« 柳家小三治一門会 | Main | 攻め »

Tuesday, 30 October 2012

先日の落語には、着物で出かけました(無謀にも)。朝から天気予報きいたら、だんだん悪くなり、夜には大雨。うーーむ。やめといた方が正解だなって思いながらも、とりあえず取り合わせを決めて半衿を付ける。まだ悩んでる。そしたら仕事関係の電話があって、少々話し込んでたら、タイムリミット。着るなら着なきゃ、間に合わない。で、着た。
雨ゴートは持ってないけど、水屋袴がある。これで裾の心配はない。草履ははやりのカレンブロッソ。上半身は傘オンリー。(いよいよ無謀)
うち出た時はごく小雨。最寄り駅降りたら降ってない。落語がはねて移動するときも小雨。おいしい中華をいただいてる時にザーザー大雨!ひぃー万事休す!って天気予報のとおりじゃん。食事終わったら、落ち着いた降り方になっていて、駅まで歩いてへっちゃらだった。うちの最寄りを降りても小雨。結局それほどぬれず、タクシーのお世話にもならず、楽しい一日でした。
今回こんなに無謀なことができたのは、ご一緒した友人たちが着物通で、とにかく行っちゃえば彼女たちが助けてくれるって他力本願全開だったこと(かたじけない&ありがとう←実際たくさん助けられました)と、たかが雨、たかが着物って思ったこと。雨だとどういうダメージなのか実感したかったこと。
今日、片付けたけど、大丈夫だった。たかが着物って言ったけど、メンテ代かかったら青くなってた。(←小心者!)

|

« 柳家小三治一門会 | Main | 攻め »