« 秋 | Main | 契丹展 »

Tuesday, 21 August 2012

この前上野に行ったとき、マウリッツハイス美術館展、観てきた。もちろん目的はフェルメール。すっごく混んでるのは知ってたし、どうしようかと思ってたけど、金曜の夜間も開いてる日を狙って行ってきた。夜も混んでたけど、やっぱ実物の発するオーラ、浴びてよかった。大勢の人ごみの肩越しにチラッと対面。やられた。すっごく満足。3回並び直したよ。
実は、6月にベルリン美術館展も行ったのだ。フェルメール観に。それもよかったよー。そっちは、こんなに混んでなく(会期始まってすぐだったからかも。今は混んでるかもしれません!)、閉館時間ギリギリまで粘ると、一対一に近い状態になれて、ビンビンだった。恍惚というか。これは宇宙の宝物だ。
もし、どっちか一つなら、マウリッツハイスを選ぶかな。フェルメール以外に好みの絵が多かったから。フェルメールは別格。どっちもすごい。

|

« 秋 | Main | 契丹展 »