« February 2012 | Main | April 2012 »

Saturday, 31 March 2012

Congratulations2

このお着物、仮絵羽仕立ての状態なのですが、お客様にはおっていただきました。パーッと輝かれて、その方のもつ透明感がますます美しく、うれしかった。
裾模様などの柄付けは、その方の寸法に合わせて考えてます。今回、仮絵羽で最終確認。特注ならではです。
特注をお受けするようになってから、着物のことを本当に理解するのにのたうち回るようになりました。身丈も身幅も内揚げも衿のつけ方も繰越もよくよく考えるようになりました。ありがたいことです。


|

Friday, 30 March 2012

Congratulations

このお着物のご注文主さまにお会いしに、銀座もとじさんに出かけてきました。久しぶりにお会いするその方は、とっても澄んだ美しさをたたえていらして、ほら、私の心にいらしたそのまま。お会いした瞬間に、ああよかったって思った。織らせていただたお着物で表現したかったことが通じたって思った。


|

Wednesday, 28 March 2012

帯を織っている。もうデザインも糸の入れ方も決めているので、悩むことなくただ織ればいいんだけど、やっぱ、悩むのだ。この悩みは次への肥やしだ。

|

Tuesday, 27 March 2012

ありがとう

すっかり日常に戻ってますが、気仙沼の方々も今日も日常を過ごされているのかなあ。気仙沼で志の輔落語ってのは、本当に非日常だった。
今まで、3.11をのっくんでなかった。被災地って言葉も、壊滅って言葉も使っていいのか分からなかった。今、ちょっとだけのっくめたか?ちょっと遊びに行ったくらいじゃ、やっとのどを通ったくらいか?いや、口に入れたくらいか?
口に入れられたのは、このすばらしい寄席のおかげだ。本当に思いのこもった、行き届いた、温かく、熱い落語会でした。

|

もうひとつ、東北に行ってよかったなあと思うのは、「寒かった」ってことです。九州生まれ、関東在住の身にとっては、東北の3月は寒かった。お彼岸すぎてるのに何いってんのって責められそうだけど。若い時にはもっと寒い場所に住んだこともあったけど。今の私には、うわっこれ何ってぐらい寒かった。異国の寒さだ。凍え具合、体が温まらない、、、行かないと分からない。一年と2週間前もさぞ。

|

Monday, 26 March 2012

たかはしさん

気仙沼さんま寄席の会場を入ってすぐパンフレットなど配っていらっしゃる方に、着物に割烹着の方がいた。もしかして?
つい、「たかはしさんでいらっしゃいますか?」と声を掛けてしまった。「はい。でもどうして?」と驚いたお顔。「楽天でいただいたことあるんですよ!」「うわーー!」と握手して下さった。混み合ってたしゆっくりお話しは出来なかったけど、お会いできてうれしかった。たかはしさんが気仙沼なのはもちろん知ってて、お伺いできないかと思っていたけど、日曜だしとあきらめてたとこだった。
私、このたかはしさんはじめ、いくつかの小売店さん、メーカーさん、本当に尊敬してます。着物をどうにかしなくちゃって本当に必死で動いてる。生き残ってるところには理由があるんだ。それに比べて自分はどうだ。その努力でオッケーなのか。自問の毎日。
今回の旅、落語だし、着物きていこうって思ってたんだけど、ホテルに鏡が無いと聞いたのと、街の土ぼこりがすごいって聞いたのであきらめたのだった。確かに着物で歩くのは今は無理だったと思う。いつか、着物でまた行きたいな。

|


気仙沼へ行くまでは、気仙沼は被災地の中で、復興が進んでる地だと思ってた。ほぼ日さんがスポットあて、エネルギーある方々がたくさんおいでのように見えてたし。
でもなー、両わき壊滅状態の急ごしらえの復旧道路の、ガタガタの歩道を一人歩きながら、希望はなかなか見えなかった。歩道のアスファルトは波打ち、寸断され、側溝はむき出し、歩くだけで精一杯。歩くだけでくたびれた。

写真は大島。気仙沼では撮るの無理だった。(いや、本当は大島の方が壊滅なんだと思う。ただそこには行かなかった。歩きだったから、行動範囲がごく限られてた。)

|

志の輔さん
志の輔落語はすごかったです。熱があって、熱かった。引きつけて、離さない。花がある。超一流の芸能を見たと思った。この場にいて幸せだ。気仙沼にぽぉっと赤い花が咲いたのかな。

写真は大島から気仙沼を望む。

|

紫復興市場
被災地でお金を使うのが応援だって言われるけど、諸事情あって復興市場で600円の海鮮丼を食べる私。(を優しくゆるす狛犬さん)

|

大島にて
もくもくと歩いた山道。

|

ローカル線
大船渡線に乗りました。

|

新幹線の車窓から
道中風景です。うまく送れるかしらん?

|

気仙沼に行ってきました。震災以来、初めての東北です。
フリーでふらーと観光してきました。よく歩きました。最終目的地は志の輔さんの落語会だったのだけど。
気仙沼の街や海岸沿いや大島の山道を歩いてて、外国旅行をしてるようだって感じた。昔、まったく未知のヨーロッパやアジアを一人旅した。なにがなんだかわからない街をただただやみくもに歩いた。それとデジャヴ。
海岸沿い、いまだに壊滅状態。これは知らない国の出来事なのか?このどうしようもなさ。私などが遊びにこれる地なのに。これは現実だ。行ってみないとわからないって言われるけど、本当にそうだ。

|

Friday, 23 March 2012

銀座もとじさんへ、納品に行ってきました。ずーっと取り組んでいた特別なお着物、やっとやっと舞台袖に進んだ感じ。本格デビューはご注文主さまに見ていただく時だからね。大切に大切に包んで持って行きました。ドキドキ。帰りはニッコリでした。

もとじさんでは、折しも「草木染め作家 佐藤竜子×金工作家 宮本徳子」二人展を開催中。織の佐藤さんとお会いできてよかったです。美しい着姿を連想させる優しい丁寧な作品たちでした。こちらは25日まで。

|

Wednesday, 21 March 2012

今日は空気がカラカラで、加湿器のタンクを2度満タンにした。この季節ってこんなにカラカラだったっけ?つい先日はけっこうな大雨だったのになあ。寒かったり、暖かかったり。この落ち着かなさが春なのね。昨日は立春。Spring Spring Spring.

|

Monday, 19 March 2012

先日の抜歯のあとの抜糸にいく。つるんって感じ。経過良好とのこと。ありがたい。
親知らずって抜いた方がいいのだってね。この歯医者さんになってはじめてすすめられた。早い方がダメージが少ないって。えーー!私、20代のときも30代のときも、それなりに歯医者さん行ってたよ。だからそのタイミングで抜けばもっとよかったってこと!?なんで勧めてもらえなかったの?それとも、こういうのも業界的流行??最近、歯を抜く人、多くない???

|

Sunday, 18 March 2012

山岸幸一さんのギャラリートークに、銀座もとじさんへ出かけてきた。冷たい雨の降る中の大盛況、さすがだなあ。伝えたい気持ちがあふれんばかりの熱いトーク、すばらしかった。やっぱ、もの作りの原点は熱い思いだぜ。参加のお客様に山岸さんのお作品をお召しの方が数人みえて、私はトークを聞きながら、その方々の後ろ姿を見てた。きれいでした。ラインもひだも優しくて。着物がその方を大事に包んでいるのがよくわかった。これぞ真髄だなあ。

その後、ギャラリー小柳に寄って、Hellen van Meeneってオランダ人の写真展を観た。ぱっと見はタイプじゃないと思ったけど、ずっと観てたら、グイグイ引き込まれて、すっかりタイプに。世界観が私の愛するフランシス・ベーコンを彷彿。この作家の表す世界が好き。ここで展示会の様子が見られます。

|

Saturday, 17 March 2012

着物を織っている。織りってやればやるほど、深く深く、、バタくるって(熊本弁です=じたばたする)、もがき苦しむ。
が、午後に昨日着た着物を片付けてるとき、そのバタくるった苦しみはまったく思い出さないのに気づいた。注文した糸がやってきた時の感触や染料のヤマモモを取りに行った時のことなど思い出すけど。のど元すぎれば皆たのし。
そうだ、着る時はとことん楽しもう。そうだ、そうだ。やっと着物を楽しめる段階になってきたか???

|

Friday, 16 March 2012

盛りだくさんの一日。朝から着物を着る。
和の國さんの東京展へ。すごく賑わってた。さっすが!織の着物、帯ですごいのたくさんありました。染めもよかったけど織から目を離せなかった。南青山で18日までです。ぜひ。
イラストレーターの岡田知子さんが来てくれた。ご一緒に楽しい都会の街歩き。一人だったら絶対迷ってた。
伺ったのは、美容室 BANGS 。気持ちいい空間だった。いろんな世界があるのだなあ。着物がつなげてくれた面白いご縁。
その後新宿コニカミノルタプラザへ。エコ&アートアワード。ちょっと気になる人が入選してたのだ。若くてエネルギーある作品だった。
もうひとつ、コニカミノルタで見たのが、長倉洋海写真展。つきなみだけど、子どもの笑顔っていい。つきなみだけど、こっちの方が励まされる。そう思った。
それから新宿伊勢丹へ。5階のギャラリースペースで春のクラフトフェアというのやってて、お目当ては、染織iwasaki さんと布きれ・やましたさん。久しぶりにお会いするやましたさん。なんだかとても大人っぽかった。ピンクの半幅帯が好きだった。19日まで。
帰り着いたら、衿あわせがパコパコに。いかんなー。コーリン使わない派をつらぬきたい私としては。


|

Thursday, 15 March 2012

今、取り組んでいるお着物が佳境。もうちょっとだ。
織りながら思うのは、ご注文くださった方のこと。人生の節目を迎えられる記念のお誂えだ。澄み切ったきれいな空気みたいな清々しい着物。これをお召しで、新しい日々、楽しんでいただきたいな。そうだ、込めるメッセージは、「おめでとうございます!」だ。Congratulations!

|

Tuesday, 13 March 2012

歯を抜いた。右の上の親知らず。歯茎に埋まってて斜めに生えてるから、切開すると。ひぃぃぃぃー神様ぁーー!意を決して俎板鯉。
麻酔が効いて、切ったり抜いたりするのは、さほど痛くなかった(先生の腕がいいんですね!ありがとうございます)。ガギゴギっと骨がくだけるような音がするのもなんとか耐えた。
が、抜き終わって、歯茎を縫合するとき、糸が舌やら唇とかに触るのが、イヤだったなあ。そこらは麻酔効いてないから、モロ糸の感触。歯医者に出かける10分前まで共にいた糸さん、今なぜそこに?

|

Monday, 12 March 2012

朝、熊本で地震とラジオの速報でドキッとする。昨日の追悼を今日に生かさなきゃ。って何ができる?何をしてる?

夜、ちょっと調子が悪いなって、理由を思い探る。あ、野菜、食べてないや。朝、玄米ご飯とカレイの干物、お味噌汁は豆腐、油揚げ、ネギ。昼は時間がなかったこともあり、パンとパテとチーズ。三時にケーキ。夜はおつきあいがあり、なんと肉だけ。ものすごっくおいしかったけど。(肉だけって我ながらすごい。あと、ビール。)
ほら、野菜は朝のお味噌汁に入れた刻んだネギだけだ。調子悪いはず。いつもは草食なんだけどね。あわてて冷蔵庫のキュウリとレタスを食べたら治った。

|

Sunday, 11 March 2012

普通の一日にしようと思ってたけど、ラジオから耳が離せない。たぶん、あと一時間くらいはそうだろう。それでいいかと思う。いろいろあった、かつ、できなかったこの一年。

|

Friday, 09 March 2012

3.11が近づいて、つけっぱなしのラジオも特集番組が続く。整った番組、はっきりした声。一年前は違った。
どんどん分かってくるつらい現実を伝えるアナウンサー。NHKの第一放送だったと思うけど、原稿を読んでるふうの冷静沈着なアナウンサーの声が一瞬とまり、涙をこらえているのが分かった。2秒か3秒の沈黙。私の手もとまった。原稿の先に思いを馳せた。

|

Thursday, 08 March 2012

髪を切りにいったら、美容師のお兄さんとはさみの話しになった。美容師さんたちのはさみっていろいろあるのねー。素材もいろいろなんだって。見かけから、「ステンレスでしょ?」って聞いたら違うのだって。ああ、なんだっけかな、、忘れた。はじめた聞いた単語だった。ステンレスより柔らかいのがコバルトで、それよりもっと柔らかい合金。思い出せない。それ、ダルっと切れるのだって。そのダル加減が好きでそのはさみを選んでるって。なーるほどーー。商売道具へのこだわりの話しはいつも興味津々。

|

Wednesday, 07 March 2012

ゴッホが1888年に描いた、桃の木の絵を心に大事に持っているというお客様がいて、私もその絵に思いを馳せている。検索すると候補が2点ヒット。どっちの絵なんだろうなあ。どちらも、すーっとした素直な絵だ。果樹園なのか自生なのか、あまり剪定されてるふうもなく、のびのび自由に自然に。
たぶん1888年のアルルの春の風景。そっか、ゴッホはこのときここで描いていたのか。ひまわりの連作もこの年。1890年には死んじゃうから、画家としての最高潮の時に、のどかな桃の木の絵を描いた。3月30日が誕生日だそう。もうすぐだね。

|

Monday, 05 March 2012

今日は啓蟄だったんだ。忘れてた。夕方もらったメールに書いてあって、思い出した。気温も今朝は寒かったけど、夕方ころにはあたたかくなり、春の宵の口って感じになった。春宵(シュンショウ)って言葉も最近覚えたのだった。春です!

|

Sunday, 04 March 2012

「熊本ゆかりの染織家展」の運営委員の安達絵里子さんが、和の國ブログに投稿されてます。いい文章だなあと読みいりました。さすがライターさん、行間から愛がほとばしってる。「熊本ゆかり」、愛情たくさんの会に育ててます。一歩一歩です。「第三回 熊本ゆかりの染織家展」、乞うご期待です。

こちらがその記事です。ぜひお読みくださいね。私が織らせていただいた着物のことです。

この「熊本ゆかりの染織家展」の主催、和の國さん、もうすぐ東京展です。こちらも3回目。すごいなー。詳細はこちら。ぜひ。
とき :3月13日(火)〜18日(日) 12:00〜19:00 
ところ:サロン ド フルール

|

Saturday, 03 March 2012

申告書を提出して、帰ってきて、何がうれしいかって言うと、8年前の申告の帳簿やら領収証やらモロモロをドーンと捨てられることです。先ほど早速、平成16年、2004年分をバッサバッサと捨ててやりました。
この年、私は独立2年目。なんと、帳簿は手書きです。領収証も月別日付順で糊付されてる!青色申告も何度も何度も計算した跡が、、、、いつもの悪筆を精一杯きちんと書いてる。ああ、ああ、、私よぉ〜。
会計ソフトを使うようになった今でも一筋縄では行きません。成長してるのかどうかわかりません。

|

Friday, 02 March 2012

冷たい雨の中、青色申告会、行ってきた。係のおねーさんのご尽力たまわり、無事提出までしてきたよ。どえりゃー疲れた。疲労困ぱい。でも今年は一発オッケーだったのだ。(ここ数年、不備を見つけられ出直しを余儀なくされてた)
さてさて、モロモロがんばらねば。

|

« February 2012 | Main | April 2012 »