« September 2009 | Main | November 2009 »

Saturday, 31 October 2009

寝て、消化のいいもの食べて、(ちょっとアイスクリームなんて食べちゃって)、ゆっくり快復しています。仕事もしてます。(貧乏性なもので!)
トシを考えてってメールいただいきました。ありがとうございます。まったくその通り!考えます!天才バカボンのパパと同い年の私です。

|

Friday, 30 October 2009

一夜明け、私はまだまだ傷心です。でも落ち着いた。
昨日、大腸カメラと胃カメラやったら、結腸に腫瘍発見。その場で切除。ドクター曰く、デカかったので傷が大きいから、下血、激しい腹痛の可能性あり。ひぃー!
胃の方も急性胃炎とな。ひっぃぃぃぃーー!胃をやってるとき、麻酔が切れて、この世の終わりかというくらい苦しんだよ。ぜいぜい。

私、この検査、一年半前にもやってて、そのときはただれた跡はあるものの、難なくクリアだったのに。この一年半、私に何があったのか、、、、、
ともあれ、ほっておいたらガンになったそうで、検査すすめてくれ、適切に処置してくださったお医者さまに大感謝であります。

(今も軽く腹痛なんだけど、それが傷のせいか空腹すぎなのか分からんのよねー!昨日夕方まで絶食だったし。その後もほとんど食べれんかったし)

|

Thursday, 29 October 2009

Ichieya_kyoto

この「ジェリービーンズ・スクエア」は、京都での一衣舎さんの展示会に出品します。
京都で一衣舎展を開くってのは、木村さんの昔からの夢であったと以前から聞いてました。だからこれは寿ぎの気持ちをいっぱい込めて織りました。

織りたいものは透明な空気。そこに弾けるジェリービーンズ。銀糸が全面に入っていて豪華です。クリスマスやお正月のパーティーシーンにも!

実は一衣舎京都展には、以前にお納めした力作を並べていただく心づもりでした。しかしそれはご縁があったとのこと。スケジュールはパンパンなのだけど、今回ばかりは、育てていただいた一衣舎さんの特別な展示会です。それで急遽新しく、新しいチャレンジ、新しい視点で、ギュッと凝縮させて織りました。そんな勢いも、観ていただければ幸いです。

「布の仕事、花の仕事」一衣舎京都展 + 片桐功敦いけばな小品展
10/30(金)〜11/3(火)11時〜18時  最終日16時 於 ちおん舎

|

Wednesday, 28 October 2009

Jelly_beans_square

新作、九寸名古屋帯「ジェリービーンズ・スクエア」[ jelly beans square ]

ジェリービーンズ、こぼしちゃった!床にカラフルな夢が転がる。そこにカクカク。ジェリービーンは角にぶつかり方向不明。ますます転がる。

すり込み絣、植物染料(ヤシャブシ、シブキ、クチナシ、ゴバイシ、ロッグウッド、サクラ)、酸性染料。座繰り糸。銀糸。


|

午後来客。打ち合わせ。着物の設計。意思疎通がバンバンできた感触あり。ありがたい。やっぱ着物はひとりで作るものでは全然ない。ずっとやり取りしていたのだけど、見えてきた。もにょもにょしてたの取り出せた感触あり。いい着物作ります。って、取り掛かれるのは次の次の次の次かな? その間により鮮明に。Hurry up! がんばります。

|

Tuesday, 27 October 2009

ひー、やれやれ、ひとつ織り終わる。アップアップだけど一応予定通りなんだ。明日、蒸し、湯通し。あさって湯のし。最後まで気が抜けない。落ち着かない。
寒い。玉ねぎスライス、じっくり炒めて、オニオングラタンスープを作る。

|

Monday, 26 October 2009

いつもは静かな私のうちが、今日は突風のようなエネルギーに満ちる。甥姪妹義弟母やってくる。いやー、すごいね。経験したことない渦だわ。世間知らずのオバちゃんは目が回る。
お昼は、数日前から準備したあったかポトフ、ニンニクと赤白ワインビネガー効かせたカラフルサラダ、ガルバンゾー豆たっぷりキーマカレー、フルーツケーキに生クリームとブルーベリーソース添えて。コーヒー。プリプリぶどう。
甥姪のパワー、ほとばしる。それに毎日つきあい一緒にたのしむ妹、すごい。

|

Sunday, 25 October 2009

Yoi

自分で決めちゃいけない。私の観方などなんぼのもんじゃい。生かしてくれる方、あってこそ。とにかく作ること。たくさん作ること。

この帯、とても締めやすく、合わせやすいって。よかったよ〜。
私が苦しもうが、手抜きしようが(しないけど)、よければいいんだ。よいと言ってもらえるものをたくさん作る。

|

Hearty

素敵な方にお締めいただいているこの帯、もうずーーとずーーと前の作品。白状すると、これは苦し紛れに生まれた帯だ。が、そんな私の苦い思い出などどこ吹く風で、こうやって、命を吹き込んでもらってる。大切に愛情を持って締めていただいている。深謝します。

|

Saturday, 24 October 2009

Iionna

お!いい帯締めてる、いい女。
輝く笑顔のいい表情。見えそうだ!

|

Friday, 23 October 2009

夜にちょっと外出。母と姉と食事。二人とも久しぶり、元気そう。
楽しくおいしく、まことにけっこうなのだけど、さーっと行きさーっと帰る。時間のやりくり仕方ない。それでも外に出れるありがたさ。

|

すり込み、完了。何回しても緊張する。下図のときにあれほど詰めて納得したのに。信じる先をどこに置くか。下図か?目の前の現実か?目の前だとしたら、ちゃんと観えているのか?信じ得るほどに観たのか?

|

Wednesday, 21 October 2009

仕事はジリッジリッと進んでる。とてもよい糸が安く手に入った。オーストラリア人の友だちが電話くれて教えてくれた。外国籍の人の方が、情報収集に熱心ね。見習わなくちゃ。
手元にある素材はとてもいい。あとは開花させるだけ。丁寧に大事に、花開かせる。

|

Tuesday, 20 October 2009

帯の返しを織っている。無地場。極薄ヤシャブシ鉄媒染。漆喰壁のよう。吸い込まれる。BGMはジプシーキング。のります。
考察するのはあとにする。私が織っているのは有機物だ。

|

本日、仕事、午前の部は試織。ドキドキする。わお、オッケーじゃん。可能性いっぱい。素材は出揃った。で、午後の部はひたすら作業。機械と化す。心は売る。夜の部も機械のはずだったけど、不具合ありで機械まわらず。細心に小心に。こっちの方が心は売るな。

|

Sunday, 18 October 2009

電話がなり、出てみると、この前の展示会に来てくれた方。織物の話から、「まずめ時」の話になる。私はこの言葉、知らなかった。「朝まずめ」が、朝、日が昇る直前。「夕まずめ」が、夜、日が落ちる直前。その一瞬をさす言葉なんだって。釣りをする人の業界(?)用語みたい。
その移り変わりの瞬間。でも溶け込むんじゃなくて、響き合う。そんなの織りなよって。うん、織るよ。

|

Saturday, 17 October 2009

上野へ。アメ横あたりでちょっと買い物。本枯節と水着。公園ふらふら。大道芸見てごきげんさん。目的地、文化会館。モーツァルトを聴きに。清らかに弾み、つながる。たった20名弱の演奏者がこの豊かな流れを作っているのか。すごいわ。心地いい流れだ。
博物館をのぞく。書(書跡)ってくる。はじめて気づいた。

|

我が家の朝は、まずCDがタイマーでなり始める。うとうとしてると、ケータイのアラームがなる。時間差でどんどんなる。ダメオシで目覚まし時計のベルが鳴り響く。
それでも私は布団の中。うるさくてうるさくてどうしようも無くなるまで寝ている。CDは最近、ベートーヴェン。振っているのはブリュッヘン。私、もしや彼らを冒とくしてる?

|

Thursday, 15 October 2009

Viva

わあ!この帯、デビュー!私の手を離れてから、育てていただいてる方がメールくださった。スッテキねえ。うっとり。
この帯を締めるために、合わせるお着物をチョイス(それも結城!総絣!)、帯揚げ、帯締めを新調してくださる。エネルギーと愛情を注いでくださる。いつもギリギリ余裕なく、心も頭もいっぱいいっぱいの作者の私は、その愛の深さにぼーっとして、泣きそうになる。

※写真は育ての親さまのブログから拝借しました。

|

Me

写真とってもらった。集中してるふりしてます(笑)。


|

Tuesday, 13 October 2009

今日はリセットの日。布団を干して、掃除、洗濯、ピカピカに。着物をたたむ。もろもろ片付け。買い物。たくさん歩き、おいしいものをたくさん食べる。メールの返信できなかった。それがリセット完了の合図だ。明日一番に。

愛には愛という名前はついてない。愛に名前はない。愛はそこにあるのだ。

|

Monday, 12 October 2009

「神無月・手の仕事展」、無事終了いたしました。本当にどうもありがとうございました。

この展示会は「作り手から使い手へのメッセージ」って副題がついているのですが、これ逆かもって思った。使ってくださるあなたからのメッセージ、がっちり受け取りました。それは今回お運びいただきお求めくださった方々からだけでなく、そうでない方からのメッセージも受け取ったと思う。ありがとうございます。ちゃんと受け止め、いいたま投げ返せるよう、消化吸収、次なる展開、やっていきます。育てていただいてること、機会をいただいてること、感謝します。作品でお返ししたいです。どうか今後ともよろしくお願いします。

|

Sunday, 11 October 2009

Zehi

さあさあさあさあ、明日で終わりよ。「神無月・手の仕事展」。作り手が手を合わせて作った展示会です。ぜひお出かけ下さい。明日は4時まで。

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」
明日12日(月)、最終日。4時終了。於・蔦サロン(南青山) map

|

Sunlight

「神無月・手の仕事展」、5日目終了。あたたかい再会が続いています。木漏れ日のような気持ちになる。感謝します。


|

すばらしく美しい朝。うきうきとすがすがしく。ヨシダ、テンション上がります。
南青山蔦サロン、「神無月・手の仕事展」へどうかお出掛けください。明日まで。
(ヨシダうるさいって言われそう)

|

Queen

ショールは王妃さま

|

Square

四角もあるよ!


|

Beans

空豆シェイプのコースターもございますの。食卓に。スプーンやお箸をのせても。

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」はあと2日!12日(月・祝)まで。10:00〜17:00(最終日は16:00まで)於・蔦サロン(南青山) map

|

Saturday, 10 October 2009

Midori

私は小さな人間でたいしたことはできないけれど、力いっぱい、心いっぱい、細胞のひとつひとつを総動員して機を織る。そうして織ったその着物が、このショールが、あなたを包み、守る。私の手を離れてからも守り続ける。

|

Talk

台風の朝のトーク、書いてもらってる。紀波さんの2日目のとこと、凡ちゃんとこ。
ありがたし。

|

「神無月・手の仕事展」、4日目、無事終了。ありがたいあたたかい再会が続き、私をほっとさせてくれる。織りを仕事にしてよかった、幸せだって思う。

「神無月・手の仕事展」、あさって、月曜まで。お出掛けください。

|

コーヒー、甘いパン、音楽はベートーヴェン、第9番。気持ちも新たに、さあ、今日も出勤です。
「神無月・手の仕事展 作者からのメッセージ」4日目。ぜひ、お出かけ下さい。

(たまった洗濯しながら、ご飯たいてお昼のおにぎりの準備しながらの出勤準備なのは言うまでもありません。)

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」
2009年10月7日(水)〜12日(月・祝)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)於・蔦サロン(南青山) map

|

Friday, 09 October 2009

さわやかな、おだやかな本日、「神無月・手の仕事展」すっきりと開催中。
3日目って、作品と空間と人がこなれてきて、いい感じ。お出掛けください。ぜひ。

|

Thursday, 08 October 2009

「神無月・手の仕事展」、台風一過のすがすがしい青空のもと、晴れ晴れと開催中。

私のレクチャー、無事終了。晴れ晴れとした気分です。あの天候の中お越しくださってウルウルでした。本当にどうもありがとうございました。
青田五良をアツく語りましたが、聞いてくださった方々もアツかった。みなさま方と青田と私、熱の交換ができたんじゃないか。そうだとすれば本望だ。

展示会は12日、月曜まで!

|

Wednesday, 07 October 2009

Eye


「神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」、絶賛開催中。
明日、予報が当たれば、台風ぶつかるただ中に、私、トークします。青田五良と台風ガチンコ。上等じゃん。やったろうじゃん。明日は5時起きと思ってたけど、4時起きに修正。

ご無理がない範囲で、ぜひお出かけください。

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」
2009年10月7日(水)〜12日(月・祝)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)於・蔦サロン(南青山) map

「青田五良著、上賀茂織之概念を読む」(吉田のレクチャー)8日(木)10:00〜11:00 参加無料、申し込み不要。当日蔦サロン内洋間にご参集下さい。ゴローとはいったい何なんだ。そこに迫りたいと思ってます。

|

今のとこそんなに降ってない。チャンス!チャンス!チャンス!
南青山、蔦サロン、神無月・手の仕事展へ、ぜひお出掛けください。

|

Tuesday, 06 October 2009

Bob

さあさ、いよいよ始まりますよー!「神無月・手の仕事展」、明日、初日です。今回は、こーんなカワイコちゃん達もお目見え、ペコリとご挨拶してお出迎えします。(がま口、コースター、巾着などなど。3点のみだけど数寄屋袋もあります。必見よ!)雨も、風も、吹き返します!ぜひ!

ご案内状には、最寄りの地下鉄の出口が「表参道駅B3出口」とありますが、「B1」出口の方が近いです。この階段上るとスパイラルの先。さっさと歩けば一分くらいで蔦サロン。そんなにぬれない。ぜひ!

それから案内状に、私の在廊日、7日が△、他は◯となってますが、明日の7日はずっといます。申し訳ないのです、9日は昼過ぎからになります。私に会いたいとおっしゃってくれる奇特な方、どうぞよろしくお願いします。
技術的な事、思ってる事、などなど何でも話しましょう。私、あんまりそういうこと、メールしたりブログに書いたりするの得意でないので、こういう機会におしゃべりできるとうれしいです。

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」
2009年10月7日(水)〜12日(月・祝)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)於・蔦サロン(南青山) map

「青田五良著、上賀茂織之概念を読む」(吉田のレクチャー)8日(木)10:00〜11:00 参加無料、申し込み不要。当日蔦サロン内洋間にご参集下さい。気合いいれて、ゴロー向き合います。

|

Ropewalking

ひぃぃぃー、やっぱ今回もギリギリだ!つな渡り、上手になります。

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」
2009年10月7日(水)〜12日(月・祝)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
於・蔦サロン(南青山) map

「青田五良著、上賀茂織之概念を読む」(吉田のレクチャー)8日(木)10:00〜11:00 参加無料、申し込み不要。当日蔦サロン内洋間にご参集下さい。ぜひ。

|

Sunday, 04 October 2009

Admire

私の青田五良への気持ちは、アドマイア(admire)がまずくるんだけど、それですませるつもりはない。まあすごいわねって言ってても仕方ないもんね。その根っこはどこなのよ。なんでそうなの。
ちょっと嫉妬もしてる。でも同業者への嫉妬って、認めてるってことだし。嫉妬したまま逃げないよ。ちゃんと向き合う。跳ね返されそうだけど。同業で、お互いアラフォー。私は今、彼は70年前。

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」
2009年10月7日(水)〜12日(月・祝)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
於・蔦サロン(南青山) map

「青田五良著、上賀茂織之概念を読む」(吉田のレクチャー)8日(木)10:00〜11:00 参加無料、申し込み不要。当日蔦サロン内洋間にご参集下さい。ぜひ。


|

Saturday, 03 October 2009

Lecture_2

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」、絶賛くらくら準備中!

8日に私、レクチャーします。タイトルは「青田五良著、上賀茂織之概念を読む」。

「青田五良は昭和の初期に活躍した染織家です。するどい美的感覚と意志と思想を持ち、それを体現した初めての染織家と言えるかもしれません。
生前は不遇でしたが、染織界に大きな一石を投げ込みました。
彼が遺した「上賀茂織之概念」という薄い本には、時代を超えた普遍の考え方や技法が詰まっています。
この本を読み解きながら、青田の美について考察してみたいと思います。」

(パンフレットより)(って私が書いたんだけど)(夜になると大声で朗読の練習してるあやしい私です)(朗読を交えながら考察して行きます。きてね!)

吉田のレクチャー。8日(木)10:00〜11:00 参加無料、申し込み不要。当日蔦サロン内洋間にご参集下さい。


「神無月・手の仕事展」
2009年10月7日(水)〜12日(月・祝)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
於・蔦サロン(南青山) map

|

Friday, 02 October 2009

Smack

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」、間近。もう出来る分量は決まっている。それをどれだけ引き上げられるか。そこんとこは粘ります。

2009年10月7日(水)〜12日(月・祝)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
於・蔦サロン(南青山) map
会場にてお待ち申し上げます。


|

Thursday, 01 October 2009

27denier

神無月・手の仕事展 作者から使い手へのメッセージ」、出品作品です。27デニールの極細絹糸、2本取り無撚りで入れてます。
今回の案内状を差し上げた方に、「ヨシダさんの色はすぐ分かる」って言ってもらってうれしかった。

2009年10月7日(水)〜12日(月・祝)10:00〜17:00(最終日は16:00まで)
於・蔦サロン(南青山) map
ぜひお出かけ下さい。

|

« September 2009 | Main | November 2009 »