« オリオタ | Main | トラベリング »

Friday, 28 September 2012

私が職業とするならオタクじゃダメでしょって思うのは、現代アートを仕事としている人たちを見るにつけだ。現代アートに興味を持った10代のとき、わあって憧れた作り手が、今も現役で発表し続けてる。大竹伸郎とかさ。これって社会性とか公共性とかプレゼン力とかコーディネイト力がないと出来ないよね。モノを作る時も、自分だけで作れるものでは決してないし。いかに、組めるか、巻き込めるか。これが出来るか、出来ないかだ。

|

« オリオタ | Main | トラベリング »