« ご注文 単衣 | Main | ありがとう7 »

Thursday, 07 June 2012

速報!熊本在住、きものライターの安達絵里子さんが、「きものは語る」というタイトルで、講演をされます!すっごい行きたーーい!
安達さんと言えば、着物専門誌「美しいキモノ」で働かれたあとフリーライターとなられ、池田重子さんの御本の編集や執筆を一手に任されていらっしゃる方。バリバリ第一線。その着物文化に対する知識と愛は、現代随一のお一人です。
そんなすごい方なのに、意外にも人前で話すのはじめてらしいです。書くのがお仕事ですものね。満を持してってことでしょうか。毎日を着物で過ごされているからこその、肌で感じる引力と真実を、その豊富な知識とともにお話いただけることでしょう。

行ける人、いいなー。うらやましい。会場は熊本市の富合公民館とのこと。私、だいたいどの辺か分かります。国道3号線をでかいトラックがばんばん走る。埃っぽくて右折が難しいのよね。地方都市のよくある風景。でも一歩入れば、のどかで緑豊かな、落ち着いた人々の生活がある。そこからの発信。かっこいい。

6月17日日曜日、13:30〜15:30、熊本市南区富合公民館にて。
安達さんが書かれた、和の國ブログ、「熊本ゆかり便り」の最新版はこちら

|

« ご注文 単衣 | Main | ありがとう7 »