« February 2013 | Main | April 2013 »

Sunday, 31 March 2013

さくら
昨日の写真はアルプスに咲く菜の花畑でしたが、今日は近所の桜ふぶき、アスファルトに着地する。
高校時代や幼稚園時代の旧友たちと繋がれたのは、フェイスブックのおかげです。
私は、幼稚園時代も高校時代も、ついでに言うなら、小学時代も中学時代も中退した大学時代も、うまくなじめない、ぶーたれた可愛くない子だったのですが、それが今になって、いい仲間たちに囲まれてたんだなあと、しみじみしてます。

|

Saturday, 30 March 2013

菜の花
お昼前後、センバツの応援で、仕事手につかず。後半なんて、モニター前に正座!
負けて残念だったけど、冷静にがんばる後輩たちにうるうるでした。アルプスの真っ黄な人たち、同窓生たちです。津々浦々から甲子園に集う。気持ちは彼らと一緒です。

|

Friday, 29 March 2013

終わりそう

まあまあ調子よく織っているので、織おわってしまいそう。来週水曜日撮影してもらうのです。その時織ってなきゃ。いろいろ同時並行。

|

Thursday, 28 March 2013

生活団
昨晩は、幼稚園のときお世話になった先生お二人を囲む会でした。故郷熊本で。で、もちろん参加。って、テレビ会議で!ビックリ。こんなことができるなんて。(Googleプラスのハングアウト機能と言うのだよ。初めて知ったのだけど。)
無線LANとんでる町田のパスタ屋さんがにわか作りのサテライトスタジオ。関東勢二人と息子さん集結。大興奮!
MacBookとiPhone駆使し、熊本の本会場ともう一人の同窓生がいる沖縄をつなぎ。って切れてばかり。一番信頼できるのは、携帯電話なのだ〜。
いやー、先生方、38年ぶり。私、6歳のとき母が出産のため入院してたので先生と路線バスを乗り継いで帰ってたのだ。私、可愛くない子どもで、さようならの時もにっこりできないのが申し訳なかった。それ謝れたのがよかった。先生は、バスを一緒に降りてあげられなかったって気にしてらした。

|

Wednesday, 27 March 2013

Photo_2

私は、自分の仕事場が、出来れば、人の出入りがあり、空気が動く場所でありたいと考えている。縁がある人に限られちゃうけど。染織家の集まる場にもなれればいい。すでに大御所の方から、これから染織でガチで生きて行きたいって方まで。
今までの自分を振り返ると、なにより糧になったのは、染織家の大先輩が自分の仕事場に入れてくれたことだ。仕事しているところ見せてもらったり、手伝ったり、たわいもないおしゃべりしたり、ご飯たべさせてくれたり。そこから学ばせてもらったことは計り知れない。

そのお一人が小熊素子さん。今でも困ったことが起こると電話して泣きつく。そしたら目が覚めるようなソリューションをくださる。

小熊さんのことを紹介したページはこちら。作品はこちらに載ってます。

|

Tuesday, 26 March 2013

sizさん
同時並行で進めている経糸、順調に巻けています。これらを巻いてくれたのは、先日から手伝いにきてくれてるsizさんです。絹の綛を扱うのはほとんど初めてとのことでしたが、なんのその。糸の太さも一定でなく、綾乱れありのやっかいな綛を、しっかり観て糸の道を見つけて巻いてくれてます。

|

Monday, 25 March 2013

やっと
調子が出てきました。と言っても、経糸が粘って、糸を拾わないかヒヤヒヤ。

|

Sunday, 24 March 2013

Photo_3

と言う訳で、開幕当初から行きたいと思いながら、行けてなかった「新井淳一の布 伝統と創生」にすべりこんできました。
やっぱ創作は情熱だぜよって思った。新井さんの情熱の軌跡がだだだーっと並んでたもんね。ビビるわ。展示してある布の数枚に、「コムデギャルソンのために制作」とか「三宅デザイン事務所との恊働による制作」とかあった。1980年とかだったかな。彼らは一緒に時代を切り拓いてたんだなあ。
新井さんの布は、その作り方など極度にマニアックだけど、布オタクじゃなくて、ちゃんとビジネスとして成立させ社会を牽引したのが何より尊敬だ。

新井淳一展は、東京オペラシティアートギャラリーにて、本日24日まで。サイトのムービーを観ると、新井氏はまるでやっと休息をしている老兵士のようだ。戦いきった男の横顔って感じよ。でもきっと、戦いは続いているよね。


以下は、展示会のブローシャーに書かれてた言葉。備忘のために。
ーー
布とは:
ーたて糸とよこ糸からなる構造体である
ーまるで水のように、使われる場所にあわせて自由に形を変える
ー表と裏がある
ー人間の手のわざから生まれる
ー自然の力によってかたちづくられる
ーー


写真は、オペラシティのエスカレーター。

|

Photo_2

地下鉄降りて、向かった先は、つぶつぶカフェ。ここのイベントスペースで、織りの旧友が展示会をしているのだ。ぱたんこ屋、高木康子さん。大分竹田の自宅兼工房に伺ったことあるのだ。えっと、、、17年前?18年前??お互い、一瞬分からない。でも、すぐ手を取り合う。おお!この人の笑顔は太陽だね。
展示会は明日24日まで。

つぶつぶカフェ、ちょー久しぶり。大昔、江戸川橋にあったころ、何回か行った。移転してたのも知らなかったよ。ランチ食べたら、細胞とか内蔵がよろこぶおいしさで、心底リラックスした。

写真はこの後向かった、オペラシティ。新井淳一さんの布展を観に。明日までだからあきらめてたのだけど、昨日出かけたまんがちゃん(高木さん)の強力なおすすめで足を伸ばした。牛込柳町から大江戸線に乗って都庁前まで。あと歩き。

|

Saturday, 23 March 2013

Eki

深石美穂さんの個展とギャラリートークに、銀座もとじさんへ伺いました。深石さんは、石垣島在住で、長く第一線で活躍されてる作家さんです。
今回すごいなあと思ったのは、市松花絽織という織り方を5,6年前に新たに創り出され、それにまい進されてるところ。5,6年前の深石さんはすでに大御所だったはず。安住してられないタイプとお見受け。開拓精神、すばらしい。
深石美穂展は、銀座もとじさんにて、明日まで。

写真はその後、東西線に乗ろうと駅を求めて歩いてたら、東京駅に出たのでパチリ。結局大手町から乗車。目的地は早稲田。話は続きます。


|

Friday, 22 March 2013

準備完了
小管も全て巻けまして、織りはじめましたよ。

|

Photo_2

ベーコン展のトークイベント、行ってきました。茂木健一郎さんと鈴木芳雄さん(←フクヘンの方ね)の対談です。対談と言うか、掛け合いみたいな感じだったな。面白かった。
「ベーコンの絵は、理屈を超えたものが、一気にずどーんとくる。」「圧倒的なオリジナリティ。」「いきなり、直接、速い、不意打ち」などがキーワード。
そうよねえ、思ってたこと言葉にしてくれたと、18歳からベーコンファンの私は思った。
(私は3歳くらいに、できるかなのゴン太くんのファンになり、9歳くらいにコンバトラーVのファンになり、その後はシラケた時期を送り、18歳からベーコンに入れあげ、34歳くらいに青田五良のファンになった。)

写真は、トークイベントが行われた、芸術学舎(外苑キャンパス)の階段。

|

Thursday, 21 March 2013

フランシスに会いに

フランシス・ベーコン、観てきました。昨年秋に、回顧展開催を知ってから、待ちにまっておりました。
会場に入るといきなりオレンジ色の代表作。やられた。ガツンときた。タイトルみると、「人物像習作Ⅱ」。ずーっと憧れてた一作、こんなタイトルだったんだ。
画集で何度も何度もみた絵が続く。おお、お前さんかい。ウェルカムツートーキョー。よく来てくれたね。
会場を2周したらフラフラになった。

写真は会場出たところ。レインコートを着たベーコン。

「フランシス・ベーコン展」は、東京国立近代美術館にて、5月26日まで。その後、豊田市美術館へ巡回。

|

Wednesday, 20 March 2013

Mukade

織り付けのところ。私はムカデを使います。ムカデは織りはじめのテンション合わせるのに便利です。本当にムカデみたいなんだよ。ステンレスのムカデ。

|

Tuesday, 19 March 2013

糊付け
同時並行で進める経糸に糊付けしてます。糊は最近、ふのりに少々のロート油のみです。私が使うタイプの絹糸にはこれでいいみたい。以前は、しょうふ糊をまぜたり、油もオリーブ油で、乳化剤として食器洗いの洗剤一滴たらしたりしてたけど。アルギン酸ソーダを使ってたこともあったなあ。

|

Monday, 18 March 2013

巻き上げ
経糸を巻き上げているところ。これが終わるまで、整経がうまく行ったかわからない。はじめの頃、何回か失敗した。ミスったって分かると、がく然あ然ぼう然だった。その数回の失敗のおかげで、私の整経はかなり慎重だ。

|

Sunday, 17 March 2013

ランダムな縞
整経が終わったところです。繰り返しの少ないランダムな縞は、たてるたびに、もう二度とするもんかってほど大変です。でも出来上がると結構すきなのよね。のどもと過ぎたらきっとまた。

|

Saturday, 16 March 2013

骨董市
大和の骨董市に行ってきました。ぽかぽか陽気で、すごい人出。散歩日和。よく歩きました。
小さなガイシを買った。(ガイシって電線の絶縁のための磁器。)糸を繰る時使えるかな。磁器がいいのよね。

写真は歩きながら。ブリキのバスがあった店。欲しかったけど置くとこないし。

|

Friday, 15 March 2013

整経中
鋭意整経中。ランダムな縞はこれが大変。まだ半分です。

|

Thursday, 14 March 2013

デザイン
これは帯のデザイン図。今回はイラストレーターで作りました。納得するまで何回も作り直し。11枚目でGOサイン。
パソコン、どうにか使えているのは、最強パソコン先生のおかげです。支えられて生きてます。

|

Wednesday, 13 March 2013

整経準備
本日は整経準備。何が織りたいのか、はっきりさせること。帯として誰かに締められた時のイメージを強く持つこと。

|

Tuesday, 12 March 2013

縞帳

今日はお客様。若くてきれいな人が来るとうちが華やぐね!
織の話しがたくさんできてよかった。糸への尽きない愛の話しなど。それにしても織りって尽きないのよね。

写真は私の過去作品を貼りつけたもの。縞は少ないけど縞帳(?)。今日お見せするのに出してきた。

|

Monday, 11 March 2013

二周年
今日は朝からいい天気で、昨日織り上げた帯の仕上げ作業をした。お日さまに誘われて、ベランダの掃除をした。昨日の煙霧がうっすら積もってた。
元気で仕事できるありがたさよ。
午後はラジオ聞きながら。黙祷から天皇陛下のおことばまでは、じっと聞きいる。

写真は仕上げ中の九寸帯。

|

Sunday, 10 March 2013

織り機の上

iPhoneで撮った写真、テスト送信してみます。うまく行くかな?

今日は昼間、暑いくらいで、煙ってて、すわっ異常気象か!と思いましたが、一仕事終わり外に出たのは夕方で、早春の肌寒い普通の夕暮れでした。

|

Saturday, 09 March 2013

銀座もとじさんへ、ギャラリートークに行ってきました。今日は、プラチナボーイという蚕の養蚕農家の方々がお出ででした。もとじの社長さんが、「今まで分業だったのをこれからはチームで」っておっしゃってたのが心に残りました。蚕が繭になり、糸になり、反物になって着物になるまでを顔が見えるチームで取り組もうというものです。本当にそうだと思った。モノづくりはバトンを受け継いでいくことだ。

それから新宿に出て、伊勢丹5階に岩崎さんを訪ねました。銀座も新宿も、人がいっぱいで(特に伊勢丹の人の多さ!すごすぎ!)その勢いにやられ気味の私でしたが、岩崎さんの、ほっこりした優しい織物をみて、心が落ち着きました。いいよねー。

|

Friday, 08 March 2013

朝から青色申告会行ってきました。8時45分オープンなのだけど、8時半には行って並びました。一巡目で見てもらえたから、時間の無駄なく。担当してくれたお兄さん、パパパーッと書類を見て間違い発見。その場で直してくれました。確定申告も下書きの間違いをその場で訂正。何と無事提出することが出来ました!一回でパスなんてソメオリ・ヨシダじゃないみたい。9時半には申告会を出られたかな。そのあたりの素早さもソメオリ・ヨシダじゃないみたい。うれしい。

|

Wednesday, 06 March 2013

Pink_black_detail_2

奥八女の星野村に住む織の師匠からはがきが届く。昨年夏の大水害の傷がやっと癒えつつあるとのこと。小さな暮らしだからさほど困ることは無いけれど、やっと落ち着きが戻ってきたと。まだまだ山は荒れていると。
そうだよねえ。8ヶ月たっても、そうだよねえ。
意識はいつも、洪水も地震も津波も竜巻も、原発事故も、当事者に連なる者として。

写真は、八寸帯ラブ・ロスコシリーズ「ピンク&ブラック」。


|

Tuesday, 05 March 2013

Four_colors_detail

今はまた帯に取り組んでいるのだけど、ちょっと困ったことがおこって、悩んだ末に大先輩に電話して、助けを求めた。そしたら、ソリューションが、ちょいちょいちょいといくつも出てきた。すごいなあ。で、そのうちのひとつ、聞いた時には、ムリだって思ったのだけど、結局その方法で、クリアした。まだ途中だけど、多分いける。すごい。ありがとうございます。自分、まだまだ。

写真は、八寸帯 ラブ・ロスコシリーズ「フォーカラーズ」のディテール。


|

Sunday, 03 March 2013

Pink_charcoal_detail

ここのとこ、連日、染めと糊付け。手がボロボロでカサカサだ。
作品には、完成度が必要だが、遊び心と新たなチャレンジも同時に盛り込む。そのせめぎ合いにいつも苦しむ。どっちもゆずれない。

写真は、八寸名古屋帯、ラブ・ロスコシリーズ「ピンク&チャコール」のディテール。


|

Friday, 01 March 2013

Deep_purple_blue

今日、歯医者さんで先生に、「ヨシダさんは着物を作るお仕事でしたね?」って聞かれ、すごくビックリした。通い始めた頃(3年前)に、職業を聞かれたことはあったような気がするが、、、。(歯を食いしばる癖があるようで、その原因究明に聞かれたのだと思う。)
よく覚えてるなーーー!で、なんでその話題をふられたのかというと、先生が読んでる業界誌に、異業種紹介記事が載ってて、今号が染織家だったらしい。それで私を思い出してくれたそうだ。で、さらにそれがなんで載ってるかというと、異業種だけど、技術職としては同じなので、この時代、いかに生き残るか道を模索しようと言う訳。歯医者さんも、保険適用内の診察ばかりだと、腕がふるえないことあるみたいね。いい仕事を精一杯やるためにも、土壌づくりが大事などと話た。

*最近は、歯を食いしばって織らないように注意してます。食いしばってると、歯が揺れてくるんだってよ。(私、揺れ始めてたのです)(でもさ、食いしばらないと出来ない染織もあるよね)

*写真は、八寸名古屋帯 ラブ・ロスコシリーズ「ディープパープル&ブルー」より。


|

« February 2013 | Main | April 2013 »