« 誇りだ | Main | 申告完了 »

Wednesday, 29 February 2012

居職の私は一日中うちにいるのが原則だが、こんな雪の日に限って、外に出る用事がある。遅めの午前中に出て、早めの午後に戻ってきて、夕方また出た。午前中に出た時は、雪がどんどん降ってきていて、車も人もほとんど通らず、雪の中に私ひとりのような錯覚。ああ。
午後もどってきた時は、雪、すでに重く、人通りもある。シャンシャンシャンシャンというトラックに巻かれたチェーンの音が好き。
暗くなって、気温もぐっと下がって、家路を急ぐ人びと。完璧に雪かきしてある消防署の前。

|

« 誇りだ | Main | 申告完了 »