« 貴婦人と一角獣展 | Main | 工事現場の雑草 »

Monday, 06 May 2013

Photo

去年の秋に、拝見して狂喜していた、大阪の国立民族学博物館の「世界の織機と織物」展、やっと図録が発売になったので、早速取り寄せました。素っ気なく分厚い赤い本。カラー写真なんて一枚も無い。展覧会のカタログというより、技術の参考書、いや、バイブルか。内容の詰まった濃厚な本です。
ああ、このバイブルを片手に、もう一度会場を回りたいな。3回行ったけど、理解できてないこと多々なんだよね。(←恥!)それにしても、この展示会、たった2ヶ月強の会期はもったいなかったなあ。愛があふれる展示会でした。企画してくれて大感謝、バイブルを作ってくれて大感謝。世界的にも、ここまで織機のこと突っ込んだ専門書は無いのではないか?

図録はこちらで購入できます。

写真は近所の落書き。


|

« 貴婦人と一角獣展 | Main | 工事現場の雑草 »