« オアシス 1 | Main | 2年 »

Friday, 20 May 2011

Oasis2
いただいたメールの一部転載です。


from: ◯◯
date: 18, May, 2011
to: Mihoko Yoshida
title: 涙が出ました


吉田美保子さま。

こんばんは。
先ほど着物が届きました。
余りに美しい織物に涙が出ました。

川平湾の水の青、敦煌壁画の天女の青などと想像のおもむくままに
注文したのですが、実際にどのようなきものになりえるのか、
全く想像できなかったのです。
羽織った瞬間、水の匂いがしました。
ほんとうに水の織物でした。

試し織をして下さった時から、どう転んでも素敵な着物になる!
と吉田さんを完全に信頼するようになっていましたが、
本当に素敵な織物にして下さいました。
全体としては水なのに、どこか敦煌の砂漠の土の気配もするのです。

羽織ってみると、青なのに暖かく、
顔映りが非常によく、私をきれいに見せてくれ、
かつ暖かい何かに包まれたような感じがとてもします。
吉田さんが私の為に心血を注いで織って下さった、その思いに包まれるのですね。
自分だけの為に織られた着物、誂えの醍醐味ですね。

よく見ると随所に心配りが感じられ、楽しい秘密がいっぱい詰まっていますね。
また糸ががとても上質で細くて光っていて、普通の紬の概念が当てはまりません。

前身頃の柄もピンクがかわいく、青は川平湾の水のように深く、
位置がちょうどいいので、背が高く、細く見せてくれました。

やっぱりカジュアルよりコンサバに作っていただいて成功だったと感じています。
観劇でも結婚式でも踊りでもいける、包容力のある着物ですね。
9月末に◯の会があるので、絶対着ようと思います。

お値段なのですが、とても面倒な柄付けをして下さったのに…。
これでよろしいでしょうか。
豪華な訪問着にしていただいてしまったのに。

長くなりましたが、本当に嬉しかったのです。有難うございました。
この着物に見合う人にならなあかんね〜!

いつか着物を着て会いに行きますね!
                     

感謝とともに。 

|

« オアシス 1 | Main | 2年 »