« | Main | »

Wednesday, 29 October 2008

上野へ、新匠会、拝見しに。ひとつ心に響いたな。ありがたい。血肉にできるか?

せっかく上野に出たから、もちょっと観たい。でも琳派は、体力持たなそ〜。そういや、フェルメールが7点来てたな。

で、やっぱ、すごい!
「リュートを調弦する女」、目に入ったとたん、脳天を貫かれた。穏やかなのにピシーっとした空気。透き通ってる。
壁がいいのよね。しっとり、ただそこにある壁。17世紀のデルフトの壁。そこに反射する柔らかい光。その光が部屋に満ち、女を包む。
グレーがいい。うまいなあ。ねずみ色にうるさいジャパニーズも完全敬服。
何だかいいねー。こういうの観ると、自分のとるに足りないちっぽけさがかえって清々しい。さあやろうって思う。

|

« | Main | »