« 春です! | Main | エポカ美容室 »

Wednesday, 07 March 2012

ゴッホが1888年に描いた、桃の木の絵を心に大事に持っているというお客様がいて、私もその絵に思いを馳せている。検索すると候補が2点ヒット。どっちの絵なんだろうなあ。どちらも、すーっとした素直な絵だ。果樹園なのか自生なのか、あまり剪定されてるふうもなく、のびのび自由に自然に。
たぶん1888年のアルルの春の風景。そっか、ゴッホはこのときここで描いていたのか。ひまわりの連作もこの年。1890年には死んじゃうから、画家としての最高潮の時に、のどかな桃の木の絵を描いた。3月30日が誕生日だそう。もうすぐだね。

|

« 春です! | Main | エポカ美容室 »