« 雨上がりの空 | Main | 明けたら初日 »

Sunday, 31 August 2008


Sunflower


道端の朽ちかけたひまわりの、そのでっかい葉っぱの干からび具合や、種のびっしり具合の、その完璧な美しさに打たれる。
ここに完璧な美しさがあるのに、人は何故、絵の具や糸を引っかきまわして、モノを作るのだろう?作らざるを得ないのだろう???
ひとつ言えるのは、ここに完璧があるから、自らは謙虚にならざるを得ない。
ひまわりは日々移りゆく。美もそういうものだろう。


☆・☆・☆ 展示会のご案内です。☆・☆・☆
「美しく透ける」 毛利夏絵(ガラス)・吉田美保子(染織布)
9月1日(月)~9月20日(土) 11:30~17:00 日曜(9/7、9/14)は休廊
於 ギャラリーDADAKO 東京都大田区南馬込4-12-8 tel 03-3774-6822

私は9/1と9/10、在廊してます。地図はここ。でもちょっと分かりづらいので、メール下されば、ご案内状お送りします。お気軽に。ぜひ!

|

« 雨上がりの空 | Main | 明けたら初日 »