« 死 | Main | 撮影会、あっこさん »

Wednesday, 20 June 2012

喪と着物について思ったこと。

ここんとこの一連の法事で、着物を着てる人、全く見なかったな。お寺さんでも、火葬場でも。うちの身内もだけど、焼香に来て下さった方にも。どんどん黒い服の群れがやってくる都心の火葬場でも全く見なかった。
人生における一番大切な儀式のひとつで、日本の民族衣装で気持ちを表せないのは残念だ。あなたの死を悲しんでますって、あなたを思ってますって伝えることもできるのに。

以前参列したお葬式に、陶芸家の方がいらしてて、墨染めの作務衣姿だったのよく覚えてる。この方なりの礼を尽くしていらしゃるんだなって思った。

と言いつつ、自分、ただの黒い服で参列。ダメすぎ。着物、着たかったなあ、、、、黒い紬、織っちゃおうかしらん?礼服のカテゴリーではないけど、自分にとっては最敬礼だ。
(とか言って、季節に合わせて、天候に合わせて、そろえるのは大変すぎ〜〜)

|

« 死 | Main | 撮影会、あっこさん »