« January 2007 | Main | March 2007 »

Wednesday, 28 February 2007

色気とは何ぞやと思っていたけど、それは余韻ではないか?着物を着た日の夜、それを脱いで、余韻に浸る。ずっと後に、それを思い出して余韻に浸る。そんな着物を織りたい。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 27 February 2007

着尺のイメージ、上方修正。標高あげます。(笑)
水が生まれるところ。渓谷に湧き出る水の底に、瑠璃色に光る石。切れるように冷たい水に手を入れると、瑠璃がパッと弾ける。
この糸を作った人を思う。

| | TrackBack (0)

Monday, 26 February 2007

着尺の試織。デザインの詰め。私は結構物理的に切ったり継いだりして、確認しながら決めていく。
今回のイメージは、透明で静謐な、湧き出たばかりの初々しい水。季節は四月。時間は午前4時45分。場所は日本。海の近くというより山の近く。郊外の公園でもいい。清らかに澄んでいる、規則的な縞。

| | TrackBack (0)

Sunday, 25 February 2007

東京タワーのお膝もとの現代に生きてる空間で、着物を着たカッコイイ人が台所に立ち、共通点があるような無いようなメンバーで、粕汁飲んであったまり、寿司をつまむ。ビールがまわって力が抜けるその加減がいい。ふんわりした物を形にしていく。都会の不思議な夜。

| | TrackBack (0)

Saturday, 24 February 2007

しっとりとした暮れ方にお出かけ。空気がまるい感じ。おいしい日本酒。現役プロバリバリの方々と同席できてよかった。私は今、いわゆる働き盛りなんだって自覚した。今働かないでいつ働くんだ。きちんと社会に機能すること。そのためにどう生きるか。

| | TrackBack (0)

Thursday, 22 February 2007

今日はお客さま。私の織った物をずっと気にかけて下さっていて、その方としっかりお話できてよかった。伝えたいことは、こうやって伝えるものなんだなって思った。私は作ることや書くことは好きなんだけど、話すことは苦手で、どこまでぶつけていいのかわからない。全開過ぎるとご迷惑かしらんと思う。今日はしゃべりすぎて疲れさせてしまったと思ったけど、なんだか通じた。大変に光栄です。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 21 February 2007

着物を筆頭に和文化を大きくとらえようとされている若い方が、我が家を訪ねてくださった。若いといっても30代だから、世間的にはいいお年頃かな。今まで働いてきて、それなりに社会は知ってる。厳しい現実も知っている。それに、挑むでもなく、あきらめるでもなく、悠然と相対してる。いいなって思った。専業者はつい目の前でアップアップしがちだから。うれしくなったので、カルヴァドスのボトルを持ち出し、二人でクイっと飲み干した。

| | TrackBack (1)

Tuesday, 20 February 2007

Msss
この着尺をお召しいただく方と話した。私と同世代。キリッと豊かに生きてる大人の女。(ほぼ同い年なのにわたしゃ恥ずかしいです。。。)
着尺、気に入っていただけて、とてもうれしかった。とらえた物は正しかった。クールで都会的で、ほっこり優しく、あの方を大事に包む着物となることでしょう。

| | TrackBack (0)

Monday, 19 February 2007

雨だったから青色申告(←?)。去年の数字を書き写していると、いろいろ思い出されてしんみり。期首の数字が必要でおととしのをひっぱりだしてまたしんみり。貸借対照表が2259円合わない。なんだこれ。合うまでやり直し。しんみり、しんみり。

| | TrackBack (0)

Sunday, 18 February 2007

資料と作品を持って、電車を三つ乗り継いで。アルバム重くて、ヘビーな肩こり。
私の作ったものに興味を持っていただけることは、大変にうれしい。説明するのにも熱が入る。技法の説明はいくらでもする。ただいつも、制作意図や染料の選定や糸の特徴などを説明しながら、私が一番言いたのはこれじゃないなあと思う。もっとあるんだよね、これでなくてはならなかった理由が。
なぜここにこの色なのか?なぜこの糸の横にこの糸を配置したか?それはデザイン上とかテクスチャーの善し悪しとか説明できる理由もあるけど、「これでなっきゃ響かないから」とか「ズンとくる色気を感じたから」とかそういう説明にならないような理由もある。

| | TrackBack (0)

Saturday, 17 February 2007

9cho
新作、経緯諸紬(たてよこもろつむぎ)着尺です。経も緯も全部真綿紬糸だけど、太さや作り方、染めの濃淡を変えて、経に3種類、緯に9種類です。シンプルなんだけど、一筋縄のシンプルじゃないよ。やるときゃやるのよ。(仕事ではいつもヤッテマス)

染料は、ヤマモモ、ロッグウッド、ヤシャブシ、スオウ。

| | TrackBack (0)

Friday, 16 February 2007

ずーっと昔、ヨーロッパをバックパックしてたとき、ユースホステルで知り合った旅行者同士、食事に行くことがあった。たぶんブタペストだったと思うけど、オランダ人の男の子とオープンエアのビアガーデンへ行った。ワイワイしてたら、ジプシーみたいな、みすぼらしくて、商売がうまく行ってない様子ありありの、花売りの女の子が寄ってきた。そのオランダ人の彼は、ひょいと赤いバラを買って私にプレゼントしてくれた。しおれかけた赤いバラ、たぶん、法外に高かったんじゃないか。
なんだかでも、その花売りの女の子と私と、同時にニッコリ。彼は二人にいい時間をプレゼントしてくれたんだと思う。

| | TrackBack (0)

Thursday, 15 February 2007

上野の博物館でデート。中国の5000年も前に作られた物が目の前にある不思議。作ることは生きることだ。青銅器にある創成期の漢字がよかった。出来立てホヤホヤのウブい感じがいい。法隆寺宝物館もよかった。ピンとしてながらもなめらかな空気。仏様を前に頭を垂れる。
デートの相手は、帽子作家の善林英恵さん。知り合ってからそれなりになるけど、一対一でガッツリ話したのは初めて。仕事に対する意識の高さと、美しさを作る確かな力。こういう人がいるってことがうれしい。ブログも愛読してます。特に好きな記事は、これこれこれ

| | TrackBack (0)

Wednesday, 14 February 2007

ライブで落語。人のエネルギーってすごいなあ。生身の人間が目の前で全力でしてることには、ぐいぐい引き込まれる。引き付け方がプロで、それに乗るのが気持ちいい。
男の人の着物姿もいいね。さすが着こなしてるし、所作や作法は色気がある。いい男だねえ~ってポーっとさせて欲しいんだよね。それに応え合うのが大人の男女関係か。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 13 February 2007

何回目かにヨーロッパに行ったとき、飛行機はシベリア平原の上を飛んだ。快晴の昼間のフライトで、座席は窓際で、私は飽くことなく、ずーっと眼下に広がるだだっ広い地上を見ていた。何もない。少々の起伏。ときどき森。ときどき川。
紬の着尺を地のししていて、これはシベリア平原だなって思った。たんたんとどこまでも広がる平原。ときどき節。糸の太細。染めの濃淡。何も無い中に景色がある。

| | TrackBack (0)

Monday, 12 February 2007

最近、着尺の地のしを自分ですることにした。地のしって言うのは、反物にスチームアイロンを当てて、熱と蒸気で生地を詰め、同時に織り目も整えていく作業。これは仕立て屋さんがなさるのだけど、織り屋が最終の仕事としたらいいのではないか。
地のしをしながら、自作を突き放して観る。織ってるときとか、検反しているときは、ナマ過ぎて、観えないことがある。地のし段階は、まさに、人さまに渡る姿なのだ。突き放し、厳しく、モノとして観る。新たな愛情を覚える。

| | TrackBack (0)

Saturday, 10 February 2007

もうすぐ今織ってる着尺が終わる。ゴールが見えた。緯糸の分量が計算通りピッタリで我ながらデカシタ。いや、アレだけしつこいほどシュミレーションしたんだから、ピッタリで当たり前なんだけど、それでもホッとする。
今回の緯糸は九丁杼。9種類の緯糸を入れてるってことです。すごくシンプルなすっきりした着尺なんだけど、筋の生成りと絣、地の濃淡、糸の太細。シンプルな中に表情がいっぱい。紬っておもしろいなって今さら思った。

| | TrackBack (0)

Friday, 09 February 2007

いただいたとてもきれいな野菜たち、鍋にと思って白菜切ってても、大根切ってても、あまりのプリプリさ加減に、ついまな板の上に手が出て、そのままポリポリ。夢中でパリパリ。
野菜を育てることと、蚕を育て糸を取ることは、重なる。それを染めて布にすることは、料理するってことだから、別物に生まれ変わらせるってことだ。素材がいい場合は、無駄なことは極力しない。要をとらえる。

| | TrackBack (0)

Wednesday, 07 February 2007

丹精込めた絹糸を持って来てくれた人は、丹精込めた菜園の野菜もたっぷり持って来てくれた。それで私は朝昼晩とせっせとモリモリいただいている。その野菜が美しいのだ。形も色もみずみずしさも。その丹精がいかばかりかと思うとぐっとくる。美しいものは、愛が満ちてて、もちろんおいしい。これはきちんと料理して、おいしく残らずいただかなければと思う。愛は連鎖する。

| | TrackBack (0)

Tuesday, 06 February 2007

今、我が家にものすごく美しい糸がある。一人の女性が時間を掛けてこつこつ作った糸だ。卵を孵して蚕を育て、繭を煮て座繰りで糸にして、八丁撚糸。藁灰で灰汁練り。さらっと書いたがこれはただ事ではない。糸はただ美しいが、こちらは興奮でさめやらない。糸から見れば最高の作り方である。幻が目の前に降りてきた感じ。
歳をとって続けられなくなったから生かして欲しいと託された。すがすがしい美しい笑顔の方だ。糸と一緒。
ありがたいとか、うれしいとか思う前におそれ多くて心臓バクバク。試されるなあ。まっすぐじゃないとさわれない。

| | TrackBack (0)

Monday, 05 February 2007

横浜の山本秀司さんのきもの工房を訪ねた。お話を伺ったり、裁断の実際に触れて、あらためて、着物って文化がつまってる。山本さんはそれを当たり前使いこなす。結実させている。おそれ多いことだと思った。この文化はもっと誇るべきだし、恩恵にもあずかっていいんじゃないか。山本さんはそれをとてもオープンにされている。

| | TrackBack (0)

Sunday, 04 February 2007

はい、たった今、一陽来復のお守り、無事貼り付けました。これで今年の金銀融通、バッチリです。今年こそ!去年は大ポカだったからなー。後日談、実はこの間違って貼ったお守り、一年間そのままでした。私っぽい話です。つい先日やっとはずして、穴八幡さまで謝って、リベンジを誓いました。さあ春です!

| | TrackBack (0)

Saturday, 03 February 2007

向かいのおにいさんに菜園の小松菜をもらった。うわーおいしそう!プリップリッ。台所に太陽が入ってきたみたいだ。軽くソテーしてモリモリ食べた。太陽が体内に。

| | TrackBack (0)

Friday, 02 February 2007

着尺を織っていて思うことは、やっぱり色気がある着物を織りたいってこと。万物、色気だ。着物なんて最たる物だ。よく出来た工業製品にもうっとりくるが、織物はなんてったって人を包んで寄り添う物だ。それにもとは蚕と植物、生き物なんだ。これを上手に引き出せば色気が出ないはずがない。糸屋さんから届いたふっくらした絹糸見てたらムラムラくるよ(笑)。私の段階で殺しちゃいけない。次にわたして花開かせる。

| | TrackBack (0)

Thursday, 01 February 2007

満を持して、晩白柚(ばんぺいゆ)をむいた。とたんにぷわーっと、懐かしくほろ苦く甘酸っぱい香りが飛び散る。
晩白柚ってのは、世界で一番でっかいみかん。熊本県の特産で、お正月に帰ったときに持ってきた。すがすがしいきれいな黄色。存在感ドーン。キッチンに一ヶ月ふんわりただよっていた芳香。
晩白柚を食べるのは、子どものころ家族のイベントだった。食卓に顔をつき合わせ、何かの儀式のように包丁を入れ、厚い皮をむく。固くしまった実を正確に6等分する。薄皮から果肉をポロリとはがして悦に入る。なんだかとても昭和っぽい。

| | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »