« November 2011 | Main | January 2012 »

Saturday, 31 December 2011

Oomisoka

この3月からこっち、自分の気持ちがストンと収まることなく、グラグラで、我ながら情けなく、焦燥感を抱いてた。私ってダメダメじゃんって思い知らされた。
先日、関東を6日ほど離れ、熊本に帰って、ちょっと落ち着いた。国に起きたことを受け止め、「その上で生きていく」、それぞれの立場で。
私は私の受け止め方と実践の仕方。それだ。


|

Friday, 30 December 2011

その包みは、宮城県の呉服屋さんのいなづまさんからのものだった。「きものプラス」という小冊子を同封して下さっていた。特集は「きものは甦る」。第一章は「被災地ときものーある呉服店の場合ー」。

ここに詳しく取り上げられてるのが、宮城県七ヶ浜町の稲妻呉服店だ。そこには、先の震災で被災した稲妻さんのその後の取り組みが克明に記されていた。
高台にあるお店は津波に流されることはなかったが、多くのお客様や稲妻さん自身のご自宅など、この地域の被害は計り知れない。
そんな中で、きものを愛するお客様と稲妻さんの手探りの歩みがあった。
津波で流された箪笥が潮に浸かった状態で見つかった。そのきものをなんとか生き返らせてとの依頼。その気持ちに必死に答える稲妻さん。
少し落ち着いた7月に、震災後はじめてきもので集う会も催した。その時のカラー写真も掲載されている。皆さんの晴れがましい笑顔。

いやはや、本当に励まされます。おこったことを受け止めて、自分ができることをやっていく。あきらめず、一歩一歩。すごいね。私もそうあろう。

|

Thursday, 29 December 2011

先日、熊本からこっちに戻った晩、帰り着いたのは午後7時すぎだったが、宅配便の不在通知が2通入っていた。1通はクロネコさん、一通は佐川さん。クロネコさんの分は、携帯でその旨キャッチしていたので、午後8時以降の再配達をお願い済み。佐川さんの分は、すぐに電話したが、その日の再配達分は締め切り済みだったので、翌日午前中を依頼。
次の朝、遅めの朝ごはんを準備していると、ピンポーン。佐川さんだ。「ヨシダさーん、おはようございまーす」ドアを開けるといつものお兄さん。「いやー、オレさー、昨日の晩9時ころ、この荷物持って来たんだよ。ほら、カマボコって書いてあるからさー。早く届けなきゃって思って。」「!!!」気づかなかった。お風呂入ってたかしらん???
シドモドだけど何度もお礼を言う私に、お兄さんはさわやかな笑顔を残して走り去っていった。

早速開けた、揚げカマボコの味が格段だった。佐川のお兄さんは、送ってくださった方のハートをまるごと私に届けてくれた。ハートの輝きは倍増された。

|

Monday, 26 December 2011

「熊本ゆかりの染織家展」、無事終了いたしました。お運びいただいた皆様、応援してくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。主催の和の國さん、企画立案の安達絵里子さん、お世話になりました。ありがとうございました。
この会は熊本城の下に育つ一本の木のようです。昨年土を耕して、今年は種を蒔き、ゆっくりゆっくり成長していく、、、熊本の美しさがそうして培われたように。

私にとっては、年に一度の帰省をここに合わせて、いろいろと自分を省みる絶好の機会です。私はなぜ機を織っているのか、どういう社会人でありたいのか、そのためにどう生きるのか、、、、普段はあやふやなまま目の前のことにかまけてますが、心の奥深くのこと、このときとばかりに取り出して向き合います。だいぶくもってる。磨かなきゃ。

|

Sunday, 25 December 2011

Yuri2

ハッピークリスマス!!!
「第2回 熊本ゆかりの染織家展」さあ、いよいよ残すところ一日のみになりました。
どうかどうか、お運び下さい。素朴で実直なモノ作りをみて下さい。
こういう働きかけは、分野をまたげば、きっといろんな地域から出てるんだろうと思います。
でも正直なところ、なかなか日の目をみません。時流に乗るのが下手なのかなって思います。そうだ!そうだ!と思って下さった方、熊本のど真ん中、和の國さんにお出かけください。

道なかばな私の作品を観てください、はずかしいんです、それでも観てください。
どうかよろしくお願い申し上げます。

「熊本ゆかりの染織家展」、本日午後7時までです。
ところ:きものサロン 和の國  お城の下のホテルキャッスルのすぐ裏です。ぜひぜひお運びのほど、よろしくお願い申し上げます。

写真は、拙作九寸名古屋帯、「フローティング スクエア」。お締め下さってるのは、和の國の茨木ゆりさま。


|

Saturday, 24 December 2011

Yuri

じゃーん!こちらは和の國の奥様、茨木ゆりさんです。和の國と熊本の和の文化を支えるすばらしい方です。今回の「熊本ゆかりの染織家展」でも、大変お世話になりました。
えへへ、お締めいただいてるのは拙作、九寸名古屋帯です。呉服屋さんのおかみさんにお締めいただくって緊張するけど、さすが締めこなしていただいて光栄です。ありがとうございます。

「熊本ゆかりの染織家展」さあ、いよいよ明日まで!
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國  ぜひ!

|

ありゃ?久しぶりにパソコンでブログをみたら、写真が逆立ちしてますね。失礼しました。(直し方、わからない、、)
今回、久しぶりに新幹線にも飛行機にも乗りました。飛行機で化粧室を使ったら、狭いコンパートメントで強いライトで、大きな鏡が目の前で、、、めったにみない自分の姿が目の前に。白髪が増えてて唖然としました。

「熊本ゆかりの染織家展」絶賛開催中!
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國  ぜひ!

|

Thursday, 22 December 2011

九州新幹線

なーんの写真でしょ?

じゃーん!答えは、九州新幹線です。初めて乗ったよ。とても快適だった。はやい!はやい!熊本、近くなったね。

「熊本ゆかりの染織家展」、すごく評判いいってよ。熊本外の方もぜひともお出かけください!新幹線に乗ればあっと言う間につくよ。山陽新幹線、東海道新幹線沿いの方もぜひ!和の國にて25日まで。

|

Wednesday, 21 December 2011

「熊本ゆかりの染織家展」の初日、盛況でした。楽しかった!「一年ぶりねー!」ってたくさんの方が会いに来てくださいました。直接に知ってる方も、間接に知ってる方も。地元熊本に私を見守っていてくれる方がこんなにいるんだってこと、なにより励まされます。
そんな方々の人生に寄り添うものを織りたいな。「熊本ゆかりの染織家展」は、それぞれの人生のエールの交換の場かもなって思った。

熊本ゆかりの染織家展は、25日まで。和の國さんにて。ぜひお出かけください。

|

Tuesday, 20 December 2011

昨日は田ノ浦の赤松館に行ってきました。和の國の茨木さん、茨木さんの骨董の師匠の辰巳さん、着物ライター絵里子さんとご一緒です。保存されてるかずかずの生きた宝物を目利きの皆さんと一緒に拝見できて最高でした。
赤松館のお屋敷全体が生き生き息づいてた。守ってらっしゃる当主夫妻のご尽力のすばらしさを思いました。熊本は宝物があちらこちらに何気にあるんだ。

さあ!熊本ゆかりの染織家展、幕あけです。どうかお楽しみください。私は本日一日、和の國さんにいます。25日まで。

|

Monday, 19 December 2011

Zabuton

座布団はひとつひとつ違います。裏と表が違うのもあるよ。座布団は一枚の布でつくるから(2枚をはいでつくるのでなく)、長さをはかりながら織ったり、あえてランダムにしてみたり。
和の國さんで、ためつすがめつ、ひっくり返して選んでください。

熊本ゆかりの染織家展 いよいよ、明日、初日です。
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國
明日は一日、会場にいます。来てね!


|

熊本満喫中です。昨日、空港から駆けつけた、堀絹子さんの講演会はすばらしいものでした。もの作りの本質と一体化されてるなあと感服しきりでした。熊本の美意識の高さをここに見た!
午後は熊本日日新聞の取材を受けました。たくさんしゃべり過ぎたかというほどしゃべったけど、丁寧な取材でありがたかったです。今日の夕刊に載るよ!

それから姪に会いに行きました。一ヶ月前に産まれたニュー姪です。写真400枚撮った。叔母バカ炸裂中。

|

Sunday, 18 December 2011

Zabu

今回、久しぶりに座布団つくりました。限定12個。ふっくらいい感じ。中身は綿です。ショールもあるけど、写真撮り忘れた。みにきて〜〜。

熊本ゆかりの染織家展
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國
私は初日、20日火曜日に会場にいます。

|

Brushing_brown2_2

明日(今日?)、熊本に帰ります。朝一番の飛行機。それに乗るのに3時半起き。4時50分 うちを出る。すでに目覚まし時間差で7回なるようにセットした。大丈夫か、私よ?自分を信じられないのよねー、特に起床に関しては。

|

Saturday, 17 December 2011

Brushing_brown3

これは、「ブラッシング・ブラウン」の前帯部分。伸びやかに、自由に。(何だけど、実は悩みまくりの一作)締めてカッコイイ帯だと思う。

熊本ゆかりの染織家展
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國


|

Brushing_brown

これも新作。タイトルを「Brushing Brown 」(ブラッシング・ブラウン)としました。スクラッチングスクエア(scratching squares)シリーズです。ちょっと油絵ぽくなりました。染めと織りをガンガンぶつけた一作です。

「熊本ゆかりの染織家展」でみてね。
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國
私は初日、20日火曜日に会場にいます。

|

Brushing_blue2

おお!和の國ブログが盛り上がってる!!!「熊本ゆかりの染織家展」の参加作家の紹介がはじまってます。なんと執筆は、着物ライターの安達絵里子さん。プロの目から観たプロの文章。さすがです。ぜひお読みになって、ぜひ「熊本ゆかりの染織家展」にお運び下さい。

熊本ゆかりの染織家展
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國
私は初日、20日火曜日に会場にいます。

写真は出品作「九寸名古屋帯 brushing blue ブラッシング ブルー」


|

Friday, 16 December 2011

あ
あ、もしかしてできるかも。写真添付。はじめてのiPhoneで、はじめての写真。それ、貼ってみます。

|

テスト2回目。大丈夫なのか。私よ。写真、ムリかも、、、、(今どき、携帯から写真アップできない人なんかいるのか、私以外に、、、、、)

|

Brushing_blue

ほら!できたよ!新作九寸名古屋帯。本日発送。ギリギリセーフ。「熊本ゆかりの染織家展」で観てね。和の國さんのブログはこちら

九寸名古屋帯 
タイトル  [Brushing Blue] ブラッシング ブルー
シリーズ名 [Scratching Squares ] スクラッチング スクエアズ
荒削りな青が重なる。

|

Thursday, 15 December 2011

テストです。新しい電話より。写真の入れ方、格闘するもやぶれたり。

|

Wednesday, 14 December 2011

Koigokoro

うわっ!安達絵里子さんが、和の國さんのブログで書いてらっしゃる!さっすが、想いが伝わるいい文章ねえ。(当該記事はこちら
「熊本ゆかりの染織家展」が面白いのは、呉服店である和の國さんと、着物愛にあふれる専門のライターの安達さんと、熊本ゆかりの6名の作家たちの、三位一体の展示会であるってことだと思うのよね。どれかひとつ欠けても成り立たない希有な展示会です。ぜひお運び下さい。

写真は「熊本ゆかりの染織家展」出品作。紬織り着尺「みかんの恋心」。みかんシリーズの3作目です。

追記(12/15 am1:50)、絵里子さんに続いて、和の國のご主人、茨木さんもブログを更新されてます。盛り上がってる〜〜!!!


|

Tuesday, 13 December 2011

Junsin2

「みかんの純真」、ディテールです。糸のよさ、伝わってる?プリプリしてるでしょ。

熊本ゆかりの染織家展
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國
観にきてね!私は、初日の20日火曜日、会場にいます。


|

Junsin

これは、着尺「みかんシリーズ」の二作目、「みかんの純真」。初々しい感じ。結実の予感。
これ、糸使いに着目して欲しいのです。国産座繰り糸を多用してます。サラッと感もねらいました。染めは山桃を多く使ってる。「熊本ゆかりの染織家展」に出品します。実物を観にぜひ熊本へ!

熊本ゆかりの染織家展
とき:12/20(火)~25(日) 午前11時~午後7時
ところ:きものサロン 和の國


|

Sunday, 11 December 2011

お芝居、観てきました。前衛漫画劇「帰ってきた日本」。by SCOT(Suzuki Company of Toga)。
いやはやすごかったです。はじめは何が何だか分からないし。時代も設定も何も分からないのだけど、ガガガガガーっとすごいパワーで持ってかれた。仁義とか、演歌とか、おどろおどろしく渦巻く。よく分からんなりに、この舞台が、すごくよく練られ、鍛えられたものだってのはビンビン伝わる。舞台を絵として観ても、色も構図もただただ感服。芝居ってのは、本当に総合芸術ね。役者もセリフも衣裳も道具も照明も、みんなコマではあるんだろう。持ち場持ち場の光がうねりとなっていた。

|

Saturday, 10 December 2011

今宵は、いろいろなところで、いろんな人が、夜空を見上げているんだろうな。きっとあの街のあの人も。
欠けていく月をながめるのに、ちょこちょこ窓を開けるので、室温がさがって寒い我が家。節電って、夏の方がずっとしやすい。冬の節電って限界があるなあ。集合住宅暮らしだと、灯油のストーブ禁止だし。この電気はどこでどうやって作られてるのか、よく考えて、エアコンオンじゃ。

|

染織家の吉倉ますみさんの展示会に行ってきました。すっっごく好きな着尺が出てました。青い格子。藍、茶、黒、白、その配合が絶妙です。可憐で堂々としてる。ニクいなー。好き好き〜。
正直、これは100%好きだってものに出会えるの、なかなかないんですが、これ、100%好きでした。私も、そういうの織ろう。がんばるわ!

吉倉ますみ染織展 12月11日まで 成城さくらさくギャラリーにて。

|

Thursday, 08 December 2011

えーーー、本日、私、携帯電話を変えました。会社も変わったので携帯メールアドレスも変わった訳ですか、それをどう設定したらいいのか、オロオロしてます。乗り換えた方、みんなこれをやってるの!すご過ぎ!
私にとってはお先まっくらです〜。ここを読んでくださってる方で、私に用事のある方、どうかパソコンのメールの方へご連絡ください!携帯電話番号は変わりありません。どうかよろしくお願いします。ひらに。最上級にペコリ〜。

|

Snowflake

帯、織ってます。この写真の次の次の帯。デザインと試しの時はイケイケですが、本番はじわっじわっとほふく前進です。もうふた山。前進あるのみ。


|

Sunday, 04 December 2011

染織Iwasakiとekka「ゆきかうものXⅣ」に行ってきました。岩崎さん御夫妻の愛あふれる作品たち。いつもながら正面から染織に取り組んでいるのが伝わってきて、ぽぉーとしてしまう。岩崎夫妻そのものだなあ。
コラボ作品のekkaの裂きおりバッグもよかったな。本当に何気ないのだ。それがいいのだ。使いたくなる。
同時開催の布切れやましたの「冬ごもり。」、優しい布だー。寒いときいつまでもさわっていたい布。

Gallery工(新高円寺)にて。12月10日まで

|

Friday, 02 December 2011

Snowflake2

これは新作九寸名古屋帯、「snowflake 雪のひとひら」。しずかに雪がふっているイメージ。これ、ポール・ギャリコの本から拝借したタイトル。いい本なんだ。以前プレゼントしていただいた本。私の書いた文章読んでいたらこの物語を思い出したって下さった。心に残る。

今、和の國さんの東京展に出してます!ぜひ見て下さい!!!

|

« November 2011 | Main | January 2012 »