« June 2006 | Main | August 2006 »

Monday, 31 July 2006

梅雨が明け、7月が終わる。ひとつ仕事が終わり、次が始まる。あっという間に、秋風が吹く。
いつも、すくっと、インディペンダントを保つこと。仕事や経済はもちろん、精神も。それが、解放であり、自由であること。

| | TrackBack (0)

Sunday, 30 July 2006

藍の着尺、織り上げる。この段階では、まだちっとも、達成感とか満足感とか、そういうものは無い。これから、機から降ろして、糸の処理して、湯に通して、きっちり乾かして、湯のしに出して、もう一度検反して、写真を撮って、納品して。そこでやっと、結果が出る。ほっと安堵できますように。

| | TrackBack (0)

Saturday, 29 July 2006

Pachinko
一度だけ、パチンコをしたことがある。あれは、高校を卒業したばかりの、18歳の春だったか?
どういういきさつだったか、当時気になっていた男の子と、繁華街を歩いてて、ソイツがいきなり、「パチンコ打ちちゃー」とぬかしたのだ。私はそういうの苦手だったのに。二人で街を歩くなんて、たぶん2回目くらいだったのに。
「つまんないなー」って思いながら、隣に座って、ソイツの右手と横顔を見てた。

| | TrackBack (0)

Friday, 28 July 2006

深夜に、部屋の電気を暗くして、菩提樹とミントのハーブティーいれて、CDをかける。キース・ジャレットの静かなピアノ。ちょっとしんみり振り返ったりして。順調とは、とても言えない人生ですが、ま、これはこれで、いいじゃない?

| | TrackBack (0)

Thursday, 27 July 2006

花瓶にさしてた花が一枝だけ枯れた。ん?と思ったけど、水位が下がって、枝の先が出ちゃったみたい。水がなければ、植物は枯れる。当たり前だ。
当たり前のことを当たり前にする。気を配り、与える。それが当たり前。自戒せよ。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 26 July 2006

Summer_night
風もなく、音もない、空気がしーんとしている晩に、優しく、親しいメールをもらって、うれしかった。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 25 July 2006

たわわに実ったブラックベリーを部屋に生ける。むっちりと黒く熟した実は、豊穣を思い起こさせ、その重さで、頭を垂れる。濃い緑のマットな、ギザギザの葉も、思いっきり命を茂らせる。
ツブツブのジャムになると、深い赤が出てきて、ワイルドで、目と舌が覚める。よろこぶ。

| | TrackBack (0)

Sunday, 23 July 2006

三春堂で、医療用の実験器具の展示会を観た。この器具たちは、本来の役目を終えて、次の役目に、請われて出発するところ。使い込まれた、ガラスや銅やステンレス。シリコン、ゴム。専門の職人が作って、専門の研究者がヘビーローテーションで使う。何万回もの実験は、人類を救った発見もあったか。その必然と厳しさが、愛おしさと美しさを生む。

朗報!会期はあっという間に終了してしまっていますが、あと3日、スペシャルで、オープンなさるそうです。見逃した方、ぜひ!
7月29日(土)、8月5日(土)、12日(土) 14:00~18:00 12日は「土曜喫茶」も!

| | TrackBack (3)

Saturday, 22 July 2006

青森の、柔らかい、優しい、空気と言葉に包まれた旅。
社会復帰できるかしらん。明日からバリバリ通常モード。

| | TrackBack (0)

刻々と変化していく、海と空に吸い込まれながら、露天温泉、海の幸、山の幸。
生まれ変わった気分です。

| | TrackBack (0)

Friday, 21 July 2006

昨晩、ウニやホタテや日本酒(すべて最高!)を堪能した居酒屋の大将のおすすめで、なぜだか、西に向かいます。行きあたりばったり珍道中。目も内臓もリフレッシュ。

| | TrackBack (0)

Thursday, 20 July 2006

もともとは、上高地に行くはずだったんだけど、悪天候にて、突然の予定変更。北へ北へ。空気が丸くて甘い。青森にいます。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 19 July 2006

たぶん、店をやるってことも、ひとつの表現だと思う。店主の、美しさへの思いと、人への思いと、遂行能力。私が、目白の三春堂を好きなのも、そこら辺が明確だから。一時のはやりではない、三春さんの確かな眼。それに会いに行く感じ。

今度の土日に三春堂ギャラリーで開かれる、実験用ガラス器展に、ほんの少々、自作を並べていただきます。日曜には私も顔出します。ぜひ。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 18 July 2006

Teenager
10代なんてそんなものかもしれないが、その頃の私は大バカで、あせってばかりで、そのくせ何もできないガキだった。絵に描いた餅どころか、絵も描けない、餅もつけない。でも、本気を出せば、描けるし、つけるって思い込んでた。描けるつもり、つけるつもり。
そうじゃない。やるか、やらないかだ。三十路後半、20年後にやっとうなずく。

| | TrackBack (0)

Monday, 17 July 2006

Arigato
20代の頃は、「趣味は引越し」というくらい、よく移動した。はじめから永住しようなんて気さらさらないし、さっさと荷物をまとめて、結構な距離を動いた。ずいぶん乱暴な生き方をしたものだ。
その、以前住んでいた場所をたまたま通ったりすると、あんなに振り払って出てきたのに、そこが、なんと愛おしく、大切な場所であったかということに気付き、がく然とする。
ただ、こういう風にしか生きられなかったってのも事実だ。あの頃があって、今がある。

| | TrackBack (0)

Sunday, 16 July 2006

このたった100年余りの、この国の事実を振り返った日。実は相当ヘビーだった。でも、それが事実。ストレートすぎて、もうダメだって思った。ほんのサワリの、ちょっとだけしか、アジャストできない我が身の情けなさ。でもそれが事実。

| | TrackBack (0)

Saturday, 15 July 2006

次の着尺に取り掛かった。緯糸を変えて。
前の真綿手紡ぎ糸と、この真綿手紡ぎ糸、みかけはたいして違わないが、布になると、まったくの別物だ。糸の作り方は、大差ないはず。違いは、糸を取るときの、速さ、含む空気の量、手の違い、煮方の違い、繭、蚕。
いい悪いじゃなくて、違うってこと。それを知ること。それぞれを生かすこと。

| | TrackBack (0)

Thursday, 13 July 2006

Mens
できたてホヤホヤ、男物の着尺です。糸がいいのよね。ふっくらワイルド。静かで、大らかで、型にははまらないけど、きちんとしている。節が多くて、ねばって、織りづらいんだけど、そこは受けて立つのです。
幅は1尺5分。長さは3丈4尺あるので、女性物にもなります。カッコイー。

玉糸、真綿手紡ぎ糸。染料は、藍、ロッグウッド、ヤマモモ。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 11 July 2006

およ?ログインできました。でも明日とあさっては、全くできない模様です。

昨日、江戸期の袋物を、間近に拝見し、その圧倒感が今に残る。糸の一本一本、針の一目一目、筆の伸びやかさ。完璧なんだけど、ちっとも固くない。ただただ愛らしい。飲み込みたいと思った。

あ、着尺、織り上げました。今、ゆらゆら揺れてます。

| | TrackBack (0)

Monday, 10 July 2006

わわわ、、、、ニフティ、チョー不調です。ブログへのログイン、相当手間取りました。今週半ばはメンテで、完全シャットアウトみたい。(このエントリーも、送信できるのか、、、、)

ブログの更新は、なかなか会えない近しい人への、「今日も元気でやってます」ってメッセージのつもりでもあるのです。ほんのしばらく更新できないかもしれませんが、今現在、ピンピンしてますので、明日もあさってもしあさっても、きっと元気で、やってるでしょう。ちなみに明日には、今織ってる着尺、織り上げる予定。気合、ブリブリ、やったりまーす!
会ったことない方、こんな私ですが、どうぞよろしく。

| | TrackBack (0)

Saturday, 08 July 2006

ビールと焼酎飲みながら、過去30年、未来30年の、時空が、キューっと急降下したり、成層圏越えるんじゃないかってくらい上がったり。少々酔っ払い。もう少し散歩したかったかも。そんな七夕の夜。

| | TrackBack (0)

Friday, 07 July 2006

男物の、無地の着尺を織っている。経が藍で、緯がロッグウッドとヤマモモのグレー。経は玉繭がたっぷり入った玉糸とふんわり手紡ぎ真綿糸。緯は手紡ぎ真綿糸のみ。
一日の仕事を終えて、少々突き放して観る。押さえの利いた、深い海の色。宇宙もこんな色なのかも。静かである。決して単調ではない。糸の重なり、色の重なりがイキイキと躍動する中、静かさを観る。

| | TrackBack (0)

Thursday, 06 July 2006

これは「真」なのか、いつも疑う。
何が「真」なのか、自分で判断できる人間であろう。
ミサイル飛ぶ日に、そう思った。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 04 July 2006

Hana
今日、家の前の植木鉢に花が咲いた。すぅーっと伸びて、ぱっと咲いて、その先端まで、行き渡ってる感じ。淡いムラサキ。葉っぱにカメムシ。

| | TrackBack (0)

Sunday, 02 July 2006

いいものを織るということは、「経験」とか「年数」とか「慣れ」ではないと思っている。それは、重々承知の上で、やはり、「織機の前にどれだけ座ったか」は大事だと思う。澄んだ、クリアした状態で、全てを機能させて、どれだけ関わったか。

| | TrackBack (0)

Saturday, 01 July 2006

目白には、店主の思いがきりっと存在するすてきなお店がいくつかあるが、三春堂も本当にそう。並んでいる陶器や金工を観て、作り手の思いと同時に、三春さんの思いもいっしょに伝わってくる。伝えようってお気持ちが、伝わってくる。そういう時、作る仕事は、独りよがりじゃいけないって、気付かせてもらえる。

| | TrackBack (0)

« June 2006 | Main | August 2006 »