« January 2010 | Main | March 2010 »

Saturday, 27 February 2010

「備中漆掻き」によると、漆の木の近くには、ヌルデの木がよく生えているとのこと。ヌルデの木は材としては役立たずだが、漆を掻く時の足場としては、打って付けであるとのこと。
ヌルデと言えば、そう、五倍子(ごばいし)。染料の元の虫が付く木です。
昔は取ってきてムシロで乾燥させて換金したそう。
これまた本によると、漆の木の害虫は、「つんつくろう」、学名「クスサン」。おお、モロに野性の蚕。漆や栗の葉を食い荒らす害虫だそう。
筆者の丹下氏が子供のころは、このつんつくろうが、糸を吐き繭を作る直前に取ってきて、腹の中からそうめんの様な糸を引っ張り出し、酢につけ、両端を持って引き伸ばし、鮎釣り用のテグスにしたそう。
へーへーへー。おもしろ〜〜。ますます萌える私です。

|

ブックオフをうろついていたら、地味な薄い本、ピカっと目に入ってきた。「備中漆掻き」。迷わず購入。著者は丹下民雄さん。漆掻き、その人です。その人が、漆掻きについて、くまなく正面から丁寧に書いてらっしゃいます。道具のこと、入手先、改善法、自分で作るもの、手入れ法、仕事の手順、段取り、木を見る、森を見る、天候、時期、、、、読んでいたら燃えた。いえ、萌えたと書くのか、今は。モエモエ〜〜。写真、図解、的確で飾らない文章。身もだえする、モエモエ〜〜〜。

|

Thursday, 25 February 2010

昨日と今日で、合計8回は洗濯機をまわした。いや、9回か?絶賛リセット中です。美容院にも病院にも、野菜なんかの買い物もした。いつもの豆腐屋さんでいつもの国産大豆の豆腐を買ったら、今日のは特別、地元大和産の大豆だって。夜は冷や奴と湯豆腐、両方。豆腐のおいしさがしみいる。

|

Wednesday, 24 February 2010

春の青空に白い月。その向こう、高い高いところを旅客機が飛ぶ。空にただようクラゲみたいだって思った。


って書いたんだけど、クラゲで変換したら「海月」って。なるほどね。
でも今日は「空月」もクラゲと読みたい、春の午後。


空月でググったら、「初空月(はつそらづき)」って言葉があって、陰暦正月の異称とな!まさに今じゃん!おお!

|

Tuesday, 23 February 2010

ここんとこ、なんだか、すごくすごくすごく忙しい。でも、すべきことはやっている。そこに自信をもてよ<自分。やってるよ。甘えてないよ。少しは認めてやれ。

|

Sunday, 21 February 2010

着物の仕事で生き残るには、ベンチャーの起業家であらねばってことだ。つくり手であってもそれは同じだ。
リスクは当たり前、切り込む。波に乗り続ける。決してこけてはならぬ。

|

着物の仕事で飯が食えるか!?」シンポジウムに参加してきた。異次元業界からの参加者も多く盛り上がる。それぞれのアツイ思い、それぞれの行動。面白い。懇親会なんて特に深呼吸できるような風通しのよさだった。窓を開けて下さったawaiさんにサンキュー&リスペクト。
結局は自分次第。これで食ってくって決めちゃって、あとはよく観て行動を積み重ねることだって思う。

|

Saturday, 20 February 2010

ひぃーー!書いていただいてるっ。ひぃーーー。
そう、作っているものは、まさに早春のミューズ。そのつもりでやってる。が、日々取り組んでいる私は、地べたをのたうち回り、もんどりうって七転八倒。ボロボロでヘトヘト。先の先の先のずっと先にある光に向かって暗闇を一歩ずつ歩く。

写っているのは、袖と下前部分。今、衿衽(えりおくみ)やってまーす。

|

Friday, 19 February 2010

西荻には着物で行った。しょうちゃん帽、まぶかにかぶって。道中着にしょうちゃん帽。ショールぐるぐる。腕にはビビッドオレンジの腕カバー。プラス手袋。変だったかな。だって寒かったんだもーん。

|

Thursday, 18 February 2010

のらぼう」、行ってきた。旧知の方と初対面の方と3人で。私、おじゃまじゃないかしらって思ってたけど、めちゃくちゃおいしく楽しく、サイコー!
目の前で丁寧に的確にテキパキと料理される。下処理がまたきれいにされてる。それに見惚れながらカウンターでの話題は古今東西あっちこっち。光悦やらクリシュナムルティやらタリバンやらハイチやら信仰やら株価やら税金やら。運ばれてくる。盛られた器が美しいこと。お酒、またうまし。3人で八合。ちと多いよね。
生きてる世界違うかって思ってたけど、一緒ね。分かち合える。

|

Wednesday, 17 February 2010

一日中ラジオをつけている。NHKの第二放送がおきにいり。ときどき素敵な言葉を拾う。それをきっかけに懐かしい文庫本をもう一度めくる。
御袖(みそで)、御裾(みすそ)、御衣(みけし)、恋衣(こいごろも)。

|

Tuesday, 16 February 2010

アイ・アム・マイ・オウン・ワイフ」、観てきた。劇場のホールに入ったとたん、舞台のしつらいに引き込まれる。時代設定、社会情勢、想像でワクワク。開幕したとたん、しいたげられた時代、東ドイツ、ホモセクシュアルの社会にキューと引き込まれる。役者の声に、動きに、表情に、演出に、衣装に吸い込まれる。人間の可能性、すごいや。複雑な生き物だなあと思った。

|

Monday, 15 February 2010

私は自分のこと、愛情表現がとても苦手な人間だと思ってたけど、着物を織ることが愛だとすれば、そんなことないのかもなんてふと思った。

|

Sunday, 14 February 2010

今取り組んでいる着物が佳境を迎える。明日、最高の仕事をするために、道具のメンテ、自分のメンテ。心も体も。糸を巻く。道具の配置。仕事場をその状態に。出来ることはすべてやる。いつも。

|

Saturday, 13 February 2010

雨になったり、みぞれになったり。紅梅のビビッドなピンク。それを守るような笹竹。

|

Friday, 12 February 2010

頭の中の「????」をひとつひとつ粘り強く解いていくのが仕事ってやつだなって思う。「?」はひとつ解けたと思えば、ドドドドドーって追加されるのだけど。それが怖いし途方に暮れる。やり続けるけどさ。

|

Thursday, 11 February 2010

フラジャイルを恐れない。違うと思えばちゅうちょなく壊す。作りなおす。もの作りに必要なのは、器用さやセンスよりも、粘り強さだってひしひし思う。その行程も結果もそれは愛そのものだ。そっか、愛はここにあったか。

|

Wednesday, 10 February 2010

メールのやり取りをしていて、フラジャイル、ジャイロ効果などなど単語が飛んでくる。そっか、私、ステーブルに固執してたかな。壊してもよし。作りなおせばいいんだから。

|

Tuesday, 09 February 2010

この前「アバター」を観て、そのあまりのお決まりさ加減にびっくりした。分かりやすすぎ。悪い意味でそう思ったのだけど、片や「水戸黄門」や「男はつらいよ」はそのお決まりがいいのであって。うーん、黄門様や寅さんはストーリーが分かってて、その通りになる安心感がいいのかな。アバターは分かってなくて何が起こるかって思ってたら予定通りの勧善懲悪。エンターテイメントの難しさよ。

|

Monday, 08 February 2010

気分転換にトイレの本棚スペースを改造。本棚ってたって、材木を壁にエル字でつけただけ。そこにトイレで読みたい本を置いておく。シンプルで気に入ってたけど、本の厚みによってはパタっと倒れる。それで支えになる材木をつけた。本は安定して置けるが、案の定つぎはぎで美しくない。
どどどどうしよう、、、
(お金も時間も使いたくないという本音と、やりだすときりがない性格がバトルってる)

|

Sunday, 07 February 2010

不可能ってもんは無いんだなあ。もし、その気があって、手を尽くし、策を練り、努力すれば、賭けに勝つ。勝つってより得るかな。もたらされるかな。身近な人の行動をみてて思った。カッコいいなって思った。

|

Saturday, 06 February 2010

朝10時、近くのコーナン(ホームセンターね)の屋上駐車場に上る。屋上階は閉まってたんだけど、それでも上る。目指すは西にひらける青空の向こう。丹沢の山々。真っ白な富士山。目にズンって入ってきた。

|

Friday, 05 February 2010

立春が新しいスタートだとすれば、それは毎年やってくる。何度でもはじめられる。だから壊すことを恐れない。

|

Thursday, 04 February 2010

立春!春だ!さあ、新しいはじまり。
きびきび行きまぁーす。

|

Wednesday, 03 February 2010

着物を織っている。着物を織っているときって、私が一番(唯一?)やさしくなれるときだ。慎重に、丁寧に、わずかな違いに敏感に。気持ちを正して、重心を落として、向かい合う。重心を落としきるまでの苦しみ、のたうち回り、荒れ乱れる感じ、それらは過ぎ去る。

|

Tuesday, 02 February 2010

雪が降るとついついワクワクする九州生まれの私。でもさ、外は水の結晶に埋め尽くされてるのに、部屋の湿度が高くないのはどうして?40〜50%。普通じゃん?普通以下かも。
雨の次の日も早くもカラカラ、乾燥注意報になったりするけど、解せん。前日、水いっぱいあったじゃん。どこに行っちゃったの???っていっつも思う。
(って小学生みたいなお悩み。昔もっと勉強すればよかったよ)

|

Monday, 01 February 2010

最近よく歩く。足元がお気に入りのおニューだということもあり。歩いて忘れたいこと。歩いて思いたいこと。ここに住んで7ヶ月。まだまだ知らない道がある。

|

« January 2010 | Main | March 2010 »