« October 2009 | Main | December 2009 »

Monday, 30 November 2009

昨晩は、椅子に座ったまま、背筋をピンとのばし居眠り。テーブルに突っ伏してはいかんという潜在意識が背骨を伸ばす。って、うちの白川静の字書、私が以前につけたほっぺの脂の跡がぺったり、、、、見るたびに恥じ入る。
偉大なものって寛大だ。枕にされても知識を与え続けてくれる。

|

Sunday, 29 November 2009

今日はお客様。さりげなく美しい着物姿。もしかしたら私のところを訪ねて下さるのに、この装いを選んで下さったのかなあなどと思う。ありがたいことだ。この方の着物のチョイスと生き方はいつも目標。私といえば、気持ちだけは大ウェルカムなのだけど、何も歓待できずにあわわわ(見かけはボーーっと)してました。
視点を広げて下さり、いい着物、いい帯、作っていこー!って改めて思わせて下さる。感謝です。

|

Friday, 27 November 2009

仁平幸春氏の工房展へ。いいもの観たときの心臓のよろこびがまずくる。うわぁこれだよ。これが観たかったんだよ。
相変わらず、すごく上空で安定飛行しているようにお見受けするけど、量も質もこのレベルを維持し続けているすごさは尋常でない。
重厚な仕事がガツっとしてある帯や着物も重さがない。真空なのかな。仁平氏のテイストが軽快に効いてる半衿もあったよ!

12月1日火曜まで。美しさが生まれる現場、西早稲田の仁平氏の工房にて。

|

織り上げ、蒸し、湯通しする。今日もタンタンとノルマをこなす。もちょっと、よろこぼうか?私よ。いちいちよろこんでいられないんだけど、でも。

夕方、外に出たら、線路の向こうの広場で、夕市やってた。近隣農家から、野菜、米、花などなど。喜!嬉!毎週やってるみたい。はじめて行き合う。まだまだ新参者だ。

|

Thursday, 26 November 2009

ノルマは果たしたが爽快感はない。当たり前のことをこなしただけだから。でもさ、爽快感はあってもいいかも。こなしたんだから。
冷静に、ガツガツいきます。

|

Wednesday, 25 November 2009

充足したいい日だった。体、リセット。ストレッチして。心を鎮めるために掃除。すみずみまで。掃除はリセット。魂鎮め。よく眠れそう。明日はマシンと化して織りまくる。

|

Tuesday, 24 November 2009

夜中に染め。ジプシーキングのCD。泣けるなあ。ってホントに泣く。染めながらは染められないから、はじめのとこちょっとだけ。ベンベンマリアとか。変なヤツ。
その後集中。ありがたいことだ。いい仕事しよう。

|

Monday, 23 November 2009

はい、バックツーザ日常。糸巻き。返しを織る。迷いはつきない。どこでどう踏ん切るか。

昨日、拝見した、田村直子さんの作品。まず何よりも美しい。ただ美しい。美しさに理由なんて無いんだけれど、素材の特性を最大限に引き出しているってことにつきるのかな。それは技術と感性の両方でだ。その蓄積はすごいとしか言いようがない。

|

Saturday, 21 November 2009

私には、とても大事で、心から敬愛している人が何人かいる。生き方に悩んだ時、思い出す。その方に恥じない人間になりたいし、そういう仕事をしたい。久しぶりに会ったとき、まっすぐ目をみたい。
そのひとり、田村直子さん。個展開催中。

ギャラリーテラ。京都寺町通り。明日、22日まで。天界の、極上のウールレースとニット。

|

ドロンと京都に来ています。自然素材展にて、作るってことの真剣さとか前提とか、根底にある、自明なもの考えなおす。その壊し方も考えなおす。何度でも壊して、何度でも作る。
力強い作品、並んでます。明日、22日まで。

|

Thursday, 19 November 2009

近くのスーパーに行き、なんだか渇望にかられ、タリーズでお茶した。(実際飲んだのはコーヒーだからお茶すると言うのは変か?)お昼を作るの、どうしてもヤダ。ホットドックも食べちゃう。それでしばし、ぼーとする。
この頃ひとりで蕎麦とかお茶とかでぼーーとする。結構長時間。時間もお金も、もったいないと思うけど、どうもそれが必要になってきたようだ。

|

Tuesday, 17 November 2009

次の帯、計画。緯糸、染め。ターボまわしつつ、常に新しいチャレンジ。死守するところと、さっさと捨てるところ。
今日は丁寧に料理した。太刀魚を昨日の晩、冷蔵庫で干物にしたの。魚のアラで出汁とったスープ。ほうれん草のおひたし。夜は太刀魚の煮付け。サトイモ、きぬかつぎ。

|

Monday, 16 November 2009

織り終わった。今から機から下ろす。検反。熱処理。不織布巻き。蒸し。湯通し。伸子張り。
やるぞーー!ってここに書いて勢いつけないとできない。やるぞーーーー!(勢いついたか???書いてる暇あったらさっさとやれ。ほら、パソコン閉じて)

|

Sunday, 15 November 2009

「前帯」織り、糸を巻き、「タイコ」を染める。日常だ。もくもく。日常を大事にしよう。頭か体かハートのいずれかが、(または複数が)、常に作ってる状態に。

|

Friday, 13 November 2009

冨田潤さんの二つの個展を拝見してきた。
すごい、これが実力ってものか。確かなものがそこにあり、それに対峙する。拝見できて幸せだと思った。
帯のもつ強く静かな存在感は、タピストリーに流れるものと同じで、ああこれが冨田さんだって思った。
冨田さんは織りの世界の孤独なトップランナーだと思ってる。最新作を拝見し、織りってイケてるじゃんってうれしくなった。織りって深い。私、まだまだだ。

|

「手」を織り、「前帯」の染め。今回も、染料と顔料の合わせ技ながら、より鮮明にそれぞれのキャラを立たせる。染料は媒染を同じにして、繊維の上で色と色が出会う。
ゆだねるんだけど、その前準備をしっかりして、振り幅を小さくするのが今回の課題。押忍。

|

Wednesday, 11 November 2009

朝、雨に降られる。雨だからジーパンですそを曲げてたのに、びっしょり。何着てても同じね。
次の帯の計画。早さが大事。勢いとリズム。躍動感。
昨日、近所の農家の庭先で買ったサトイモ、食す。シンプルにゆでるだけ。なんでこんなにおいしいんでしょ。
とても充実している。とてもいい日。

|

のど風邪、はな風邪、完治せず、イソジンでうがいしまくる日々。でかいボトルがどんどん減ります。
よく効くうがいの仕方というのを習ったんだけど、濃いイソジン液でのど深く何度かうがいして、それきり終わりなんだって。最後は水でっての無し。口腔にイソジンの膜が残るのがいいらしい。
で、せっせとやってんだけど、今日、鏡みて、ガックシ。歯がうっすらイソジン色。凹む。
早く治して、ホワイトニングにいそしみます。

|

Tuesday, 10 November 2009

ひとつ終わり、蒸し、湯通し、伸子張り。ふむ。下ろしてみないと何とも言えないけど、いいのではないか?少なくても、ラインには乗せたんではないか?
今回は顔料と染料の併用。そこがどう出るか未知数だったけど、ねらいは届いた。倍増できたかどうかは今後の課題だ。

|

Sunday, 08 November 2009

名古屋のお土産だと、「世界の山ちゃん」をもらった。(手羽先唐揚げのB級グルメね)箱を開けた瞬間、迫力の茶色。お、お、おいしそうだが、こりゃー緑が必要だわ。早速スーパーでレタス、クレソン、グリーンカール、彩りトマト。
山盛り山ちゃん、山盛りグリーンサラダ。栓が空いてた白ワイン、冷蔵庫に入れっぱなしのクリームチーズ、クルミの入ったバゲット。
すっごく豊かな気持ちになった今夜の夕食。ありがとう。

|

Saturday, 07 November 2009

帯、タイコ。ちょっとストーリーがありすぎるのではないか?ポエティックに走りたくはない。押さえることが大事だ。大胆さと小心さ。それを感覚でコントロールする。

のどが痛いよ。鼻水もでる。えーん。

|

Friday, 06 November 2009

一日せっせとすり込みと織り。まあ普通の日ってことだ。こういう日の積み重ねだ。
あ!特筆すべきことあった!お昼に岩手県宮古産のムール貝たべた!ワインがなかったから酒蒸しにした。うますぎて絶句。一挙に幸せ度アップ。

|

Wednesday, 04 November 2009

今、電車に乗ってる。帯の(煮詰まった、笑)下図やコンセプトや試織を見てるんだけど、あらまあ案外やさしいわ。冷たい厳しい突き放した感じをイメージしてたんだけど。
外で見るのはいいことだ。絹糸の素朴さがよく見える。染料のけなげさを改めて。素材を開花させる従順たる、純朴たる、ひれ伏すような手、技術、できているのか?問いは厳しく。

|

Tuesday, 03 November 2009

新しい帯に掛かってる。今日、明日が一番苦しむとき。精一杯苦しんで、生み出そう。

何を作りたいのか。その方向性。落ち着いた、鈍い銀色。色数を押さえる。そこに存在するものを引き出す。

|

Sunday, 01 November 2009

Kyoto

京都の一衣舎展、大好評ですって!さすが!私のジェリービーンもとてもすてきな方とご縁が結ばれたとのこと。ありがとうございます。
正統派きもののメッカ、京都室町で、ふだん着物の一衣舎展。ものすごくチャレンジング。着物って何だってことの切り口を変える。ドキドキする。一衣舎京都展はあさって3日まで!

Tumor

私の腫瘍さわぎ、ご心配いただいてしまって、申し訳ありません。鈍い痛みが続いてましたが、真っ黒な血が出まして、それを境にすっかりよくなりました。やっぱ出すもん出すと改善しますね。ヨシダ、絶好調!(←調子にのるな!)(←年齢アップにともなう自分の管理ができてなかったって根本問題、よく分かってます。反省してます。)
自分をよく観てコントロールして、いい作品を作り続けること、精進して参りますので、どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。

|

« October 2009 | Main | December 2009 »