« March 2011 | Main | May 2011 »

Friday, 29 April 2011

Haruten

一衣舎春展、最終日でした。楽しかった!沢山の方にお会いでき、にぎにぎしく!!!一衣舎展は、お客様と一衣舎さんのみなさんが、和やかなのがいいねー。今日はフォトグラファーの方におつきあいいただきたくさん写真とっていただきました!少しずついただいたデータから載せていきますね。一衣舎展の風情を感じていただければ幸いです。

|

Thursday, 28 April 2011

一衣舎春展、行ってきました!爽やかな空の下、(私にとっては)フルおめかしで足取り軽く。
今日は宮城県七ヶ浜から、呉服屋さんの稲妻さんがお見えでした。何年ぶりの再会でしょう。すがすがしい表情をされてて、大変なことになっていることなど、感じさせません。本当に腹を据えて立ち向かわれてると、こういうお顔になるのかしらん。
ちょうど染色家の仁平幸春さんもお見えでした。仁平さんこそ、私と稲妻さんを引き合わせて下さった方です。大昔、染織で生きてくって勢いだけで勤めを辞めて、オロオロしてたとき、仁平さんが、ハートとレンズの磨き方も、知恵も知識も人脈も、何でも降り注ぐように教えて下さいました。久しぶりにお会いできて、とてもうれしかったです。

一衣舎展は明日の4時まで!一衣舎春展
会場 妙壽寺

私は明日も昼過ぎ行くよ!きてね!!!

|

一衣舎展に行ったよってメールを3通いただいた。私の織ったのを見ての感想とか、全体の印象とか、行き帰りのことなども。うれしいなー。新しいチャレンジに着目してもらったりして、小躍りして喜んでます。会場に思いを馳せながらも、目の前の仕事に集中。牛歩ながらも着実にすすめる。
明日(到着目標2時半)とあさって(到着目標1時半)は行きますよ!

一衣舎春展 4月26日(火)〜29日(金) 11:00〜18:00(最終日は16:00) 会場 妙壽寺

妙壽寺へは、京王線「千歳烏山」からバスが常道のようですが、井の頭線「久我山」からも歩けます。その場合は地図をしっかりめで参照されることおすすめします。お寺の境内は広ーいですから、中で迷子にならないでね。山門入って、すぐ右手の大きい建物の2階が会場です。お庭のつつじが見ごろじゃないかな。楽しみ。


|

Wednesday, 27 April 2011

Charming_blue

一衣舎春展、はじまりました!
この着物、出してます。「チャーミング・ブルー」と申します。
今日、お運びいただいた方から、「ブルーの着尺がチャーミングだと思ったら、その名もチャーミング・ブルーでした。」ってメールいただき、やった!やった!伝わったとガッツポーズ。きれいな色がヨシダの真骨頂とも書いていただき、ずっと見ていて下さることじんわりうれしく、織り続ける勇気いただく。

一衣舎春展 4月26日(火)〜29日(金) 11:00〜18:00(最終日は16:00) 会場 妙壽寺

私は、28日の午後(どちらかというと遅めの午後)と29日の午後(どちらかというと早めの午後)会場にいます。ぜひ!

|

Monday, 25 April 2011

Persimon

一衣舎春展、さあいよいよ明日開幕です!面白そう!ザクザク宝探しですね。春の一日、楽しんでいただけますよう。

写真は九寸帯、仕上げ中。このシリーズ、出品してます。ぜひ!

一衣舎春展 4月26日(火)〜29日(金) 11:00〜18:00(最終日は16:00) 会場 妙壽寺

|

Sunday, 24 April 2011

この前の選挙の日は染井吉野が満開で、今日の選挙は八重桜が満開。花の季節、出歩きたくなる。

ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー、見てきた。何だかいっぺんに好きになっちゃった。写真って言うのは、構築する芸術なのだなーと思った。シャッターを切ることは、作ることのはじまりなのかな。今のアートはみんなそうかな。織るだけじゃダメ。構築しなきゃね。

|

Saturday, 23 April 2011

今年の一衣舎春展、「がんばろう、ニッポン!がんばろう、東北!」の気持ちが強くこめられています。宮城県七ヶ浜町の呉服店の「いなづま」さんが、特別参加されます。
稲妻呉服店のお店は、仙台からぐっと海より。今回の津波をどうにか免れましたが、再開の目処はたっていないそうです。(ご自宅はのまれてしまったと、、、)
その稲妻さんが今まで愛情を持って集めてこられた商品が、今回、一衣舎春展に並びます。

稲妻さんは、私の作品をはじめて買って下さった呉服屋さんです。独立当初のことで、プロの方に選んでいただけるんだってビックリしました。その後、帯の別注を何本も下さいました。チャレンジングな着物も買って下さいました。作ったものを売って生きるって基本の基本、稲妻さんがスタート地点です。

一衣舎春展 4月26日(火)〜29日(金) 11:00〜18:00(最終日は16:00) 会場 妙壽寺

|

Friday, 22 April 2011

さあいよいよ、来週の火曜日から、一衣舎春展がはじまります。今年も例年どおり面白そうです。例年どおり、楽しみましょう!

今年の春展には特に、一衣舎の木村さんの深いお考えやお気持ちが、こめられています。
それぞれにつのる思いは持ちつつも、出品者は自分の制作と精一杯向き合い、お客様はそれを享受され楽しまれたら、と思います。

ぜひお運びください。会場のお寺はつつじが圧巻!見ごろを迎えていると思います。きれいな花を見て、手の仕事の結晶を見て、いい一日を過ごしてください。

私も着物や帯も出させていただいてます!ぜひ見てね!

一衣舎春展 4月26日(火)〜29日(金) 11:00〜18:00(最終日は16:00) 会場 妙壽寺

|

Thursday, 21 April 2011

今、取り組んでいる着物、計画当初は水をたたえるイメージだった。こんこんと湧くような、、、または地下水脈がどこまでもつながるような、、、透明な南の海、、、、
でも、どうしてもまとまらなくて苦しんでいるとき、注文くださってる方とのやり取りで、敦煌の莫高窟の壁画のことを教えてもらった。画像を探すと、それはとても美しく、表情豊かで、素朴で愛らしく、また凛とした気高さもすばらしく、素直に私の中に入ってきた。
中国の広大な砂漠の中だし、水とは違うなあと思ったが、砂漠の中にこそ、オアシスという最高に美しい水があると気づいた。イメージがつながったと分かった。

「これです。きれいでしょ」

|

Wednesday, 20 April 2011

昨日、一緒に肉食した友からやさしいメール。なんだか、私、こんなに心を配っていただいていて、いいのでしょうか。じんわりうれしいです。
読書しました。友人のお父上の本、譲っていただいていたのです。希少で貴重で高価な本。それを父上みずから労力かけて、コピーとったもの。もう充分勉強したから譲るって。じんわりうれしい。いろいろ詰まっている本。
ずっと取り組んできたお着物、やっとやっと全ての準備が整いました。震災後、ずっと向き合ってました。このお着物のおかげで、私は心を強くしていられたと思う。さあ、新しいスタートだ!

|

Tuesday, 19 April 2011

昨夜はモリモリ焼き肉でした。よくしゃべった。楽しかった。お酒も飲んで、すっかりリフレッシュです。
曇りで見えなかったけど満月の晩で、葉桜きれいで、外食するのにバッチリだと思ったけど、とてもおいしい焼き肉屋さん、案外すいてた。ご一緒したすてき女子は、よく生きるってこと実践してて、いいなー。私もよく生きよう。

|

Sunday, 17 April 2011

染織家の濱野太郎さんが、今、ぬぬぬパナパナのリレー日記を担当していらっしゃるのだけど、それがものすごく面白い。分かりやすいし、毎回ぐいぐい引き込まれて読んでいる。本質をついていると引き込まれるってことなのかな。文章でも織物でも。すごいな。

|

Thursday, 14 April 2011

白金アートコンプレックスのシャッフル展を見に、白金高輪へ。ものすごっく面白かった。現代美術と古美術が一緒に展示してあるのが新鮮で、それぞれに凛と気高く、美しかった。好みで言えば、古美術なのだけど、現代美術も迫力ある。好きだ。

*ものすごーく分かりづらい場所でした。グーグルマップのプリントアウトもって行ったけど、あえなく撃沈。タクシーのお世話に。行かれる方、ご注意ください。

|

Wednesday, 13 April 2011

311の数日後、こういう時は手元に現金だと思って、少しお金を下ろした。買いだめの人たちが長い列を作っていた頃。ATMはちっとも混んでなかった。
そのエキストラなお金、少しばかりの義援金とお見舞いに使ったきり、減らなかった。そうか、表面は、何も変わった訳じゃないんだなって、お金の動向を見て思ってた。
そしたら、昨日今日と緊急支出お金でまくり。すっからかん。
落ち込んでたら、ポストに電気使用料のお知らせが入ってて、気をつけてるわりに電気代の落ちが少ないのに、また落ち込む。


|

Tuesday, 12 April 2011

一ヶ月、自分を省みる日々だったなあと思う。いまだグラグラ。うちからも外からもグラグラである。グラグラながらもしっかり生きよう。心を強く、優しくあろう。

|

Monday, 11 April 2011

私の投票所は、近くの元小学校だったのか、「地域センター」と名付けられているところ。学校のつねで、桜の並木。満開の桜。桜吹雪に目を奪われながら元校舎内へ。
知事選、サクラ、咲かなかったなあ。私の県も、お隣さんも。

|

Sunday, 10 April 2011

夜中に散歩。満開の桜をさがして。ちょっと裏道に入ると、節電のためか街灯が消えてて、暗くて見つからない。ふと足元を見ると、無数の花びら。視線をあげると、暗さの中にぼーっと白く浮かんでいた。

|

Friday, 08 April 2011

本日の朝食は、炊きたて玄米ご飯と具沢山お味噌汁とスペシャル高菜漬け。うふふー。高菜漬けは郷愁の味。大昔の同級生が送ってくれた。素直なお味なのよねー。生きてることを素直に喜ぶ味。
いい一日の、いい一年の、はじまりです。ありがとう!今日は誕生日。(ってだから送ってくれた訳ではない。たまたま。私にとってはスペシャルでした。ありがとう。)

|

Wednesday, 06 April 2011

阪神大震災から16年ってことは、私が着物を織ることを始めてから16年ってことだ。1月が震災で、退社が6月だったかな。それから大分県の日田市で着物を習った。あの大震災が直接の原因じゃないけど、自分はどうありたいのか、考え直すきっかけではあったと思う。
着物をはじめて、まだたった16年なのか。ひよっこだなあ。原点にいつもいよう。

|

本日は夕方から出かけました。なんか不思議な感じのいい夜でした。すっごく自由かつすっごく完成度高い作品拝見。(完成度の高い作品って、不思議さを含むような感じする。有機体な感じ。)
その後のお食事もよかったよ。ウイグル料理、初めて食べた。店の感じも日本じゃないな。異国を旅しているようだ。

はやしのりこ展「FACE BAG」ギャルリーワッツ  4月9日まで

|

Monday, 04 April 2011

石垣島からハガキが届いた。染織家の津田明子さんの展覧会の案内状です。写真の赤いショールに見入る。力がある。糸も染料も津田スペシャルなんだろう。津田さんの布って人に寄り添うって思うのよね。たんたんとしてて深くてゆたか。那覇か、、、行きたいなあ。今こそ津田明子さんの布って思う。

石垣島より「津田明子」布展 4月14日(木)〜17(日) GRAB DOMINGO (那覇市壺屋)にて

|

Sunday, 03 April 2011

16年の前の阪神大震災のとき、私は大阪の豊中に住んでいた。衝撃は身近だった。近かったし、神戸に友人知人もたくさん住んでた。携帯電話がないころで、友人たちの安否は確かめようがなかった。それで、私は自転車をこいで神戸に何度か行った。電車が通っていた西宮までは何度も行った。
今、思えば、それがよかったか、悪かったか。食べ物や飲料水や水のいらないシャンプーなどをつんで長い道のり、自転車をこいだ。夜にくたくたで豊中まで帰ると、同世代の若者が車にスキー板をつんでいるところに出くわした。なんだかなあと思ったが、今思えば、私のしていることは自己満足で、彼らの方が健全なる経済活動ってことだったかなあ。
まあ、ひとつだけ思うのは、私が訪ねたご夫婦(高齢のお母様、障害のある息子さんと同居)を喜ばせることは出来たよねってこと。必需品もさることながら、知ってる顔がニコニコと現れるってのは、きっといいと思う。あなたを思ってますって伝えることか。

|

Saturday, 02 April 2011

Ganbarimasyou

昨日、宮城県の海側にお住まいの、お世話になっている方に電話した。一番大変な時は電話しちゃいけないってこともあり、もう何年もご無沙汰ってこともあり、今までずっと電話、ためらってた。お声聞けて、心底ほっとした。うれしいってこういうことか。こっちが元気もらった。ありがとうございます。
早速、宅急便を出したら、今日、受け取ったって電話いただく。被災地ってすぐそこだ。出す時に遅配の可能性あると言われたけど、やるな、クロネコ。自分の仕事をしっかりするってこういうことか。

|

Friday, 01 April 2011

Kusaya

今日、近所なんだけどいつもは行かない住宅街を歩いていたら、ぷーーんと漂うある匂い。うっわー、これはクサヤだー。なんでここでー!ななんとお寿司屋さんだ。トロ箱、転がってる。外で洗ったのかしらん?人間生きてりゃ、いろいろあるね。住宅街で大量のクサヤなんて人生初体験。八丈島でいただいたのは最高においしかった。思い出すわん。

|

« March 2011 | Main | May 2011 »