケットにくるまるのが好きだった。

| | TrackBack (0)

Monday, 07 November 2005

ピンのものが出来るときは、自分でわかる。来たっ!って感触があるから。ああ、これかーって思うから。
ようはそれを日常化すること。あたり前にやり続けること。いつまでやり続けるかっていうと、死ぬまでですかね?そこまで覚悟できてんのかよ。私よ。

| | TrackBack (0)

Sunday, 06 November 2005

今日は着物でお出かけ。この時期って着物での外出に最適だね。気候が安定してると、「よし!今日は着物!」って後押ししてくれる。名古屋帯の一重太鼓で、軽快に、お気軽に。
待ち合わせに遅れそうになって、階段をかけあがって山手線に飛び乗る。

| | TrackBack (0)

Saturday, 05 November 2005

上野で北斎、観てきた。すごいです。圧倒です。圧巻です。
一点一点が特別な絵なんだけど、彼にとっては、特別でもなんでもなく、それが当たり前なんだろうなあ。あの時代の絵師なんだから、ほとんどが版元からの制約だらけなんだろうけど、自由なの。抜けてんの。特に水の表現がすき。水しぶきがかかりそうで、思わず息をとめた。

| | TrackBack (0)

Friday, 04 November 2005

空気が澄んできたので、夜、よく空を見上げる。赤い星が大きく見える。

「星とともに走っているものとして星の運行をながめよ。かかる想念は我々の地上生活の汚れを潔め去ってくれる。」
自省録の一節より。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 02 November 2005

近くに高校があるので、たむろしている彼らをたまに見かける。厚化粧がすぎたり、ズボンがずり落ちそうだったり、そして決まってぶーたれていて、決して青春を謳歌って感じではない。私もそうだったなー。うまく自分とつきあえない時期だった。
今夜は野菜たっぷりの太平燕(タイピーエン)。高校時代を思い出しつつ。いい人生送ろうね、熊本県立済々黌高校62年次卒のみんなへ。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 01 November 2005

同業者(男性・年下)とお互いの作品を前に話をしていたら、唐突に
「素直だね」って言われた。
「は?」
「いいと思ったこと全部やってるでしょ。作品見てたらわかる」って。
なーーんだ!織物のことか!私のことかと思ったじゃん!ドキっとしてそんした。

| | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »