« 紫をみた | Main | 一衣舎 楽艸 浅草二人展 »

Monday, 05 November 2012

「古道具その行き先 -坂田和實の40年-」展を拝見しに、松濤美術館に行ってきました。ズバンと坂田さんの世界がありました。さっすがーーー!!坂田さんはまさに、新しい価値観を切り拓いてきた方だなあー。ターニングポイントを作った方というか、、、価値観をターンさせたってことかな?
で、その立役者たちがバシンとそろってた。控えめに見えて言い切る強さ。噂の封筒(おじいちゃんの封筒)もあったよ。雑巾も良かったなあー。おもちゃのプロペラ機も。
私は前職の場所が目白で、古道具坂田のすぐ近くだったので、お店の前をよく通っていた。何回かはおじゃました。その一貫する空気感はいつも変わらないね。そこにひかれる。美術館 as it is にも一回だけ行ったけど、また行きたくなった。

渋谷区立松濤美術館にて、11月25日日曜日まで。

|

« 紫をみた | Main | 一衣舎 楽艸 浅草二人展 »