« September 2011 | Main | November 2011 »

Monday, 31 October 2011

昨日の芝崎重一さんの講演「上州の太織ー糸の話」で、心に残った話しいくつか書かせていただいとこう。
40代のころ、織物やめてしまおうかって思われたって。問屋さんから返品くらったりして。そういう中で、試行錯誤の末、今の方法に行き着かれたと。
座繰り糸は毛羽が立って織り難い。それをおさえるための糊付の工夫。目から鱗。
植物染料で不純物のない澄んだ色を出し、その織物は光が多重に乱反射する。成功に導く力を感じたなー。
座繰り糸をひくとき、繭を煮る鍋に、屑繭や玉繭をひとついれてわざとひきにくくし、ゆっくりとるってのもうなづけた。太織といっても昔と違って、今の着物はフォーマル要素が強いから繭も本繭を使ってきれいな糸をつくるけど、それじゃ、手が早くなり過ぎて、糸に含まれる空気が減ってしまうと。なるほどーーー。
いい布には理由がある。芝崎さんはそれをひとつひとつやってこられた方なのだな。それがどんなにすごいかってことだけは分かる。

|

Sunday, 30 October 2011

高崎染料植物園、「伊勢崎の太織」展、行って来ました!って、まだ高崎駅にいるんだけど。(峠の釜飯、食べてます)
芝崎重一さんの講演、お聴きできて、とてもよかった。まず何と言っても、どういう織り物が作りたいかが明確で、それを実現するにはどうするかってことに対するあらゆる努力、膨大な手間。すごい。芝崎さんの言葉、「繭の力を糸に伝え、糸の力を布に伝える。」心に残る。

|

高崎の染料植物園に向かっています。太織りの展示を見に行きます。芝崎重一さんの講演が楽しみです。
旅のお供は、最近ネットで買った古い本「メキシコの染織」(石崎忠司著,徳間書店)。最近とみに、織りはソウルだって思います。ソウルフルであろう。ソウルで織ろう。

|

Friday, 28 October 2011

今織っている着尺は、基本的に、経も緯も2種類の糸を不規則に配置して織っている。(スパイスとして使う差し糸、数種あり)いろいろあって、選びに選んだ糸。この組み合わせが最高なんだって思いながら織っている。が、もちろん、そんなことは分からない。気持ちは最高だけど。最高にするんだ。

|

Wednesday, 26 October 2011

春にお納めした着物が仕立て上がったとメールいただく。仕立て屋さんから届いてすぐに着てみて、夜なのに写メ撮って、すぐに送ってくださった。うれしくてニマニマしながら何回もみてしまう。なによりうれしいのは、この方がこの着物に包まれて、明るくはつらつとしていらっしゃること。お顔うつりがとてもいいこと。よかった!報われたっ。ありがとうございました!!!

|

Tuesday, 25 October 2011

今日、機織りをしていて、一本一本の糸がはっきり見えた。一本一本の糸がきちっとそこに配置され、役割をになってる。そんなの当たり前だけど、概念じゃなくて事実だった。その一本の経糸にその一本の緯糸が出会い、生命が吹き込まれた。

|

Saturday, 22 October 2011

型絵染め作家の、釜我敏子さんのギャラリートークをお聞きしに、銀座もとじさんに行ってきました。会場に早めについて、じっくり拝見。軽やかな動きの中に植物の生命感が光るすがすがしい作品たち、、、白場が決まってるなー。さすが。
時間になり、釜我さんが自作のお着物をお召しで登場されたとき、匂いたつように美しい方だと思った。気品高く、柔らかく、着物と人の相乗効果だな。トークも終始穏やかだったが、技法の話しになると、グッと厳しい表情になる。デザインするときは墨を使って、モノクロでしっかり型をつくるそうだ。型絵染めの真髄を聞いたと思った。

釜我敏子展は、明日まで、銀座もとじさんにて。

|

Friday, 21 October 2011

携帯電話の着信がなって、誰?ってみたら、父の名前。それも家の固定電話でなく、彼の携帯。ドびっくり!はじめてだ!
父はずっと携帯不携帯族だったが、この5月の妹の結婚式で新郎新婦にプレゼントされ、晴れて携帯を持つようになった。もう一人の妹に電話もメールも設定してもらい、使い方を習ったようだった。が、鳴かず飛ばず(?)。それくらいでこっちの仲間になるようなタイプではないのだ。私も、母に用事のときも携帯メールをCcにして、父にもおくったりしたが、、、、、
どういう風の吹き回しか、突然に携帯から携帯に電話。いいんでないの。じわっとテリトリーを広げている。

|

Thursday, 20 October 2011

経糸も緯糸も準備をし尽くした。し尽くすまでやったって自負はある。これを自己満足にしない。いい布にすること。着る人を心から幸せにする布にすること。江戸時代と違う、昭和とも違う、現代の幸せを実現する布にすること。

|

Wednesday, 19 October 2011

「雪の中のきれ」読了。さわやかな本でした。雪に埋もれ、織物をするしか生きる道がないってのが現実で、とても厳しいのだけど、それをアッパレとさわやかにタンタンとやってたある時代の雪国の人たち。すがすがしいです。戦中からはなかなかそうとも言いきれないのだけどね。それもまた現実。

郷土民謡が載ってた。いいわ〜〜。書き写させていただきますね。「小千谷縮布史」からの抜粋とのこと。

第一節 機拵え

さて某者  中将姫の  まんだらは
蓮の糸にて 織りたまふ 越後縮と
申するは  唐から渡りし 唐麻を
誰が云うたか 苧と名をつけ 爪でございて
捻りでとめて 雪にさらして 経緯見分け
手繰り返しや 繰り返し   これより機の
小こしらえ  機織道具のかず多し
あらあら申し 上げましやう 布巻き真巻き
ししら板   中槌小槌   杼筬ふくべ
つむや手代で 撚る糸は   音つんつんと
松虫の    こがるる声に さも似たり
親あやらきに 綜杼竹   まねきくつびき
木管箱鋏   しんし十六 織る音は
てんころりんの 織り拍子 山鳥声に
似たりけり   春苧如月 雛月卯月
山が笑へば   簾が揚る 機の市日は
団子の節句   京大阪や
江戸長崎まで  諸国商人  これを待ち
五月の菖蒲   かたひらと いと生命を
うたはれたり


北越織物史「雪の中のきれ」石崎忠司著 昭和41年発行 文化服装学院出版局
引用部分は134〜135ページ

|

Tuesday, 18 October 2011

「雪の中のきれ」(石崎忠司著)という本を読んでいる。昭和41年発行の古い本。雪国新潟の中でも名だたる豪雪地帯の北越の織物を巡る風土記。雪に埋もれるこの地帯の開けざる時代。生きるだけで精一杯の中から織物が生まれ育つ。丁寧で愛あふれる文章。ぐいぐい引き込まれる。すーっと入ってくる。

千年変わらず織られた麻布の行程が分かりやすく書かれていて面白かった。
秋の彼岸をすぎる頃に、青苧を刈り取る、皮をはぐ、苧績(おうみ)の作業。撚りをかけ「つむ」に巻く。綛にする。この頃にはもう2月。綛のままで雪ざらし。染めるものは紺屋にだす。そしてやっと経台へかける。それからようやく居ざり機にかける。
そしていよいよ織るのだけど、織り手はまず髪を洗ったのだって。これは髪の油が布につかないように。そして近所の仲間を招いて、豆を煎ってそれを食べながら前祝いをしたそう。さらに、桜やつつじなどの枝を織り機に飾って機の神様をなぐさめたそう。そしてわらじをひとつ付けたのだって。これはネズミよけのおまじない。

彼女たちの気持ち、わかる。

|

Monday, 17 October 2011

前々から一度伺いたいと思っていた、ミナペルホネンのショップに行ってきた。面白かった!入ったとたんノックアウトされた。すみずみまでみなぎってる感じした。愛らしいのだ、何もかも。小さなとこから、たたずまいまで。人を幸せにする加減が半端ない。すごいなあ。愛だなあ。愛を創り出してる。

|

Saturday, 15 October 2011

工房からの風」に行ってきました。出品作品、いいのザクザクだったのになあ。天気がかえすがえすも残念でした。
織りの作家さんたち、すばらしかったです!宝物にするような作品が、そぼふる雨の中、ビニールテントでじっとしてると、ちょっと場違いな感じした。もっともっと光りを!さわやかな風を!
明日はきっといい風。

|

Thursday, 13 October 2011

宵の口に東の低い空に、おっきな満月。橙色で落っこちてきそうにでかい。夜も更けてくると、天に昇り、きゅっと締まった感じで光る。

|

Tuesday, 11 October 2011

明日から、一衣舎さんの、東京秋展です。今回は代官山、ヒルサイドテラス。現代的でおしゃれな町に、着物が自然に溶け込むっていいね。秋だ、着物を着よう!
今回のDM、私の帯、使っていただいてます。こちらの左側。スクエアがかわいいよ。ピンクが効いてる。ぜひ実物を会場でご覧ください。

一衣舎秋展 10月12日(水)〜15(土) 11:00〜20:00(最終日は18:00まで) ヒルサイドテラスE棟ロビーにて

|

Monday, 10 October 2011

いいオーディオでCDを聴く機会があった。アンプが真空管のやつ。これがものすっごかった。オーディオがいいとこんなに違うのか。今までとは別物。聴いたのは、ブリュッヘン指揮、ベートーヴェン 交響曲第9番、合唱。ブリュッヘン、はじめて聴いたよってくらい違った。
ベートヴェンの越えてる加減は半端ない、ブリュッヘンはこんなに繊細だったのか、オーディオ機器を作った人たちの技術、美意識、プライド。すごいー。
人間はすごいぞ。すごい、すごい。現代人、続かなきゃです。

|

Sunday, 09 October 2011

銀座のあとは南青山。根津美術館へ。「春日の風景」展が初日でした。めったに出ないという曼荼羅、絵巻物みてきました。ピカイチで好きだったのは、ガラスの燈籠。深い緑のガラスのビーズなんです。鎌倉時代だよ!美しさも技術も盛り上がってるって感じした。
それから2階のコレクション(真ん中の部屋)が圧巻でした。ななんと蜀江錦(しょっこうきん)が出てました!!!うぉー!その他にも7、8世紀の染織品が!!!染織みられるとは思ってなかったので驚喜乱舞!!!小さい端布、すっごいみなぎってる。すごい、すごい。染料の繊維への食いつきの確かさとか、織り技術もすごい。羅(ら)とか。必見(←古代織物マニアの方)。

|

Saturday, 08 October 2011

織楽浅野さんのギャラリートークに、銀座もとじさんへ行って来ました。浅野ワールドにグイグイ引き込まれ、夢中で耳を傾けました。いいものには理由があり、表面だけ見ててもだめ。ベースが大事。奥行きを観よう、創ろう。時間の太い流れを、またその瞬間を観よう。そんなことを教えていただきました。
もとじさんの展示会はひとつひとつが本当に深いです。創るってことへの畏れと覚悟が深まります。

織楽浅野展「創発」は、10日(月・祝)まで!

|

Friday, 07 October 2011

昨日から、スティーブ・ジョブズのスピーチを、繰り返し聞いている。何回も何回も繰り返してるし、日本語訳のおかげで、ながら聞きでもなんとなく分かる。
私も大学を中退したことは最良の選択だったと思ってるよ!うっわー、ジョブズと一緒!!!
Stay hungry, stay foolish ステイ ハングリー ステイ フーリッシュ。ジョブズと一緒って言えるように、ハングリーでフーリッシュであり続けよう。

|

Wednesday, 05 October 2011

昨日は、仕事が終わって疲れたからちょっと休もうかなって床の上でゴロンとなったら、そのまま5時間寝てしまった。寒いし、体も痛いし、ダメダメ。敗因はお腹がすいてなかったことだと思われる。午後6時頃、2度目のおやつを大量(!)に食べてしまった。(仕事は8時まで。)もしもお腹がすいていたら、空腹に耐えられず起きたはず。規則正しい生活は胃袋からだね。コリました。

|

Sunday, 02 October 2011

ものすっごく久しぶりに鎌倉方面に出かけた。仕事関係だったし、染めてる途中に抜けて行ったから、あっという間に帰ってきたけど、鎌倉、いいとこだー。深呼吸して胃も食道もすっきり。
お会いした方、もう13年くらいは知ってる方だけど、はじめてしっかり話したな。きれいで、たおやかで、すごみがある。仕事に発展させたいな。

|

Saturday, 01 October 2011

外に出たら、ふわっと金木犀の香りがして、ああ秋だと思う。
今日から10月っていう驚愕の事実。
今、染めているのはおいしそうなミカン色でお腹がすく。

|

« September 2011 | Main | November 2011 »