« みかん | Main | 手島絹代展「スピニング」 »

Sunday, 20 November 2011

野見山暁治展、見てきた。先日のことだけど。
よかったっす。すっごく重みを感じた。軽やかさがある重みなんだけど。画風がどんどん刷新されて行く。一作一作が真剣勝負なのね。で、そこにあるのは、やり切ったあとに残るすがすがしさと若々しさ。
90歳、現役ってのも、やっぱ注目しちゃうな。関係ないんだろうな。続けることの真の意味は、続けた人しか分からないと思う。別に画家じゃなくても。漁師でも、豆腐屋でも。いつか知りたい。

野見山暁治展は、12月25日まで、ブリヂストン美術館にて。けっこう混んでたのにびっくり。野見山ファン、多いんだ。

|

« みかん | Main | 手島絹代展「スピニング」 »