Tuesday, 01 November 2011

高崎染料植物園の「伊勢崎の太織」の展示会場で、思いがけず声をかけられた。初対面のような感じだったけど、どなたかすぐに分かった。
東宣江さん。桑を育て、蚕を飼って、座繰りで糸をひいてるすごい方。
東さんのブログはずっと読んでる。何度かメールのやり取りをしたこともある。前職の関係ですれ違ったことはある。ただきちんとお会いしたことはなく、やっと会えたって感じだったのだけど、なんだかちゃんとお話しはできなかったなあ、私。まあ、言葉はいらないってことかな。
すごくいいお顔されてたの心に残る。いい仕事されてる顔だ。いいな!へこたれそうになった時、思い出させてもらお!

東さんのブログ、トップページはこちら芝崎さんの講演会の日のブログはこちら。おすすめ!!!

|

Thursday, 29 September 2011

窪田孟恒あんず染織展」を拝見してきた。窪田さんといえば絵絣って思いこんでたけど、経絣や浮き織りや技法はいろいろで、糸の選択もいろいろで、幅広く、懐深く、さすがだなあと思った。
ご本人にお会いでき、うれしかった。織りと完全に同化しているような方だ。続けるって強い。おいとまするとき、握手してくださった。同志として認められたようでうれしかった。

10月1日まで 画廊岳(国立)11:00-18:00(最終日は16:30)

|

Friday, 09 September 2011

矢野まり子さんの展示会に行ってきました。会場は銀座もとじさん。すばらしかった!糸の構成と色の構成がすっごく美しい。意志と意図が明確なんだろうなあ。
糸もご自分で春繭を座繰りなさるそう。その座繰りのコントロールもすっごいんだろうなあ。
知り尽くしてるからできること、やり尽くしてるからできるチャレンジ、、、そんな感じした。学ばせていただきました。
矢野さん、もとじさん、ありがとうございました。
展示会は11日(日)まで。

|

Friday, 19 August 2011

夏合宿してきました!まえまえから、一度伺いたい、いろいろ話したいって思ってたお二人宅におじゃまして、すばらしい一泊二日でした。
岩崎さんご夫妻です。あの二人、いいなあーってずっと思ってましたが、心底いい。生きることと作ることがガチでリンクしてる。いいなーいいなー。うらやましがってないで、私もしっかり生きて、しっかり作ろう。
刺激をたくさんいただいて帰ってきました。作るぞー!

|

Wednesday, 20 July 2011

もう3年近く前のこと、着物の雑誌の「七緒」の取材を受けた。その時のカメラマンさんのことよく覚えてる。夢中になって撮ってくれた。依頼を受けて撮る請負仕事のひとつなのだったろうけど、のって撮ってくれてるの、よく分かった。集中力、すごかった。出来てきた七緒をみて、ああ、いい写真とってもらったなあとしみじみうれしかった。

で、先日、「ほぼ日」のストアページをふらふら見てたら、彼女の名前発見!神ノ川智早さん。うわー!
で、サイトに飛び、しばし感慨にふける。
で、works のところ拝見したら、ななんと!私がいるではないか!!!大興奮!ご挨拶&お礼&ご無沙汰伺いメールをつい。

そしたら返事下さって、あの撮影時のことよく覚えてるって。小さいけれど全てが整理整頓されて神経が行き届いていたスペース、特に織り機周辺は印象的だったと書いて下さった。そして、あの場所から作られる美しい織物。人の手というのはすごいと、改めて感じた日でした、と。

撮り続けている人がいる。私も織り続けよう。

|

Sunday, 24 April 2011

この前の選挙の日は染井吉野が満開で、今日の選挙は八重桜が満開。花の季節、出歩きたくなる。

ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー、見てきた。何だかいっぺんに好きになっちゃった。写真って言うのは、構築する芸術なのだなーと思った。シャッターを切ることは、作ることのはじまりなのかな。今のアートはみんなそうかな。織るだけじゃダメ。構築しなきゃね。

|

Saturday, 23 April 2011

今年の一衣舎春展、「がんばろう、ニッポン!がんばろう、東北!」の気持ちが強くこめられています。宮城県七ヶ浜町の呉服店の「いなづま」さんが、特別参加されます。
稲妻呉服店のお店は、仙台からぐっと海より。今回の津波をどうにか免れましたが、再開の目処はたっていないそうです。(ご自宅はのまれてしまったと、、、)
その稲妻さんが今まで愛情を持って集めてこられた商品が、今回、一衣舎春展に並びます。

稲妻さんは、私の作品をはじめて買って下さった呉服屋さんです。独立当初のことで、プロの方に選んでいただけるんだってビックリしました。その後、帯の別注を何本も下さいました。チャレンジングな着物も買って下さいました。作ったものを売って生きるって基本の基本、稲妻さんがスタート地点です。

一衣舎春展 4月26日(火)〜29日(金) 11:00〜18:00(最終日は16:00) 会場 妙壽寺

|

Friday, 22 April 2011

さあいよいよ、来週の火曜日から、一衣舎春展がはじまります。今年も例年どおり面白そうです。例年どおり、楽しみましょう!

今年の春展には特に、一衣舎の木村さんの深いお考えやお気持ちが、こめられています。
それぞれにつのる思いは持ちつつも、出品者は自分の制作と精一杯向き合い、お客様はそれを享受され楽しまれたら、と思います。

ぜひお運びください。会場のお寺はつつじが圧巻!見ごろを迎えていると思います。きれいな花を見て、手の仕事の結晶を見て、いい一日を過ごしてください。

私も着物や帯も出させていただいてます!ぜひ見てね!

一衣舎春展 4月26日(火)〜29日(金) 11:00〜18:00(最終日は16:00) 会場 妙壽寺

|

Sunday, 17 April 2011

染織家の濱野太郎さんが、今、ぬぬぬパナパナのリレー日記を担当していらっしゃるのだけど、それがものすごく面白い。分かりやすいし、毎回ぐいぐい引き込まれて読んでいる。本質をついていると引き込まれるってことなのかな。文章でも織物でも。すごいな。

|

Monday, 04 April 2011

石垣島からハガキが届いた。染織家の津田明子さんの展覧会の案内状です。写真の赤いショールに見入る。力がある。糸も染料も津田スペシャルなんだろう。津田さんの布って人に寄り添うって思うのよね。たんたんとしてて深くてゆたか。那覇か、、、行きたいなあ。今こそ津田明子さんの布って思う。

石垣島より「津田明子」布展 4月14日(木)〜17(日) GRAB DOMINGO (那覇市壺屋)にて

|

より以前の記事一覧