« エアコンの掃除 | Main | 「古道具その行き先 -坂田和實の40年-」 »

Sunday, 04 November 2012

ドキュメンタリー映画「紫」を見てきた。古くからの植物染料での染めを継承する、染司よしおかの今を撮った映画だ。引き込まれた。一番思ったのは、伝統を尊重するってことは、どんどんぶち壊すというか、決して守りに入らないというか、、、、そういう最前線をクリエイトして行くってことだなって。自明のことをそのままただやってちゃダメだってこと。それ、吉岡さんも染め師の福田さんもどんどんやっておられて、さすがーーって思った。こうでなくちゃね。板締めをやってる所が出たけど、ここまで締めるかってくらい締め上げてたよ。そこまでだったら繊維をいじめていいのね。伝統を継承するってことは、最前線をキープし続けるってことで、その開拓者精神がすごい。面白かった。

映画「紫」は、渋谷のイメージフォーラムでやってます。11月23日まで。朝11時から。

|

« エアコンの掃除 | Main | 「古道具その行き先 -坂田和實の40年-」 »