« 錦糸卵 | Main | 淡路島地震 »

Saturday, 13 April 2013

Photo_2

一昨日のベーコンの講義で浅田彰氏の言葉。備忘のために。うろ覚えながら。(と私のつぶやき)

「アートとはパッション。傷が膿んで(熟んで)、熱を持つ。その熱がパッションだ。キリスト教では、パッション=受難。苦しみから出る熱がパッション。」(傷を恐れちゃはじまらんね)
「ベーコンは獲物を、銃でまたは絵筆で、狙いながら、同時に愛する。」(この場合の獲物は恋人のジョージ・ダイア。ベーコンはMなのだけど、撃たれる方じゃないのね。)
「絵解きをするのではなく、直接神経組織に叩き付ける。同時にそれは端正なフレームの中にある。」(How cooool!! そうなのよ!そこにゾクゾクするのよ!)

ベーコンは変態(queer)だって言われて、そっかずっと好きだった人は変態だったのか、、、ま、だから好きなのかもねーと思うこのごろ。(あ、同性愛なのははじめから知ってた。絵がそうだし)(まあ、あの領域までいく人は人間としては変だよねえ、、、)(図太いところも好きよ。恋人に自殺されても描き抜くし。精神のバランス崩さないところ。または、崩れたまま生き抜くところ)

フランシス・ベーコン展
は、国立近代美術館にて、5月26日まで。

写真は我が家の窓。

|

« 錦糸卵 | Main | 淡路島地震 »