Friday, January 20, 2006

何においても、はじめとおわりがすごく大事だと思う。私の場合は、仕入と販売。とくにこの仕事の場合は、ここが数少ない現代社会との接点だし。
吟味して吟味して、計算入れて、仕入れる。糸屋のおじさんと話して今の事情聞いたりする。買った以上は、その糸を最大限に開かせなければ。販売は、覚悟して、売る。作ったものを売ることで、大人にしてもらったと思う。責任発生するし。まだまだだけど。

その、はじめとおわりの中間ももちろん大事。でもこれは自分次第でどうにでもなる。
忘れちゃいけないのは、そのもっと前と、そのもっと後。

| | トラックバック (0)

Thursday, January 19, 2006

syakuhachi
古代尺八の演奏を聴く機会に恵まれた。空気の振動が直に伝わってくる感じ。これってただの竹なんだよね。すごいなあ。
奏者は自らの声も使って奏でた。あ、おんなじ。竹と人間は同じだ。


| | トラックバック (0)

Sunday, January 15, 2006

ときどき染織をやりたいって方からメールいただいたりします。これを仕事にしたいのだがってことが多いんだけど。
実をいうとお返事書くのが、ものすごく難しい。なんつーか、今の私のレベルでは何も言えないのです。ええ、生計は立ててます。でもちょっとギリギリすぎるし、道半ばすぎます。
例えばもうすでにこの道に入ってる人に、具体的にここがわからんと言ってもらえると、「私の場合は、こうこうこうこうやで~」ってうるさいくらいに言えます!でも普遍的なことは、今はまだ言えないって感じです。特にこれに人生をかけようって方には。
あ、それでもメールいただいたりするのは歓迎です。人間対人間のつきあいする感じで。

| | トラックバック (1)

Wednesday, September 28, 2005

シュラってるからこそ、納得いくまで。これだ!って地点まで。何回でも。

| | トラックバック (0)

Saturday, September 03, 2005

色とか形とか、仕上げ方とか、そんなことは二次的なことで、求むるべきは、そこに届いたものであること。届かせるために、なんでもする。最善をつくす。
そのために、色や形や、仕上げ方が重要になってくる。

| | トラックバック (0)

Friday, April 08, 2005

英語で10年間のことをディケイド(decade)、12の単位をダズン(dozen)というが、こと、現代日本の年齢の単位としては「18」が適当でないかと考える。
生まれてから18歳までは、家族や社会に守られて、与えられて育つ。
19歳から36歳までは、迷ったり、ぶつかったりしながら、切りひらく。青アザ時代やね。
37歳から54歳までは、社会人としてのドマンナカ。ここでガツンとやらなきゃね。
55歳から72歳までは、磨き上げる。ここにきたら、「循環」できるようになってたい。
73歳から90歳までは、研ぎ澄ます。さらに。さらに。
91歳からが、本番かな。
でさ、この18の単位、ソメオリ(someori)って呼ぶのはどう?「いやー、第三ソメオリ期になっちゃってさー」という風に使う。ちょっと自己チュー?

| | トラックバック (0)

Monday, January 24, 2005

頼んでおいた大きな鏡が届いた。早速場所を確保し据えつける。ホッと一息、椅子に座った我が身が映る。ふむむ。どこかで見たよな構図だな。おお!これだ!きゃ、私ったらベーコンみたい。鏡に映る自分にうっとり(?)。
「本能の近くで創れ」と彼(=ベーコン<母)は言ってた。一歩近づけたかと思うと百歩先にワープされてしまう。ちょっと引用しちゃおうかな。
「画家は感覚のバルブを開け放って、あるいはこう言った方がいいかな、感覚のバルブの鍵を開けて、見るものをして生命というものにさらに激烈に突き返すんだよ」

| | トラックバック (0)

Saturday, January 15, 2005

klee
グァッシュじゃなくて透明水彩。油絵の具だったらオーレオリンかクリムソンレーキ。そんな透き通った感じを求めた。
透明同士が複雑に交差しあう。強い色で決定しちゃうんじゃなくてベビーカラーを積み重ねる。それによって現れる少ーし特別な世界観。
*手織名古屋帯。写真はオタイコ部分。植物染色。

| | トラックバック (0)

Monday, January 10, 2005

nekomichi
「ポチが天国にいっちゃった」と妹からメールが入った。彼女の悲しみが伝わってきて、思わず線香を手向けた。
ポチとはもう一人の妹が留学先のアメリカでかわいがってた迷い猫で帰国のときに連れてきた。それでやむを得ず実家の飼い猫となった。当時私はすでに家を出ていたから傍観しつつも、「そんな風土の違うところに無理につれてきて、猫の幸せを考えてない」って憤慨したものだ。
それから約7年、ポチは高温多湿の熊本にもどうにかなじんだようだ。めったに家に帰らない私なんかより、ずっと家族だったろう。
結果、私の大上段の「正論」をいとも簡単にくつがえし、ポチは大変幸せな一生をおくった。妹二人の連携プレーが一匹の猫を幸せにした。すごいなあって心底思う。アイツらもいいオンナになってきた。先が楽しみだって、あねバカの私は思う。

| | トラックバック (0)

Saturday, January 01, 2005

raise_the_curtain
今夜は経継ぎをした。旧と新をつなぐ作業。しんしんと冷える夜、BGMはずっとエバンス。厳かな年越しにぴったりだ。
写真は綜絖です。踏み木と連動させて、経糸を上下させる道具。幕開けのときにこの一枚。今年もよろしくお願いします。

| | トラックバック (0)

Monday, December 27, 2004

電話を取ったら懐かしい声が聞こえてきた。9年前に大分の日田で織りを修行させていただいた染織家、高野久仁子さんだった。9年前、私は本当にどうしようも無いほどガキンチョで世間知らずの困ったチャンだった。小さなきっかけの不思議な縁で、3ヶ月だけ日田の山奥の彼女の家の向かいの空き家に転がり込んで一対一の時を過ごした。一人の自立した大人として生きること、それを教えてくださった。なんて美しいんだろう。その感動が今も私を支えてる。
さてと、襟を正して、今の自分の大人具合を、仕事具合を切り取って眺めてみる。ワインの瓶をかざしてる感じ。
原点と現在、指標が高いことは幸せだ。まだまだヌーボーだけどね。

| | トラックバック (0)

Sunday, December 19, 2004

今日、精練をした。精練というのは、撚糸屋さんから糸が届いたら、一等はじめにやる仕事で、絹糸についているたんぱく質(セリシンっていいます)を灰汁でたいて除去すること。染織をなさらない方にとっては、もっとも想像しづらい作業かも。でもこれが面白いんです。繊維が劇的に変化する。硬い衣をつるんと脱いで、神々しいまでにピカピカ、ふくふくになる。蚕の力、自然の不思議に圧倒される瞬間。そして私は毎回ドキリと覚悟する。

| | トラックバック (0)

Saturday, December 18, 2004

gejigejigeji
ゲジゲジつながりもう一枚。これはなんといっても素材の生きのよさです。素材を前にすると、それをどう開花させるか、それだけが問題になる。それはどんな素材に対してもそうなんだけど、生きがいいと、より単純になる。

| | トラックバック (0)

Sunday, December 12, 2004

ふと顔をあげると新幹線の車窓から富士山が真正面に見えた。名古屋の美術館でオキーフを見たばかりだったので、彼女が描いた Mt.ペダーナルが重なった。富士の近景の民家の瓦が墓標に見えた。山は神か。そういえばオキーフは神様からあの山をもらったんだっけな。
地下鉄の階段を上るとき吹き付ける強い風でああ帰ってきたなと思います。ただいま戻りました。

| | トラックバック (0)

Thursday, December 02, 2004

明日、荷だしです。ギリギリです。
今日はその大きなストールの湯通しをしました。湯に入れると繊維が呼吸を始める。ここまでくると、もうこれは私のものじゃない。ちょっと自分でビックリすることある。これ、私が作ったの???
良くも悪くもそうなんだけど、この感覚自体はたぶん、いいと思う。素材をまじめに上手に開かせていけば、自分なんて軽く越えちゃうことだってできる。自分は小さなダメ子ちゃんだけど、作品の可能性は無限大だって信じたい。

| | トラックバック (1)

Monday, November 29, 2004

さっき久しぶりにお風呂に入ったら、排水溝の方でカサコソ音がした。のぞいてみたら、ねずみと目が合った。やあ、ねずみくん。昼間、君の友達が天井裏で大運動会をくりひろげていたよ。彼はこちらに来たかったらしく、金網を必死で食いちぎろうとしていたが、それはムリだよ。ムリなものはムリなのだ。頭を使え。こんなオンボロアパート、君が入ってこられる出入り口はいくらでもある。頭を使え。

| | トラックバック (0)

Wednesday, November 24, 2004

昼下がり、とてもすてきな女性が我が家を訪ねて下さった。自分の着物を自分で縫っちゃうすごい方。いろんな話をした。面白かった。この方はもしかしたら着物としっかり付き合うことをひとつの座標に、自分の人生としっかり付き合ってこられたのかなって思った。座標軸がしっかりした人はすてきだ。私も自分の点の座る場所、もっともっと見極めて掘り下げなっきゃ。
台風の目のような穏やかな午後だった。明日からはまた嵐。(南無)

| | トラックバック (0)

Friday, November 19, 2004

23年前、私は中学一年生だった。そのころ週に一度クラブの時間というのがあって(たしか、水曜の6時間目)、私は美術クラブだった。中一の私には、三年生の先輩がとても大人に思えて、特別な時間だった。端正な絵を描く先輩がいた。
これから織るショールの下絵を描くために、絵筆を触ってたら、そんなことを思い出した。藤棚がきれいだった、熊本市立城南中学校。

| | トラックバック (0)

Wednesday, November 03, 2004

祝日の朝一番、我が家のトイレの小窓から、向かいの家の軒先に、すっくと掲揚された日の丸が見える。私はこの旗を見て、ああ、今日は○○の日かって思い出す。強制される国旗掲揚はお断りだが、私はここから見えるこの旗は好き。ああいいなって思う。おまけに快便だったら、その日は出だし絶好調だ。
午後、出かけた先で、かみさまの話をした。私は、向かいの家にはかみさまが降りてきていると思う。

| | トラックバック (0)

Tuesday, November 02, 2004

lemon.JPG
カーンと冴えかえった感じの着物にしたくて織ってます。これを着て、丸善の画集売り場に立って欲しい。

| | トラックバック (0)

Monday, November 01, 2004

10年前、3ヶ月ほどシンガポールに滞在したことがあって、その間何回か、長距離バスに乗って、マレーシアに遊びに行った。今はどうだか知らないが、当時の彼の国はまだまだ途上国って感じで、バスがときどき立ち寄る田舎町は、ひなびていて、のんびりそのもの。私は車窓から、家々のたたずまいを眺めるのがとても好きだった。それは、おとぎの国かと思えるほど美しかった。ゆったりとした敷地に、手入れの行き届いた庭。風が通る高床式の木造の家。質素だがそれぞれ工夫してあって個性的。あー、ここの住人は満ち足りたハッピネスの中に生活しているなあ。日本よりよっぽどいいやって10年前の私は思った。
10年後の日本に住まう自分は、10年たっても、ハッピネスの中に生活しているとは言えない。決して不幸ではない。でもこの国でハッピーに生きていくのは、なかなか容易じゃないと思う。

| | トラックバック (0)

Tuesday, October 26, 2004

夜半過ぎに、3人で下落合から椎名町まで歩いた。しっとりとした空気の中の散歩で、ちょっとお酒も入ってって、気分はふわふわ、いい夜だった。
梅干の種とは何だろう。カリッとかんだその中にあるものは何だろう。梅干はすっぱいが、もしかしたらそれは案外甘かったりしないかな?梅干をつけることはなかなか手間で難しい。種の殻はかたくて割ろうとすると歯が痛くなる。でもきっと、シンのシンは最高に美味で最高に美しい、かな、なんて、すっかり西にかたむいた、おぼろにかすんだ月を見ながら思った。

| | トラックバック (2)

Thursday, October 21, 2004

雨の音を聞きながら仕事をするのは結構好き。心が静かになる。そういえば以前和裁を習っていたときも、そんな気持ちになったものだ。明るい畳敷きの広間に裁縫台が並んで、みんな静かに指先に集中する。意識が消えた、そのシンとした感じがとても好きだった。
大阪の親友が「縫い物はな、魂鎮め(たましずめ)って言うねんで」って教えてくれた。本当にその通りだなあと思う。

| | トラックバック (0)

Sunday, October 17, 2004

玄関先で庭仕事をしていたら、通りを歩いてくる見知らぬ初老の女性と目が合った。「こんにちは」と言うと、「あら、お手伝いがよくできるのね」って。「へっ?」と思ったが声には出さず、「はぁーい」とお返事。
うううぅぅぅんんんん。私、世帯主なんですけど、、、一応事業主でもあるんですけど、、、印鑑証明したハンコだって持ってるし、青色申告だってしてるんだからっ!それも複式帳簿っ!(だからどーした)ショートカットの髪の毛が寝癖でくちゃくちゃだったのが敗因かもしれない。そこがチャームポイントって思ってる私は間違い???

| | トラックバック (0)

Monday, October 11, 2004

実は私(今はじめて告白しますけど)、今回のシュラバ越えに際して、2ヶ月も前から、自分ににんじん買い与えてました。このにんじんに見合うだけの結果を出さねば、、、、、で、本日カプリと食べに出かけてきました。
奇跡的に美味でした。ひとつひとつの細胞がつつまれる感じ。アートは奇跡を起こすんだ。
ジョアン・ジルベルトのコンサートです。神様の声、聞いてきました。

| | トラックバック (0)

Sunday, October 03, 2004

展示会前のシュラバっているときに限り、自分にドーピングを許しているが(リポDスーパーのことです)、今日はそれを2本も飲んでしまった。その上、眠眠打破まで手をつけた。大切なのは長時間仕事することでなく、やみくもにがんばることでなく、いいものをつくること。心に刻んでおくこと。
当方、最大の山場を迎えております。明日はユンケル飲んじゃうかも。

| | トラックバック (0)

Sunday, September 19, 2004

「青春映画などを見たときに感じる、あの感覚。懐かしいような、切ないような、何かが胸にこみ上げてくるような感じ。」この感覚をどう言葉に置き換えればいいのだろうと、フォトエコロジストの村山さんが悩んでおられる。そーだなー、と私も悩む。遠い記憶をたどりながら。えっとー、「心臓がトクンと一度大きく鳴り、そのまま3秒静止する」じゃないかな?そんなこともあったっけとほくそ笑む。
先方のブログのコメントに書き込もうかと思いましたが、最近トラックバックの面白さに目覚めましたので、ここに書いて、トラバします。やってみたがり。これはあの頃のまま。

| | トラックバック (2)

Saturday, September 18, 2004

とうとう我が家から酒がなくなった。昨年5月独立宣言したときに、禁酒を誓ったのだが、これは酒を飲むのをやめるんじゃなくて買うのをやめるという調子のいいもの。その後ずいぶん長い間、やさしい諸先輩の善意に支えられ結構いい酒がなんとなくあった。夏には缶ビールを何回か入手したがこれは精神安定剤だから嗜好品ではない(断言)。料理酒もいつの間にかなくなった(ハイ、私が飲みました)。昨日までは、親の家からくすねてきた得体の知れない「人参酒」なるものがあって、仕方ないからそれを飲んでた。ああ、でも今は何もない。みりんに手を出すのはやめておこう。それよりしっかり働いて早く人並みになることだ。

| | トラックバック (0)

Friday, September 17, 2004

beret.jpg
ショールの向こうにヨソユキオスマシで立っているヌケ作は何を隠そうこの私なのですが、ちょっと頭に注目してください。黒いベレー帽をかぶっています。この帽子、10年モノです。その頃私は大阪に住んでまして、とても素敵な帽子を作る作家さんと知り合ったのです。上品で、きりっとした、遊び心ある、年上の女性です。私が大阪に住んでたのは1年ちょいでその方ともそれきりでしたが、何とこのブログを発見してメールを下さいました。時間も距離も一挙に飛び越え、大阪のディープさも大好きだったと、たくさんの名場面を思い出しました。

| | トラックバック (0)

Wednesday, September 15, 2004

今日のお昼は鍋いっぱいのラタトゥイユ。にんにく刻んで、トマト、にんじん、赤ピーマン。セロリざくざく。レンコンも入れちゃう。えい、特別だ、オーストラリア産牛肩肉切落とし100g126円買得品も炒めて投入。スパイスなんでも。塩もしっかり。赤いシチューの出来上がり。それをガツガツ食らうのです。
何でこんなに攻撃的かと申しますと、私、今日、着尺織りはじめました。着尺織るには心と体を奮い立たせるものが必要なんだよなー。

| | トラックバック (0)

Monday, September 13, 2004

gabbeh.JPG
イランのギャッベに見えません???チベタンラグは無理があるかな?彼の地ではカーペットを川で洗ったり、天日干ししたりするらしいんですよね。そんな風景に見えません???ちょっと誘導しすぎですか(笑)。
実は幅7cm、長さ10~25cm、絹100%、染料はスオウの媒染違い、てのひらサイズの小さなマットです。

| | トラックバック (0)

Saturday, September 11, 2004

我が家はオンボロアパートであるゆえに、なんとなく敷地がゆったりしている。睡蓮鉢でめだかを飼い、少々の緑もある。今夜七輪でサンマを焼いてたら、遠くから秋祭りのお囃子が聞こえた。ふと今日が9.11であることを思い出した。

|

Friday, September 10, 2004

いちじくはスオウの銅媒染の色。絶妙な赤紫。
カプリとかじると、アカネのアルミ媒染の色。生まれたてのきらきらピンク。レモンをかけて食すもまた良し。

|

Tuesday, September 07, 2004

morandi.JPG
ちょっとモランディの絵みたいじゃありません?
実はうちの媒染剤置き場です。なーんてただの玄関に取り付けた棚です。ちなみに下駄箱は染料に占領されています。

|

Saturday, September 04, 2004

午後3時、杏奴(annu)というとても素敵なカフェに行った。そこでとても素敵な出会いをした。ブログがきっかけの新しい出会いで、ともすれば染織界の狭い世界ばかり見がちな私の目に目薬を一滴さしてくださった感じ。クリアになってるうちにしっかり観よう。ブログを始めてやっと一ヶ月。その可能性に驚いている。帰りは大粒のシャワーの中、爽快な気分で自転車をこいだ。
出会った方々のブログとサイトはここここここ。それぞれにいいです。読んじゃいます。カフェ杏奴は新目白通り沿い、薬王院そば。おすすめ。それからきっかけを下さったいのうえさん、ありがとう。

|

Monday, August 30, 2004

ニフティのブログガイドのページに紹介されたので(びっくり!)、そちらからいらっしゃった方もおいでかと思います。そんな方の中には、「染織って何?」って方もいらっしゃるでしょう。ですから今日はちょっと染織の話。
私にとっての「someori」とは、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を出会わせて一枚の布をつくることです。「この経には、この緯しかありえない!」って出会いを作ってやることです。線で点をつくって面にする。たとえば、ほんの小さなマフラーだって、もし経糸が200本、緯糸の密度が5本/cm、長さが1mだとしたら、100,000の出会いがあります。その10万の点すべてに意識がいきわたっていたら最高!着物だったら2640万の出会いです。めまいがします。道は遠し。
ちなみにブログガイドに、染織家の穏やかな生活って紹介されてますが、それは美しい(?)誤解です。実状は七転八倒、決壊寸前。でももし、私のブログから穏やかな何かを感じていただければ、とても嬉しいです。よかったらまた訪ねてください。

|

Friday, August 27, 2004

dance.JPG
運動会の万国旗?誕生会のデコレーション?
いえいえ、試し染の布を乾かしているところです。急いで乾かすために扇風機をあててるのでゆらゆら揺れて、ますますカワイイ。渋い帯のための試し染なんですけど、、、

|

Tuesday, August 17, 2004

友人宅でオリンピックを見ていて、12年前にも同じようにテレビを見ていた時のことを思い出した。その時私はふと、多くの選手達の年齢が、私より若かいことに気づき愕然としたのだ。なんせ当時の私は「今が一番!」と言えるほどピチピチ(?)のつもりだったし。それで、「自分のヒトとしてのピークは過ぎた、これからは体力以外で勝負せねば!」と思い知った。
さて、12年たった。今年のアスリートたちはまぶしいほどに若くて美しい。自分はどれだけ変われたのだろうか。

|

Sunday, August 08, 2004

今日の夕方、出先でアイラモルトのスコッチを飲ませていただいた。いい酒飲むの久しぶり!ふあー、なんともかんともおいしいです。いいお酒飲むと、五臓六腑というより、脳が喜ぶんだなーとニコニコでゆるんでしまった脳みそが感じておりました。単純だけどおいしさの前では単純で然り。
もしかして、キーワードは脳がニコニコ、でしょうか?お酒でも工芸でも受け手の脳がニコニコすればそれはすごいことかも。

|