« June 2008 | Main | August 2008 »

Thursday, 31 July 2008

Filter


思い込みで観ないこと。自分も、他人も。素材も、創作も。過去の偉大な作品も、自然も。政治も経済も。
これはこういうもんだって思った瞬間に、真実は観えなくなる。下手な思考しない。そーねー、思考はしないことにしよー。下手なのは、思い知ってるしさー。

|

Tuesday, 29 July 2008

Production


ショールを作ってる。染めと織り、交互に。一日の構築。どのタイミングでどう動くか。作り手としての私が絶好調の時間帯ってある。その時何をするか。仕事に私を合わせるのか。私に仕事を合わせるのか。私と仕事を一体化するにはどうするか。結果的にいいものを量産する。

|

Monday, 28 July 2008

帯のご注文を下さってるお客様が電話を下さった!それも遠く四国から!いや、そんなに驚くことでもないんだけど。私がお出ししたメールに答えてってことだし。でも、うれしビックリ!もうずっと前にお受けして、お待たせしてて、、、で、今日、初めて話した。すごく明るくキラキラ。きれいな輝きを感じた。こんな方の帯を織るのか。うれしいな~~。

その帯を締めていただく方とつながれるのは、何より喜び。同時にプレッシャー。そのやり取りにどう応えるのか。私は糸を染めて、布を織ることしかできないけど、それをやり切ることで、その向こうにいる方とつながれるし、それは世界につながるということ。(む、もしかして、宇宙か??)

|

Sunday, 27 July 2008

しばらく常温にあったブドウを冷蔵庫で冷やして、洗って、食べる。ちょっと熟れすぎな感じで、あれ、食べごろ過ぎちゃったかな。
残った分をまた冷蔵庫に。後で食べたら、ピチピチに戻ってた。たぶん、水に浸かったのがよかったのかな。

すごいね、水。すごいね、ブドウ。いくら品種改良されてても、生き物は生き物。人間の都合とは関係ないところのブドウの都合。自然の摂理。

|

Friday, 25 July 2008

所用ありて新宿へ。なんだか、エネルギーもらったなー。ブリブリ。1000%、やろうって思った。some ori ヨシダ、行きます!
帰りにふらふらと伊勢丹。大沖縄展やってて、ラフテーと島豆腐買う。昨日、ウナギ食べそびれたから、今日が土用じゃ。生まれ変わるのじゃ!(豚、食べて???)(つか、今日も土用でしょう。寅だけど)(生まれ変わり、関係ないし)
行きも帰りも、副都心線の快速。新宿近くなった。あっという間。スムーズに動く。いい事だ。

|

Thursday, 24 July 2008

今日はお客様。暑い中、お着物で、、、、恐縮したけど、とっても似合ってらした。さすがだな。着尺のご相談。面白かった。現代音楽が聴こえてくる様なって。裏庭で猫が鳴く。
思い切った意匠でも着こなしていただけそう。あるラインからは任せていただけるとのこと。こういう方が、文化を育ててくださる。

晩に外に出て、レンタル屋さんへ。キーワードとしていただいたCDを探す。あった!ご注文、取り掛かれるのはずっと先。でも、今、これを聴く。

|

Wednesday, 23 July 2008

Taberu


今日は朝からアイロン。顔料を併用してるので、熱で固着させる。その後、蒸し。刷込み絣の定着のため。蒸気モアモアの40分。それから湯通し。ちょっと干して乾く前にまたアイロン。
午前中ここまで。お昼は、炊きたて玄米。鯵の干物。胡瓜の浅漬け、紫蘇散らし。もずく、三杯酢に浅葱と生姜。お腹いっぱい、モリモリ食べる。

|

Monday, 21 July 2008


Summer


今日は曇りでちょっとだけラク。創作は体力だ。やや、創作を仕事とするのは体力だ。
暑さと湿気と、自分の体力気力、しなければならない仕事の量。よく考えて。
恥ずかしながら、去年の夏はバテまくった。何が悪かったのか。同じだったらただのバカ。

|

Sunday, 20 July 2008


2years


夏のブラインドは好きなんだ。ひとつのテーマ。うちとそとを隔てる。鮮明な光と影。2年前、こんな帯を作った。

|

Saturday, 19 July 2008

Shade


うふー、カーテンやめて、ブラインド、新調しましたの。うふっ。

|

Friday, 18 July 2008

昨日、美しいものをザクザク観たので、なんだか感覚がシフトしてる。それでパブロ・カザルスのCDを掛ける。バッハ、無伴奏チェロ。ああ、なんだか溶け合うなー。何か、内臓がきれいになる感じがする。で、それがどこまでもつながる。大変気分よく仕事が進むけど、気分の良さに喜ぶな。喜びはその上で見つける。

|

Wednesday, 16 July 2008

対決 巨匠たちの日本美術」、観てきた。対決って言うよりも、宝箱のオープン。うわーうわーうわーって感じ。宝物がぞくぞく。わー雪舟!雪村!きゃー宗達!いやん光悦!ラブ宗達!すごーー光琳!円空も木喰も好きー。大雅と蕪村、空気が違うぜ!はじめてみた蕭白!!!。
この人たち、みんな(書かなかった人も)、作りたくて作りたくてたまらないって感じ。おめめキラキラさせて、かつ虎視眈々。観てて切なくなった。おそれ多さ、愛おしさと同時の、切なさ。

|

Tuesday, 15 July 2008

昨日、お写真をアップさせていただいた方からメールが届く。読んでたら感動。うるうる。
何で、染織なんかを仕事にしてるかってたまに思うんだけど、こうやって出合って、シンクロしてくださる方がいるからだって思います。

引用をお願いしたら、ご諒承のメールが来て、「自分の素直な感動の言葉です」って。またまた、うるうる。
本当にどうもありがとうございます。

__________________


初めて吉田さんのこの着尺を一衣舎展で見たときはとても惹かれたのに、個性的で難しいって思ったのにブログをみつつ忘れられず、結局出会いなおしてしまった。
出会いの直感のまま、すいっと私の処にやってきてくれて、それほどぴったりと私の個性とシンクロしたのでしょう。
出会えてよかったです。着尺を通して吉田さんと出会えたことが大きいです。

__________________

なんだか、めちゃくちゃうれしいので、ブログに新カテゴリー、「magic お客様からのメール」をつくりました。
ちょっと恥ずかしいや。こんなにほめてもらえる人間じゃちっともないんだけど。悩みながら苦しみながら全力でつくってるってだけなんだけど。


|

Monday, 14 July 2008

Smile


じゃん!これ!この春に撮影させていただいた、とっておきの一枚。
きれいに咲いてるあじさいみたいな、みずみずしい一枚。
(ああ!帯は桜だ。桜の華やかさ、あじさいのそそとしたみずみずしさ、両方持ってる方です)

この着尺、お決めいただいたときは、まだ着物の初心者だって言っておられた。それがあっという間に、着慣れてる!明るい自然な余裕の笑顔。光ってる。

もしかしたら、この着尺が、この方のよさ、引き立てている部分もあるかも??だったら、めちゃくちゃうれしいだけど。

あ、でも、この方が着尺に息を吹き込んでくださったんだ。どうもありがとうございます。これから先も、育ててやって下さい。

私は私の織るものに、「私」を入れないように極力注意しているつもり。なんか、これは、それが成功してるかも。「私」はすっかりないもんね。100%この方になってるもんね。ヨシダはないのに、まぎれもなくヨシダってのが理想~。

|

食品棚を探っていたら、甘酒が出てきた。希釈して飲むやつ。わあ!さっそく!

栄養が凝縮してる感じ。しみじみ味わって飲んだ。

昔は夏の滋養強壮に甘酒飲んだんだって。夏の季語なんだって。そう聞いたから、買っておいたの忘れてた。うん、おいしい。元気の素。

ひらめいて、小麦粉に甘酒入れてこねる。いかにも発酵しそう。ねかせて、のばして、ビタクラフトのフライパンで焼く。全粒粉だし、栄養倍増。昨日のカレーを温めなおして、ナンの代用。ちょい改良の余地アリ。

|

Sunday, 13 July 2008

今日もすてきなメールが届いた。こちらは妹分にしてもらってる方からだから、無断引用。ゆるして~、ネーちゃん!

_____________


美保子ちゃんの布には力強さと同時に温かいものがある。
どの布も「あぁ、吉田美保子さんの布だ」と分かる何かがあります。
とてもとても魅かれてしまう布です。

_____________

|

Friday, 11 July 2008

ショールを求めてくださった方から、メールが届いた。気持ちが伝わるすてきなメール。じんわり、うれしい。ウェブ上で私を見つけてくれた、会ったこともない方だけど、なんだかしっかりつながった。
本当にありがとうございました。これを仕事にして本当によかったなあってジンときました。

お母様への還暦のプレゼントに私のショールを選んでくださいました。私の紹介として、今度9月6日発売の「七緒」を見て下さいとお伝えしました。

快諾いただいたので、一部引用させていただきます。


__________________________________________

作品は、思ったとおり、期待以上のものでした。

言葉では言い表せない、作品としての美しさ以上に感じる何か。。。

本当に、出会えてよかったです。あんなに丁寧なブログでなかったら、スルーしていたかもしれません。

あえて、吉田さんの作品は、商品とか製品とか呼びたくないんです。いつまでも作品でいられるような物。

本当に素敵なプレゼントができること、幸せです。

吉田さんの着尺や帯など、いつか身に付けたいです。

吉田さんのように、日本の伝統を現代をつなぐような職人さんを素直に素敵だと思います。

これからも、お体を大切に吉田さんの温かな風合い(人も物も)を 大事になさってください。

また吉田さんの作品を手にとる日が来る事を 楽しみに、仕事にはげまなきゃ!!!

ありがとうございました。

***

「七緒」は、母と私、数年前からたまに買って読んでました。その「七緒」に出るなんて!しかも、すごいタイミング!!母もびっくりしますね。

自分をほめてあげたいです。。。

たくさんの情報の中から、「ん!?」とココロにひっかかったものが、温かい方が作られた、温かいものだったということ・・・・。「七緒」楽しみにしてます

***


________________________________________


|

Thursday, 10 July 2008

Net


遠く海の向こうからメールをもらった。新作ウィステリアを見に、このブログ、何回も訪れて下さってるんだって!うわっ!うれしいから、もう一回!
ネット、すごいね。世界をめぐる。この着尺のご注文を下さった西の方も、私のことブログで知ってくれた。

そういえば、今日北のほうへショールを発送したのだけど、その方もネットから私を知って下さった。何度かのメールのやり取り。すごく近しく温かいものを感じた。

|

Tuesday, 08 July 2008

次に織る帯の構想を落とし込んでる最中。合間にクレーの画集を繰る。あらためて、彼の多様性におののく。いわゆる「代表作」っての、ほんの小指の先の爪の白い部分だ。小指の先だけ見て、薄っぺらいこと、言わない。その奥の、脈脈とした、こんこんとした、ぶっとく、かつ繊細な、豊かな流れ。せめて感じろ。自戒じゃ。

「その主題が無関心的なもので、芸術自体が真に絶対的であり、主題となったものが単にその媒体であるとき、芸術は至上の高みに到る。」ゲーテ

|

Monday, 07 July 2008

エミリー・ウングワレーが、創作をやめなかった理由のひとつは、経済的なことだったらしい。彼女の絵の売り上げが、アボリジニのコミュニティの重要な現金収入だったらしい。
もちろん、彼女は、ひとたび絵筆を握れば、突き動かされるように描いたと思うのよねー。そういう絵だもんねー。
なんだか、いいなー。作ることは生きることだ。ひっくるめて生きることだ。モチベーションはひとつじゃない。

|

Sunday, 06 July 2008

エミリー・ウングワレー展、観てきた。なんか、久しぶりに興奮した。湧き出るような、ほとばしるような、無限の広がりを感じさせる絵画。無造作なんだけど、完璧。激しいけど、冷静。こういう図太さがある絵画、好きだ。
プリミティブとか洗練とか、関係ないなーー。いいものはいいんだ。

エミリー・ウングワレーってぜんぜん知らなかったけど、オーストラリアのアボリジニのアーティスト。高齢になって初めて絵筆を握り、亡くなるまでの8年間で描きまくったらしい。

んで、この短い期間の中でも、変遷してるのが見て取れて、すごいなーーって真底思う。ひとつひとつが新鮮で、完全。やり切ってる。とどまらない。

この人は表現する運命にあったんじゃないかと思いながら観てたけど、図録読んだら、描くことやめたいと周囲にこぼしたこともあったらしい。でも、やるんだなー。死ぬ間際まで。そういうところも好き。

国立新美術館にて、7/28(月)まで

|

Saturday, 05 July 2008

Panic


忙しくて、やることいっぱい。こういうときこそ、よく考えて。頭を使って。ハラをきかせて。
やることはやる。

|

Thank_god


このところ追いまくられてたけど、ちょっと先が見えてきたか。

昨日は染め、今日は糊付け。
よかったよー。今日染めだったら、暑すぎ。相当きつかったはず。一日、タンクにお湯がグラグラだもんね。今日の晴れで、糊もカラッと乾いたし。私って、やっぱ、染織の神様に応援してもらえてるわ♪←安直でノーテンキな性格です。

|

Friday, 04 July 2008

Wisteria


これ!新作、ウィステリア。光。藤の花のかすかな匂いが風に乗る。そんな着尺です。

|

Thursday, 03 July 2008

新作着尺は、モネの藤の絵にインプレッションをもらった。風や光が輝く絵だ。この絵、すごく好きだ。ご注文いただいた方に教えていただいたのだけど。
今日、その方にお会いできた。ふんわり柔かくて、リンとして、なるほど藤だなあ~。
ふと気付くと、二人で行ったヒレかつのお店の名前が「藤」だった。

|

Wednesday, 02 July 2008

今日は、よく仕事まわせた。通りがいい感じ。スムーズに流れる。この感じ、つかんで、当たり前にリピートして、もっとよくまわすこと。

|

Tuesday, 01 July 2008

金色のキーウィフルーツ、6つ。ちょっと柔らかいから、冷蔵庫に入れよう。玉子ケースに収めたら、ちょうどよい。
なんか、ホロホロチョウの卵みたいだ。。。。。(?)(?)(?)
小型のエミューの方が適当か、、、、、!
あ、キーウィの卵と思うのが常套だね!

|

« June 2008 | Main | August 2008 »