« April 2008 | Main | June 2008 »

Saturday, 31 May 2008


Ivy


その、よくよく検索して串刺し内視鏡やった病院へ、病理検査の結果聞きに行く。胃炎大腸炎のケがあるものの、大事無く。
ここ、女医さんです。そういえば、私、歯医者も女医さん。内科も。まあ婦人科もだけど。私って女のお医者さん、好きなんだー。なんか、落ち着くのよねー。知らないうちに固まる自分の好み。

|

Friday, 30 May 2008

Kuchikomi


5月は旅行と病院があったので、よくネットで検索した。口コミもよく読んだ。つい頼っちゃってる自分にあ然。
鵜呑みにしない、直感を信じる。でもネットは便利だねー。

|

Wednesday, 28 May 2008


Training


いい作品を作り続けるってことは、訓練の積み重ね。よく生きるってことも訓練だろう。どう生きたいかって指針が決まってないと訓練しようもないんだけど。

|

Tuesday, 27 May 2008

Yokatta


今日は久しぶりに野口体操のクラスに出て、地球と体を実感してきた。人とも会った。ここで染織以外の人と会えるの、貴重だなって思った。その中で、自分、地球、出会い直す。

|

Monday, 26 May 2008


Sankoryo


この前の同窓会、今もMLに会計やら片付けやらの報告がポンポン飛び込む。当日のみの駆けつけ部隊としては、へなへなへなーとなりそうくらい大変なこと、今も、やってる。半年前からずっとだ。

どうしてこんなに一生懸命、大切に、気持ちを込めて、ある種の奉仕や犠牲、できるのかって思ってたけど(それも明るく楽しく、新しい工夫やチャレンジいっぱい!)、当日参加してちょっとだけ分かった。
大先輩(元男子校なので、じーさんがほとんど)の笑顔やイライラを見てて(←私が物販もたついてイライラさせた)、ちょっと分かった。
これは順送りだ。こんな大変なこと、今しかできない。今しかできないこと、しっかとやってるから、みんなカッコよかったんだなあー。

濟々黌には三綱領っていう校訓みたいなのがあって、その出だしが「正倫理」。倫理って何だ。私はそれをつかめているのか。いまだにグラグラする。あがき続ける私がいる。

|

Sunday, 25 May 2008

Qsyu


ここではここの美しさ見つける。美しさを作る場所は、今はここだ。

写真は九州。(っておおざっぱ過ぎ?)

|

東京でもどこでも同じだ。どんだけビビッドな丁寧なきちんとした創作ができるかだ。そのためにどう生きるかだ。
チョイスはある。クリアにすること。

|

Saturday, 24 May 2008

耶馬溪、行ってきた。年に一度、どうしても会いたい人がいる。
その人に再会した瞬間に、衿を正す。同時に、脊髄にこびりついたヘドロが、すぅと流れ落ちる。
頭から肚へ回路が動いて据わる。

|

私、運転はゴールド免許なんだけど、5年有効といっても、5年で5回、ハンドル握ればいいほう。
その希少な五分の一。目の端に黄金色。麦秋の九州道をひた走る。

|

Thursday, 22 May 2008

大同窓会でした。すごいーすごいー、ものすっごくいい会でした。
幹事学年の、我々62会のホスピタリティーに満ち満ちた、千人規模の大きな大きな宴でした。

それは、カイチョ、ジッコイインチョ、トウカツ、ブチョ、はじめコアスタッフの誠心誠意が浸透してできたこと。
私みたいな当日駆け付け部隊もそのホスピタリティーに満たされたよ。参加できて、本当によかった。ありがとう。

|

Wednesday, 21 May 2008

なんだか、楽しい。九州。この明るさ。この開放感。非日常だからってのは、分かってんだけど。


東京、出がけに電話がなった。距離はあるのに、近しみを感じてる方。昨日、病院に行かれたはず。強さも弱さもあるけど、根の根は、強い方だと思う。電話いただいてうれしかったし、今、思ってる。

|

Tuesday, 20 May 2008

雨の海路を天草、富岡へ。西海岸を南下、下田へ。4人旅だから4足の靴だけど、ここは五足のくつ(って名前の宿)。
九州は島だー。飛び魚がぴゅーと飛ぶ。海がそこにある。
露天風呂からウグイス、カジカ、雨の滴、月の光。

|

Monday, 19 May 2008

飛行機に乗って、お船に乗って、長崎の夜。
茂木の料亭に行ったり、バーに行ったり、オトナな夜。
非日常って、ポンとヨソの日常の中に投げ込まれる疎外感を味わうものなのか。

|

Saturday, 17 May 2008

銀座のもとじさんで、十番勝負―伝心―、拝見してきた。浅野裕尚さん仁平幸春さんによる、真剣勝負。一方が出した問いに(着物や帯の提示)、もう一方が答え(それにどう帯や着物を合わせるか)を出していくというもの。

勝負なんだけど、それは豊かな増幅で、問いと答えが一緒になって、もっとすごい何かの始まりを観た気がする。これこそが「それ」だって思った。着物と帯のぶつかり合いと融合で、ここまで来れるんだ。お決まりの予定された調和でなくて、突きつけ合って、裏切りあって、やり切って、新たに発見する。「それ」を作る。すごいー。

浅野氏と仁平氏の対談にも参加させていただいたけど、ものすっごく面白かった。作品に添えられてるテキストも、ひとつひとつビンビンきた。美しいものには理由がある。その理由、さらっと話されるし、書いてあった。すごいーすごいー。たぶん、お二人にとっては当たり前のことなんだ。

|

昨日の「南イタリアのレモン畑にそよぐ風」との感激のご対面は、横浜三渓園にてでした。お召しの方と、仕立てて下さった山本秀司さん(すばらしくピタっとくる感激のお仕立て!)、そめおり担当ワタクシの三者が一同。感きわまる。この着物は糸も出自が明らかだし。

織り手が一番助けられてるなー。織りは、糸あってこそ。形にして下さる方あってこそ。着て下さる方あってこそ。

三渓園では「日本の夏じたく展」開催中です。(今日まで!)いい空気流れる会場。ゆったりしてるけど本気って感じ。
なかでも久しぶりに、岩崎さんご夫妻にお会いできたのはうれしかったな。なんだか自然にエールの交換ができる。

|

Friday, 16 May 2008

South_italy

これ!一年越しのプロジェクト、着尺「南イタリアのレモン畑にそよぐ風」。とうとう形に!出来立てなんだけど、もうすっかりこの方になじんでる。ものすごくうれしい。キャッチボールを重ねてきた結晶、ここに現る。

Tsubu

あまりにうれしいからもっと写真載せちゃう。
これは、これとかこれとかこれでした。南イタリアのその空気の粒、日差しの粒、粒の動き。そういうの、精一杯、なにげなく作りたかった。

Mature

着物は着てくださる方があってこそ。この方は、私にご注文くださって、私を生かして下さり、今後この着尺を生かし続けてくださる。大人の楽しみ方、知ってらっしゃるって感じでカッコイー。全力でぶつかることが、それに応えるってことだ。

Ufu

うふっ。すてきでしょ♪

|

Thursday, 15 May 2008


Rikka


雨上がりに外に出たら、こんなに寒いのに、緑はさらに濃く、鳥が鳴く。立夏、過ぎたもんね。

梅田大丸木村さんから携帯電話(便利!←今さら!)。朗報。これから織る着尺、お召し下さる方と話ができた。明るくきれいな落ち着いたお声。仕事させていただくありがたさ、しっかり受け止める。

|

Wednesday, 14 May 2008

本日、5月14日、大阪の梅田大丸で、「風水土のしつらい展」開幕です。この展示会の初期の頃、私、企画側で働いてたんだー。なつかしーー。今年、何回目だろ。よく続いてると感嘆。企画もパワーと積み重ねだもんね。振り絞ってると思う。関西方面の方、ぜひお運びください。

一衣舎さんが私の着尺、三つ連れて行って下さってます。チェキッ!19日まで。

|

Tuesday, 13 May 2008


Rice


内視鏡やる前の日の昼、白米を炊いた。玄米は消化悪いからダメだって。白米炊いたの、ものすっごく久しぶり。白いご飯が食べたいときも、5分づきとかにしてたから。

私は圧力釜に黒い陶器製の内釜入れて炊くんだけど、炊き上がって、ふたを開けて、ほぉーーっと見惚れた。真っ白なふっくらした粒々。ピカピカツヤツヤ、神々しいまでの白。昔の人がこれに恋焦がれたの分かる。拝みたい感じした。

|

Endoscope


意を決して、上から下から、時間差串刺しになってきた。胃がんと大腸がんの検査です。点滴もするのねー。麻酔が効いて、苦しくなかったけど、これって麻痺してるってことだよね。

昨日の食事は消化のいいものをとのことで、野菜、海藻、きのこがダメで困る。朝のパンにバターふた切れのせた。胃腸がオイリーだと、カメラ、スムーズかしらんって思って。(←そんなことないって!)
夜は湯豆腐でもと思ったのだけど、キンチョーして(←ビビリ!)食べられなかった。昆布の水出し沸騰させて、削りたてオカカ入れて出汁とって、そのまま飲む。これはうまい。

|

Sunday, 11 May 2008


Mom


母に電話を掛けたら、「あらあ、ミホチャン」って言ったきり笑い始めた。どうも私からってのがおかしいらしい。箸が転んでも笑うな、この人は。かなわん。完敗だ。

|


Big_loom

でっかい2尺幅の織機を手放した。仕事場をドーンと占領してたヤツ。コイツを使い続けるか、ずっと悩んでた。それなりに活躍してくれた。極薄の羽衣系刷込み絣のショールはこれのおかげで出来た。腸がちぎれる。
でもここで、フォーカス絞って、集中度を上げたい。狭めるのではなく、解放するための集中。

|

Saturday, 10 May 2008

とってもきれいで透明感のあるブログ、きれいな水が流れ、ふんわりいい香りが漂っていそうなブログ、Saraela`s Notebook。甘ったるい香りじゃなく、柑橘系のキリッとした印象的な弾ける香り。

私、これ書いている人、知ってるんだ。若くてきれいな女性だけど、若いことや女性であることに甘えてない。でも若さのよさ、女性ならではのよさ、いっぱい持ってる人。

|

Thursday, 08 May 2008

窪田孟恒さんの個展を拝見してきた。私、ひそかに好きなんだ。ご本人とお話できてうれしかった。「織りの仕事ってのは愚鈍だからね」っておっしゃる。「ずーっと辞めろって言われてた」ともおっしゃる。んー。わかる。やり抜いてる人間の清々しさをビシバシいただいて帰ってきた。

窪田孟恒あんず染織展 5/11まで 熊谷守一美術館ギャラリーにて

|

Blood_pressure


最近ちょっと調子悪くてダラダラと仕事してたのだけど、今日、検診で病院にいったついでに血圧測ってみたら、108の61。低っ!んで帰ってきたらパキパキ働けた。低調の原因分かれば、あきらめもつき、それを受け入れ、できる範囲でパキパキできる。何より自分を責めなくてよい。低ケツリズムを作ろー。

|

Wednesday, 07 May 2008

Seiseiko


私の行ってた高校は、毎年5月21日に大同窓会があるのだけど、日にち固定で、曜日は毎年変わる。今年は水曜日。遠くに住む人はもちろん、熊本在でも参加しにくい日程です。

しかも幹事は社会のど真ん中の私たち。この年代って、仕事に子育てにチョー忙しい時期で、在熊のみんなは、そんな中、融通しあって、ホントーーにいい企画してるのだ。物販もオリジナルなものできてて面白そうだし、招待参加の新卒の若者を長老方のエスコートに起用したり、(下を使うのはかえって自分たちの手間を増やすのは承知の上で)、ホスピタリティあふれるいい会になりそう。尊敬です。

んで、何で、5月21日かというと、大昔、500円也だかが下賜されたのを記念してなんだけど、今どき、国民の祝日だって、現代人の都合でホイホイ変わるのにー。その上この恩賜金、畏れ多いってことで、銀行に預けたままなんだって。銀行で眠るお金を記念する「5.21」。
なんだかなー。ちょっと「肥後もっこす」?んでも、そのもっこすさが愛おしくもある。

同窓生の皆さーーーん!!!再来週の水曜ですよー!大集合してくださーーーい!
創立126周年 濟々黌大同窓会 平成20年5月21日(水)
総会17:30~18:30、懇親会19:00~20:30
会場:熊本ホテルキャッスル、会費:6,000円 来てね♪

| | TrackBack (0)

Tuesday, 06 May 2008


Sorato


昨日は楽しかったな。唯一のゴールデンウィークらしい一日だった。初節句のお祝いの席にお招きいただいたのだ。初対面のボーイは7ヶ月。プリプリ、ニコニコ。スクスク行けー!

懐石とお茶(お茶は野点!)、おいしー!丁寧な料理とお酒とお茶と、おしゃべりと。丁寧に生きている人たちだ。

*写真はうちの近くの立体駐車場の屋根。

| | TrackBack (0)

Monday, 05 May 2008

今日思ったこと。
しっかりとしたビジネスパートナーになろう。組むならヨシダだって自然に思ってもらえるように。
いいモノを作ることによって。社会の循環を体現することによって。

| | TrackBack (0)

Sunday, 04 May 2008

ここ読んでくださってる方のうち、私の高校の先輩か後輩の方、(もちろん同期も)、いらっしゃいますかーー?!?!?もうすぐ大同窓会ですよーー!も・ち・ろ・ん、ご出席ですよねー。えっ?まだ調整中?迷わずゴーです。ワタクシドモ、惑いっぱなしのトシを迎える62会が、幹事学年でーす。

| | TrackBack (0)

Saturday, 03 May 2008

本を5冊まとめてオトナ買いした。尊敬している人にすすめてもらった、マイナー職種の経営戦略の本。目からウロコの部分もあるし、自然に実践してることもある。
ビジネスはシステム作りだってことは分かったけど、そういえば創作もシステム作りがキモだ。システムがあるから創造に集中できる。経営のシステムがまわれば、もっと集中できるなあー。

しかーし、5冊いっぺんにアマゾンポチしてドキドキ。(←小さっ)この前誕生日だったし、自分にプレゼントだってことにする。(←誕生日のプレゼントなら、もっとファンシーなもの買いなさいっ!!!)

| | TrackBack (0)

Friday, 02 May 2008

日本橋の三越へ伝統工芸染織展を観に。やっぱ、いいものは糸の一本一本に力があるなー。全ての糸が担ってる、、、って思って観てたら、バッタリ旧知のきれいな人に会う。着物関係の人だから、ここで会うのはさもありなんなんだけど、やっぱビックリ。バッタリを喜び合う。

これから国画会展に行くとのことで、ついて行く。国展には知ってる若い作家のもあって、うお!チョーいいじゃん。悩みながらやってるって聞いてたけど、着実に踏み出してる。その人の出した答えを見ることはうれしい。サッパリとしたいい着物だった。

見終わって、新国立美術館のカフェで、二人でビール。平日、夕方、生ビール。話題はずっと着物のこれから。なんだかすっごくワクワクした。楽しくなりそうですぜい、着物業界!!そうできる。そうする!

| | TrackBack (0)

Thursday, 01 May 2008

本日、5月1日、some origin は、満5周年を迎えます。支えて下さった多くの方々に、深く深く感謝いたします。本当にどうもありがとうございます。

糸を染めて布を織るなどという、職業として成立するのかしないのか、その第一歩から手探りだったこの仕事を、どうにか5年続けられたこと、大変ありがたくうれしく感謝に堪えません。
同時に、やみくものスタートダッシュが効かなくなったこの頃、さてどうするかって岐路を突きつけられてるとも感じます。

いい布とは、美しさとは、それを創り続けるとは、その最前線に居続けるとは、、、、

唯一の自慢は、5年間、家賃も開業融資の返済も仕入れや経費の支払いも、一回も滞納してないことっ!って、これもひとえにお客様とお取引先様のおかげです。経済の循環、これは大前提だと思ってます。

独立開業したことで、社会の仕組みや、それぞれの仕事に従事するそれぞれの立場や、そういうことをよく考えるようになりました。社会の構成員として、流れには乗るのだけど、流されてはない。自分で泳ぐ。そんな風でありたいなと思います。

6年目のsome origin 、いいもの、バンバン作ります。どうか更なるお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

| | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »